★★★ 久慈河畔便り ★★★ … 猛禽撮影、質問?、変だよ!、…趣味から老々介護の経験・感想など

猛禽の姿に見る自然環境の変化、質問、変だよ、趣味から老々介護の経験・感想など同好の方々との積極的な情報交換を希望します。

イツワリの 「背撃ち」 … クマタカ日誌 その13 

2020年05月28日 21時30分25秒 | 1.猛禽_4_クマタカ

主役のクマタカも出るには出るのですが、どうにも観察の条件が整いません。

距離が遠い:一番近い峰まで約700m、相手はその稜線より遠くを、そして高くを飛ぶのですから、実距離1㎞近いのではないでしょうか。

        まして、この頃のように陽気がいきなり暑くなってくると、陽炎の邪魔も無視できません。

照明が殆ど逆光:前にも考察しましたが、黒白の縞模様の美しさに見惚れたいのですから、只管(ひたすら)、順光期待です。

それに、時間経過と共に、羽が哀れなまでに傷んできています。

 

その中で一つの気慰みとでも申しますか、中間妥協点のような条件として、高い所をゆっくり旋回する時、偶然背中を見せる時が有ります。(謂わば、偽りの背撃ち!)

相当に地味な背中の色・模様の中で、唯一尻尾の部分だけが、黒~白ならぬ、黒~灰色の縞で観えるのです。

それでも、完全逆光像の惨めな気分とは大いに違います。何とか、主役のクマタカを実感する瞬間です。

(面積が16倍になるようトリミングし、更に縞のコントラストを強調してあります。)

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 影絵 … ノスリの”お持ち帰り” | トップ | 弊衣破帽(へいいはぼう)… ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

1.猛禽_4_クマタカ」カテゴリの最新記事