無意識日記
宇多田光 word:i_
 



でまぁ質問箱への返答に繋がる訳だがtwitter見てない人には何のことだかわからないだろうからその内容を蒸し返しつつ進めていこう。記々の方読んでる人にはわかるかな。


内向的な独り言ソングである『SAKURAドロップス』では『君』という歌詞が2度出てくる。失恋の痛みの中で『もっと/近づきたい』と願う相手とは一体誰なのか。失恋相手の事なのだろうか。

『君』が失恋相手の事だとすると、『どうして同じようなパンチ何度もくらっちゃうんだ』は同じ相手に何度も告白しては玉砕する事を指す訳だ。だってまだ未練があるから近づきたいと願う訳だしね。『SAKURAドロップス』は「同じ人に何度フラれても諦めない歌」になる。

この場合、最後の『好きで好きでどうしようもない それとこれとは関係ない』の解釈は明解である。向こうが好きになってくれなかろうがどれだけこちらが玉砕しようがこの好きという感情には関係がない。人を好きになるってそういうことじゃないよね。とそういう意味で『それ(報われない事)とこれ(好きである感情)とは関係ない』と歌われるのだ。これはわかりやすい。


では、『君』が失恋相手の事ではないと解釈してみる。具体的な失恋相手ではなく、例えば「自分の理想の恋人」「自分のまだみぬ運命の人」というのではどうか。つまり、『止まらない胸の痛み超えてもっと君に近づきたいよ』というのは、幾多の失恋を乗り越えていけばいつか必ず運命の人と巡り会えるんじゃないかという希望を歌う一節になるし、『そっと君に手を伸ばすよ』の一節も理想の恋人に届かない距離をいつか縮めたい想いがみてとれるようになる。この解釈も悪くない。だがこれに沿うならば『好きで好きでどうしようもない それとこれとは関係ない』の解釈は次のようになる。好きで仕方がない相手とは脳内の理想の恋人のことであって、ならば確かに理想と現実は関係ないのだな、と。


どちらも歌詞の解釈としてはアリだが質問箱への返答した内容とはやや異なる。ここではもう少し違う『君』の解釈が必要になるのだがこの連載長く続き過ぎてきたので私そろそろ途中で放り出すかもしれない(笑)。まぁそれもいつものことなので次回を震えて待つとしようか。果たしてどうなっていることやら。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 何故『SAKURA... 2019年の今200... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。