★★★ 久慈河畔便り ★★★ … 猛禽撮影、質問?、変だよ!、…趣味から老々介護の経験・感想など

猛禽の姿に見る自然環境の変化、質問、変だよ、趣味から老々介護の経験・感想など同好の方々との積極的な情報交換を希望します。

弊衣破帽(へいいはぼう)… クマタカ日誌(その14) …

2020年07月08日 16時57分50秒 | 1.猛禽_4_クマタカ
前回少し触れましたが、普段のクマタカは白黒の縞模様がクッキリとしていて格好が好いだけに、少しでも羽の傷みが有れば余計に目立ちます。 常々私は、少々物騒ですが、その羽の傷みの原因を、大分大げさに、他の鳥との縄張り争いの結果と考えてきました。 ある人は、餌をねだる雛・幼鳥に突かれた所為だろうと述べておられ、一時は納得していました。   しかし最近目に入った人の文書(四国電力関係)によ . . . 本文を読む
コメント (2)

イツワリの 「背撃ち」 … クマタカ日誌 その13 

2020年05月28日 21時30分25秒 | 1.猛禽_4_クマタカ
主役のクマタカも出るには出るのですが、どうにも観察の条件が整いません。 距離が遠い:一番近い峰まで約700m、相手はその稜線より遠くを、そして高くを飛ぶのですから、実距離1㎞近いのではないでしょうか。         まして、この頃のように陽気がいきなり暑くなってくると、陽炎の邪魔も無視できません。 照明が殆ど逆光:前にも考察しましたが、黒白の縞模様の美しさに見惚れたいのですから、只管(ひた . . . 本文を読む
コメント

影絵 … ノスリの”お持ち帰り”

2020年05月20日 12時39分45秒 | 1.猛禽_7_ノスリ
主役の出現を、順光で捉えんものと、ちょっとした崖に攀じ登って待ちました。撮影系は 7D+456+一脚 でした。 天候は相当な曇天に変じ、将来の可能性を探るだけの意味になりました。   突如右手の林の上から、黒い影が飛び出し、南へ向かって飛行。距離は200m程度。 慌てて速写。何やら口に咥えてぶら下げているのは判りましたが、初めは太めの巣材のように見えました。 (トリミングは、各 . . . 本文を読む
コメント

トビの雄姿?

2020年05月20日 12時16分22秒 | 1.猛禽_5_トビ_飛翔
例によって典型的な逆光ですが、主役を待つ間にトビの雄姿らしき姿が写っていましたので、ご紹介。 通常の警戒飛翔かと思われましたが、突如、ほぼ真っ逆さまに急降下です。普段ののんびりした回遊とは打って変った勇ましい姿に見えました。               その先には、こんな光景が有ったわけ . . . 本文を読む
コメント

逆光、悲喜交々  または、クマタカ日誌 …その12

2020年05月12日 10時16分51秒 | 1.猛禽_4_クマタカ
  我々自然相手の写真を嗜む者にとっては、被写体への光の当たり具合は非常に重要な条件です。折角、一期一会か、千載一遇の好機とばかりに胸躍らせてシャッターを押しても、まともに逆光だったり、加えて青空背景か、雲背景かの露出補正も切り替え忘れていたりして、泣きっ面に蜂か、踏んだり蹴ったりか、弱り目に崇り目というか、表現はどうあれリセット・リスタートが利かないから悲劇です。 尤も私は常々、酷 . . . 本文を読む
コメント

サシバの通過

2020年05月10日 16時56分00秒 | 1.猛禽_9_サシバ
主役を待って数日、ふと身近で、パタパタと小さ目の脇役が動くのが目に入りました。その明るい茶系の色具合で、サシバ、と直感しました。村内の谷津田周辺で、私一人で数年間、具(ツブサ)に観察して以来、十年位経過したでしょうか、その雰囲気は忘れません…。   一本の電線に留り、何やら食餌のようです。距離は31m。 周囲や空にまで素早く目を配りながら、そそくさと食べています。食べ . . . 本文を読む
コメント

クマタカ日誌 …その11… 謹賀新年

2020年03月17日 18時20分37秒 | 1.猛禽_4_クマタカ
今年初めての邂逅、  従って 謹賀新年 です…。 昨年10月に3回も逢えて安心したところで、その後30回以上も空振りで、3月も中旬に入って、漸く逢えたものです。 ここ4年間の観察記録を振り返ると、なるほど、3~4月が1番、次いで10~11月が2番目の遭遇頻度です。   この日は、前日に確認のつもりで訪れた涸沼のオオワシが、今年は既に離日した由、腰を据えて小山ダムに来 . . . 本文を読む
コメント

クルーズ船=閉鎖空間

2020年02月18日 18時44分46秒 | 00_お題にコメント
クルーズ船は、閉鎖空間で、時間と共に感染者は増えるのではないか? . . . 本文を読む
コメント

クマタカ日誌・・・その10・・・

2020年02月14日 20時51分32秒 | 1.猛禽_4_クマタカ
古証文 この写真自体は古いものです。昨年10月末の物で、その前に2回報告していましたから、いわば証文の出し遅れ、です。台風を挟んで、毎週のように遭遇できて、余り有難味を感じずに放置していた感が有ります。それに、徒歩探索の456セットに依る撮影でしたし…。また、年初の Win7 ⇒ Win10 の切り替えに伴い、写真編集ソフトが暫らくの間使えなかったことも、遅延の原因の一つ . . . 本文を読む
コメント

北よりの使者

2020年02月14日 20時41分41秒 | 1.猛禽_1.オオワシ_1.飛翔
賠償千恵子の歌唱で聴く「月よりの使者」の中の一節は、何とも素敵な音質だと、つくづく思います。 それにあやかって、敢えて、このような表題を付けました。 1月末、この冬何回目かの涸沼行ですが、風も強かった所為か、私たちが見ている間は、不思議なことに南の畑地上空のみで、湖上には出ませんでした。 湖岸に陣取った我々からは殆どが逆光になる始末。 獲物は、順光で探すのでしょうか?或いは、まだ来訪1週間 . . . 本文を読む
コメント

台風の足跡

2019年10月19日 09時27分17秒 | 日記
先の台風19号に関して、幾つかの報告が有ります;   第1に、明日10/20(日)は、村の行事の運動会で、私たちは、ソフトボール大会に出る予定だった。 しかし、昨日(10/18)午前中早々に、『ソフトボールだけは中止』の連絡。 現場確認とばかり出かけてみたら、この春、久慈川河川敷に完成したばかりの折角のソフトボール・グラウンドのいくつかのバックネットが、流れに押されたらしく、根元 . . . 本文を読む
コメント

近くに幼鳥が … クマタカ日誌 その9

2019年10月12日 21時08分46秒 | 1.猛禽_4_クマタカ
先日、久しぶりにクマタカ成鳥をみましたが、一週間後の10/09、今度は幼鳥です。   ダムの主RANさんのブログに触発されて、杉と赤松を目印に旧道を探したのですが、天気ばかり好くて、出る気配が有りません。早くから陣取っていた先輩なぞは、啼き声を流して呼び寄せようと躍起ですが、効果が有りません。   私は已む無く場所を変えようと県道に上がり、橋の中程にかかった時、東の空で . . . 本文を読む
コメント (1)

クマタカ日誌 ・・・ その8

2019年10月03日 13時44分35秒 | 1.猛禽_4_クマタカ
長い長い月日が経過しました。 主役のクマタカを、前回撮影したのは、今年の1月半ば。それをご報告したのは、5月頃、しかも、写真に自信が無くて、他の話題と一緒でした。   その後9カ月、探し回りました。県北に出かけただけでも、45日に及びましたが、ついに逢えないでいたのです。   ダム近辺では、彼方此方で杉林の伐採が例年に無く流行っており、伐採・集荷・運搬と、大型重機の稼 . . . 本文を読む
コメント

アナグマは、やはり近視のようです (写真無し)

2019年06月05日 15時29分49秒 | 66.獣類
一昨日、相変わらず主役に逢えず、他方で買い物等の所要を複数思い出し、早目に観察定点を後にしました。峠部を越え、警笛マーク地点で警笛を鳴らして間も無く、道路の真ん中より左側に何か居ます。普段この界隈で犬は見ませんし、狸の類だと思いましたが、生きて静止しているその姿は、殆ど動く気配が有りません。私の今の車は、電気モーター駆動方式で、低速、下りなどではエンジン音が全くしません。しかし、高周波に近い音を出 . . . 本文を読む
コメント

パセリの香り … 初めてのバイト?

2019年05月25日 15時36分22秒 | 忘れ得ぬ人々・思い出づる情景
いつものように食材購入の場で、珍しくパセリの小束を見つけ、懐かしさの余り、買ってしまいました。その理由は、70年近く前の、小林市(宮崎県)での出来事に絡んでいます。それは、私が小学校下級生の頃、”飲兵衛”の義父(叔母の夫)が、花見の時期、思い立ったようにパセリを育て、小束にまとめたものを数把準備し、「花見の出店に売って来い」というのです。恐らく、行きつけの飲み屋で、花見の時 . . . 本文を読む
コメント