★★★ 久慈河畔便り ★★★ … 猛禽撮影、質問?、変だよ!、…趣味から老々介護の経験・感想など

猛禽の姿に見る自然環境の変化、質問、変だよ、趣味から老々介護の経験・感想など同好の方々との積極的な情報交換を希望します。

影絵 … ノスリの”お持ち帰り”

2020年05月20日 12時39分45秒 | 1.猛禽_7_ノスリ

主役の出現を、順光で捉えんものと、ちょっとした崖に攀じ登って待ちました。撮影系は 7D+456+一脚 でした。

天候は相当な曇天に変じ、将来の可能性を探るだけの意味になりました。

 

突如右手の林の上から、黒い影が飛び出し、南へ向かって飛行。距離は200m程度。

慌てて速写。何やら口に咥えてぶら下げているのは判りましたが、初めは太めの巣材のように見えました。

(トリミングは、各辺2倍になっています。Photo-Gallary では、これ以上明るくはできませんでした。まるで影絵です。)

 

 

しかし、後に詳細に観察すると、更に細い部分が伸びており、動きも認められ、生きた蛇で有ると判定できました。

少し小さ目の蛇を、巣に持ち帰る途中だったのでしょう。(つまり、数年前のクマタカの例では、もっと長さが感じられたものでした。)

恐らく巣で待つ相棒のための”Take Out”だったのでしょう。

 

それにしても、常々案じるのですが、クマタカにせよ、ノスリにせよ、彼らはどこで蛇を捕獲するか、です。『地上だよ』、と即答する友人も居ますが、私はどうにも、彼らの飛び出し方から見ても、また蛇が樹上の鳥の巣の卵や雛を狙うという噂(否、以前、大塚池の公園の木の枝を這う蛇を目撃していますし…。)からも、樹上で狩っているのではないか、という思いが強いのです。その方が蛇の動作は地上よりも緩慢で、捕獲し易そうですし、恐らく、猛禽自身も、その近所の鳥の巣を狙っていたわけでしょうから、餌を奪い合うライバルと餌が同一なのですから、遭遇・捕獲のチャンスは寧ろ大きいはずです。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« トビの雄姿? | トップ | イツワリの 「背撃ち」 … ク... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

1.猛禽_7_ノスリ」カテゴリの最新記事