つきのいでしお

厖大な生き物と 暮らしている
サル目ヒト科の ときたま日記

トカゲ in トラップ

2018-06-08 | 動物界
暮らしているところに、土の部分が畳一畳ほどある。
せっかくだからそこで、野菜を育てることにした。
ゴーヤとキュウリとトマトとカボチャを。
………欲張りすぎか。。。

で、苗を買ってきて植えたのだが、翌日にはがっくり首を垂れてしまった。
見ると、ダンゴムシが群がって茎を食べている。
彼らの好物は枯れ葉だとばかり思っていたら、新鮮生も好きらしい。
植えたばかりのカボチャ二苗と、ゴーヤ二苗が消滅した。

よく観察すると、一帯はダンゴムシ天国だ。
そこで少し減らすために、トラップを仕掛けることにした。
ペットボトルでこんなものを作り、土に埋めたのだ。
「こんなもの」
  ↓



  ↑
深さに2種類あるが、最初に作ったのは左側、深い方である。
これなら落ちたダンゴムシは登れないだろう。
ドサドサつかまえて、遠くの林へ移動していただくのだ!

トラップは、苗の近くの土に埋めた。
そして1時間ほどして覗くと、トラップの底がヌメッと光っている。
罠に落ちていたのは、ヒガシニホントカゲだった。



ダンゴムシを食べようと入ったのか?
出られず困っている。
トカゲなら出られるはずだと、自力脱出を待ったが、どうしても出られないらしい。
多分ヤモリとは指先がちがうのだな。
トラップを引き抜いて外へ出したら、急いで(彼らの)家の方向へ帰って行った。

というわけで、もう少し浅いトラップを作った、最初の画像の右側。
それを埋め直して、また1時間後に覗いた。

そうしたら、今度はしっぽの青い子供のトカゲが入っているではないか。
やはり出られないと言っている。

なので再びトラップを引き抜いて、コドモトカゲを逃がすこととなる。
そして今度はトラップを、もっともっと浅く作り直したのでありました。
それから5日後の今日に至るまで、トカゲが出られなくなっていたことは一度もない。よかったよかった。

ところでニホントカゲの幼体のしっぽのコバルトブルーは、ほれぼれするような美しさである。
画像がないのは、あの時(子供がトラップに落ちていた時)手元に携帯がなかったからだ。
携帯を取ってくる時間、トラップの中に待たせるのは気が引けて、写真を残すことができなかった。
残念だったなぁ。

いや、しかし、もしかして、我(が)を捨て助けたということから、
トカゲの恩返しなんて?……←ほのかな期待(←すごい我(が))。

あ、でも、そもそもトラップを仕掛けたのは僕だったのでありました………期待撤回陳謝。

動物界>脊索動物門>脊椎動物亜門>爬虫綱>有鱗目>トカゲ亜目>トカゲ科>トカゲ属

 ニホントカゲの幼体(フリー素材より)
   ↓

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« オタマジャクシ | トップ | バイオロギングで新発見!動... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しい! (Rei)
2018-06-13 13:11:56
幼体なのですね。子供のころ見た記憶はあるけれど、素晴らしいですね!

ところでダンゴムシはドサドサ入ってたの?
ダンゴムシ (yuugene)
2018-06-13 16:07:31
ドサドサドサドサ。
ダンゴムシ (Rei)
2018-06-15 14:45:03
私たちはマルムシと言って、いっつも丸めて遊んでました。丸めて集めても、また元に戻ってしまうのがいて、「ん、もうっ!広がるな」って。
戻りますよ (yuugene)
2018-06-16 21:20:31
みんな戻りますよ(笑)
戻ってサッサと逃げたいですもん!

コメントを投稿

動物界」カテゴリの最新記事