つきのいでしお

厖大な生き物と 暮らしている
サル目ヒト科の ときたま日記

がんばれ、スズメ

2018-05-09 | 動物界
コーヒーショップのテラス席にいると、スズメがやってきた。
スズメ属はとりわけ警戒心が強いと言われるが、もともと人里に生息し、ヒトと共生してきたトリである。
ヒト属に近づいてその生活からこぼれた食物をエサとするのは、スズメにとって、大変自然な行為なのだと思われる。

余談だが、ガーデンプレイス(恵比寿)のテラス席では、テーブルの上まで乗ってきて、僕の手からパンを食べた。
最近ヴェジタリアンやヴィーガンが増えてきているのを、察知してのことだろうか?

それって、それほどはいないと思うよ、注意したまえ、……と伝えておいた。



ところで、ここのテラスに来るスズメは、かなり用心深かった。
大人のスズメは、1メートル以内には決して近づかない。(若いスズメは、とりあえず足もと近くまで来た。)

スズメたちは、テラスを囲う垣根の中と、建物壁面上方の軒下、その二点をせわしく行き来する。
そうしながら、僕の手元に目を光らせている。

建物1階の軒下にある太い円柱には、磨かれた細い角材を縦に整列して囲ませる、というデザインが施してあった。
スズメはその角材の頂上付近に止まり、ヒトの手がパンをこぼすのを待っている。



ある時、外界から垣根の上に現れたスズメが小枝をくわえており、そのまま角材のてっぺんへと飛んだ。
まさか、と思ったが、そのまさかだった。



こんなにわかりやすいところに巣を作ろうとしているスズメは、初めて見た。
しかもそこは、とても巣を作れるような場所ではない。
少しも囲われていないし、台座もないし、だから作ろうとしている巣は、はっきりいってまったくその亭を為していなかった。
当然のように真下には、作りかけの巣や、乗せようとして失敗したらしい枝や葉が散乱していた。



たしかにここの生活条件は悪くない。

でも巣を構えるのがあそこではね、
万が一作れたとしても、ブーの家しか作れないよ、……と僕の見解を伝えた。

ブーフーウーのブーの家。
スズメは知らないか……。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« テーブル菜園日記_10(終話) | トップ | オタマジャクシ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
卵が (Rei)
2018-05-10 12:44:51
落ちなければ、ヒナが落ちなければなんとかいいのでは?
外敵が来れないというのが一番いい巣なのかも^0^
卵は (yuugene)
2018-05-10 20:43:55
確実に落ちますよね、あそこでは。
巣が作りかけのまま次々と落下しているのだからToT
外敵が来にくいという面では、そうかも知れない。
ツバメの巣的な立地ではあります!

……でもやっぱりブーの家です。

コメントを投稿

動物界」カテゴリの最新記事