無意識日記
宇多田光 word:i_
 



さて気がつけば『Face My Fears』EPの発売まで1週間である。ツアー最終日にカップリング曲(という言葉を使えるのもCDシングルで発売されるお陰だが)である『誓い』と『Don't Think Twice』の2曲が先行でダウンロード販売&ストリーミングを開始してから1ヶ月。公式もいつものSONYストアイベントの告知をしてそろそろ盛り上げに掛かっている頃合が今なのだ。

リードトラックである『Face My Fears』の方も既に90秒のサンプルが公開されている。準備は万端、といったところだが、これ、ここからどういう盛り上がり方を見せるのだろうか?

ウェブで見ている感じだと「キングダムハーツ3」さんの方の期待度は随分上がっている気配で、ヒカルの楽曲もそれにつられて注目されているという雰囲気。やはり「キンハは宇多田でないと」という認識が大半を占めているようだ。最早ブランド。誠に結構。

しかし、これ、音楽市場の方では注目されているのかな? ヒカルのファンは勿論待ち侘びているだろうが、他のアーティストも聴く中で宇多田も気に入ってる、なんて人達には届いてるんだろうか。

どうもプロモーション態勢にそこらへんの“立ち位置”が見えないのである。キンハがプレステでもリリースされるというのでSONYな感じでプッシュされるのは大変宜しいのだが、ただ単に「歌を届ける」というその手法に関しては弱いのではないかと。まぁラスト1週間で追い上げたりするからこれからかもしれないけどね。

今回、10年ぶりのCDシングルリリースと初めての(純粋な)新曲ストリーミングスタートが同日になるというアナクロとモダンのハイブリッドな所に注目が集まる。いや、まぁ、集めるべき、かな。そこの認知度はわからないが、この収益の分布次第で今後のシングルリリースの形態も決まってくるだろう。CDシングルが売れればまた引き続き、となるかもしれないし、ストリーミングのせいで全体の収益が下がったと分析出来れば新曲のストリーミングは取り止めになるかもしれない。兎に角結果次第だ。

とは言ってみたものの、しかし、何れも厳しい。今回CDシングルがリリースできるのはキングダムハーツファンが関連グッズの一環として購入するのが期待できるからであって、邦楽ファンの購入はアテにされていない。このCDが売れたからといって即座に「じゃあ次も」とは言えない程度には特殊な1枚なのである。

ストリーミングからの撤退も厳しい。「流石にそれはみっともないよ」とヒカルなら言いそうだ。もう後戻りは出来ない、とみるのがおおまかなところだろう。一度新曲のストリーミングに踏み込んでしまえばもう今後総ての新曲は即日ストリーミングとなるのが自然な流れだ。そこに抗うのは若干未練がましい。

あとはアルバムが発売日当日にストリーミングされるかどうかなんだが、流石にそれを論じるのは時期尚早だな。

まぁ、先述の通り今回の結果を受けてからでいいでしょう。結構分水嶺になる発売な予感がしています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 結局、それと... キングダムハ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。