広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北関東プチ遠征・・その2

2018年11月25日 | ハイイロチュウヒ
前回の続き・・

お昼前からハート型の人口湖をぐるっと半周し、ベニマシコを探索するも北風が強いためか空振り・・。

この時期としては全体的に鳥影が薄い、そうこうしてるうちにハイチュウさんの塒入りの時刻が近づいた。
葦原に移動し、貴公子君のご帰還を待つ。

チョウゲンボウが頭上を飛んで行く


チュウヒは早い時間から飛んでくれた









そして午後4時前、待望の彼がやっと塒に帰ってきた。

しかし、この日はあまりにも遠い・・ということで、撮れたのは豆粒大のこんなもの・・(^^;)

換算840㎜でもこの大きさ


すぐに葦原に潜った


夕焼けに輝く葦原・・次回はもう少し近くで見たいですね。



コメント (4)

北関東プチ遠征・・その1

2018年11月24日 | ハイイロチュウヒ
昨日は一年ぶりで北の葦原に。
狙いはもちろん「葦原の貴公子」ハイイロチュウヒ・・
さて、貴公子君の登場はあったんでしょうかね~。

朝霧の中、朝日に照らされる葦原


カワウの見事なV字編隊飛行


一直線に飛んで行くミサゴ


ホオジロ


モズッチ


ノスリのホバリング


カワラヒワ


カンムリカイツブリは人口湖にたくさん


シメ


すっかり雪景色となった富士山とウインド


その2に続く・・


コメント (4)

ハイイロチュウヒ・・その2(その他の鳥さん)

2017年12月23日 | ハイイロチュウヒ
今日は前回の予告のハイチュウ♂3羽の画像から・・



と、まぁこんな写真ですので、みなさんご笑覧ください・・でも確かに3羽いるでしょ!(^^;)
鳥友さん情報ではオスは4羽いるようですね。

これは普通のチュウヒ。


大陸型?


チョウゲンさん、ホバリングから・・


急降下。




ネズミをGET!


ホオジロ


キジ♂


キジ♀


タゲリ


ノスリ


チョウゲンボウ♀


帰り際ここにも寄ってみたが、主役は不在。


モズっち


オナガガモ


うしろの川には無数のカモが・・トモエガモが5羽混じっていると、ここの管理人さんが教えてくれるも、探す気力なく、これにて帰路に就いた。


コメント (2)

ハイイロチュウヒ

2017年12月21日 | ハイイロチュウヒ
今シーズン初めて、大好きなハイイロチュウヒを求めて遠征。



既に鳥友さんのブログにも登場し「やきもき」していたがやっと時間が取れた。

現地に6時半到着後すぐに、この日一羽目のハイイロチュウヒ雄が登場。
一年ぶりのハイチュウさんは、やっぱりエレガントでカッコ良かった。
情報いただいた鳥友さんに感謝!

あまり期待してなかったα7RⅡのコンティニアスAFが、ある程度使えたことは嬉しい誤算だった。

6時47分、まだ日の出前で光的には厳しい状態、この時点でSS1/800、ISO5000。


一度芦原に潜り込み、再浮上時には朝日が昇って来ていた。


以下、似たような絵ですが今季初撮りなんでたくさん貼ってみま~っす!






このあたりがこの日最短の30~40mだったかな?(トリミングしてます)










2羽絡み。






この後、お昼前にはオス3羽が登場!それはまた次回に。



コメント (10)

ハイチュウ~!

2017年03月12日 | ハイイロチュウヒ
昨日は北関東までハイイロチュウヒ、ヤツガシラ、菜の花の上を飛ぶコミミズクを狙って、鳥友さんと一緒に贅沢なトリプルヘッダーを計画~。

まず本日は、今シーズンあまり出会いのなかった憧れのハイイロチュウヒから第一試合スタート。
結果は1回表に先制点、3回にもう一点取って何とか逃げ切り~・・ってところかな・・(^^;)

昨日のハイチュウは何の変哲もないだだ飛んでるだけってやつですが、それでもやっぱりこの子はカッコいい!!!

ハイイロチュウヒ♂・・早朝から登場を待ち、7時過ぎに待望の灰色君はやって来た~!!(^^)/












ここからは9時台に登場した時のもの・・すでに陽炎がメラメラと~~!








※第2試合の対戦相手はヤツガシラですが・・この子相変わらずの難敵で~っす!!(@@)
コメント (16)

関東猛禽ランド~総集編

2016年12月27日 | ハイイロチュウヒ
さてさて関東猛禽ランド最終回です。

タゲリさんとの出会いの後もハイチュウさんを中心に探鳥しながらの移動・・幸運にもこの日2個体目のハイチュウ♀との出会いがあった。
一羽目の場所から直線距離で5kmくらい、飛んでった方向はまったく反対だが同一個体の可能性もあるな・・。

ハイイロチュウヒ♀。狩りの最中だったのかも?


こちらに気づいたのかまたしても遥か遠くまで飛んで行く~~~。


トリミング。


降りた辺りを捜索したらこんなところにいた怪傑ゾロ(笑)このあと潜ってしまい30分待っても出てこないんで諦めて移動。オスなら出てくるまで待ったんだけどねぇ・・。


チュウヒ。もちろんハイチュウさんより遥かに個体数は多い。


チュウヒ。


チュウヒ。ここで小鳥を狙うのが彼らの作戦かな?


アオサギ。ノートリ・・これくらいでハイチュウさん撮りたい・・。


タヒバリ。


水辺にいたハジロカイツブリ。


朝もやの中コブハクチョウ。


イソヒヨちゃん・・朝一番の現地コンビニ横で。その日一番はじめに出会った鳥はスズメでも何でもカメラに納めると、その日の鳥運が上がるというジンクスでこの日もカシャ!


ここからは芦原の鳥さん。

オオジュリン。


例の木でチュウヒのバトル。




この日一番近かったチュウヒさん。ノートリ。


日暮れ・・。


今日から家族全員冬休みに突入!さ~ご機嫌取りして鳥見に行かせてもらわんとな~(-_☆)キラーン

コメント (2)

ハイイロチュウヒ・・塒入り

2016年12月24日 | ハイイロチュウヒ
関東猛禽ランド3回目です!この日は塒入り定番場所の前に3~4箇所別のところを探鳥したんでまだまだ色んな写真はありますが、今日はお待ちかねのハイチュウ塒入りいってみま~~っす!って別に待ってない・・?

現場に到着したのが14時頃、平日という事でカメラマン、バーダーは3名。お聞きするとまだハイチュウは帰ってきてない。さっそく機材をセットしハイチュウの帰還を待った。

鳥友さん他の情報で今シーズンはオスが早目に帰ってくることもあるとかで期待してたんですがね~・・。

まずは15時38分、メスが帰ってきた。ノートリ。


後ろは有名な(笑)チュウヒがなる木。以下トリミング。


黄色い虹彩がハッキリ見える。


そのまま芦原左側に飛んで行き・・。


サービスしてくれること無く・・


すぐに芦原にダ~イブ。


15時55分またしても帰って来たのはメス。V字飛行がカッコイイ!


この子は少し長目に芦原上を飛んでくれた。


これ好きなカット。


その後、もう一羽メスが帰って来たあと、オスの帰還が無いまま日没を迎え(この日の日没16時25分)辺りが少し薄暗くなってきたころ、やっとオスが帰って来た。

ハイイロチュウヒ♂。16時37分。ISOも20000以上に跳ね上がりトリミングに耐えられないんで以下全てノートリ。


酷い画像ですが雰囲気だけ・・羽の形がカモメっぽい。


これはちゃんとV字飛行。
















このオスは結局3分以上も芦原の上を縦横無尽に飛びまわり、いつのまにか20人以上に増えていたギャラリーを楽しませてくれた。
しかしこの時のハイチュウは今まで見たどんな飛び方よりトリッキーでスタイリッシュでしたね・・まるで狩りでもしているみたいな・・。
いや~やっぱりハイチュウのオスはカッコイイ。それを見れただけで幸せな気持ちになったのでした~ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
でもせめてあと一時間早く帰ってきてほしかったなぁ~・・まぁ今季初のハイ♂なんで贅沢は言わないでおきましょ!

このシリーズはまだまだ続きま~~っす!えっ??もういいって・・(*⌒∇⌒*)テヘ♪
コメント (2)

ハイイロチュウヒ♀

2016年12月22日 | ハイイロチュウヒ
この冬シーズン、今だ出会いの無いハイイロチュウヒ・・昨日は久しぶりに丸一日時間がもらえ、遊水地のコミミも気にはなったが、やはりハイチュウが見たいな~と関東のもう一つの猛禽ランドに早朝から出かけてきた。
メインイベントの塒入りには時間があるんで、かねてよりチェックしてみたかったポイントへ向かう。

車で田んぼの回りを流していると、突然小鳥を狙って大型の鳥が飛び出した~~~~!!w(゚o゚)w オオー!

ハイイロチュウヒ♀、って何の鳥かまったくわからないね(^^;)・・咄嗟に車の中から連射したがピンボケ(TT)・・。以下すべてノートリで~っす。


5枚目でフォーカスキタ~~~!狩りは失敗、人面鷹さんこっち睨んでるね。


ピン甘です・・。


次のカットでもち直した・・20m無いくらい?自分史上最も近いハイイロチュウヒ(^^)しかし綺麗な鳥さんですね~。


こっちに気づき身を翻し急反転してフレームアウト。


後追いになった。


目が出てないが背打ち。


チェッカーフラッグ模様と腰の白帯がカッコイイ。


左に方向転換。


ここでまた目が見えた!空抜けで露出変わったね。この後、車の反対側に回られ万事休す・・遥か彼方に飛んで行った。


ハイチュウ♂にも会えないかな~?とその後も周辺を捜索したがハイイロ君は現れたのか?・・次回に続く~・・。

コメント (4)

北関東遠征2016~2017シーズン1・・チュウヒ塒入り

2016年11月07日 | ハイイロチュウヒ
昨日に続き渡良瀬の第二弾はこの日のクライマックス、ハイイロチュウヒの塒入りです。が・・しかし主役のハイイロチュウヒの到着はまだだったようで、塒に帰って来たのはただのチュウヒと言っては悪いが・・タダチュウばかりでしたとさ!今日は豆粒画像のオンパレードです・・左ダブルクリックでお楽しみください!(^^)

この画像のみ午前中の撮影。


タダチュウ1号が帰って来たのは午後3時過ぎ・・


次々と帰って来る。


ほとんど同じ場所に飛び込む。


こんなに小さいが全てトリミングしてる。


同じようなのが続く・・


向こう側からだと少しは近いか・・?


ま~タダチュウだしね。


と贅沢言ってる。


でも練習で撮っとかないとね。


この日は20羽くらい帰ってきたなか?


今回の塒の場所だと2000㎜くらいないとどかないよ・・・塒入りは基本遠いんで次回は何か対策考えないとな~・・。
ところで某ブログでコミミ撮ってた人いたな~・・(-_☆)キラーン

次はその他の鳥さんか?それともミサゴさんかな?

コメント (4)

北関東遠征・・菜の花とハイイロチュウヒ

2016年03月23日 | ハイイロチュウヒ
今冬シーズン三度目となる北関東の猛禽ランド・・ターゲットは菜の花の上を飛ぶハイイロチュウヒ。鳥友の先輩お二方と出掛けてきました!

いつもワクワクドキドキさせてくれる大好きな場所・・「菜の花ハイチュウ」はGETできたのか?結果や如何に~~!!

今日の画像は少し多くなってしまいました・・よろしくお付き合いを!!

まずはノスリ・・枝被ってます。


場所を移動して・・チュウヒですね。


もう一枚。


チョウゲンボウ♀さんのホバ!


現場到着~・・一面の菜の花が綺麗です。


三脚据えた場所のお隣の方に聞くと10時頃一度出たとの事・・あらら~出遅れた~。

そして2時間あまり待った14時30分頃、遥か~~~彼方にハイチュウ♂発見!


安心してください!写ってますよ!(等倍切り出し)


しかし、こちらには来ることはなく虚しく向こうへ飛び去る・・。

時間はどんどん過ぎていく~・・

ノスリのホバリング。


ターゲットにロックオン!これは「菜の花ノスリ」と言うのか?


急降下体制に入って・・ノスリさんには悪いがこれがハイチュウならな~・・と思うわけです。


ここで邪魔が入った。


カラスがモビング。


獲物はゲットできなかった様子。



この後さらに虚しく時間は過ぎていき、暗い雲がかかり辺りが少し薄暗くなってきた。
諦めムードが漂う中、カメラマンの半数近くが機材を納め始めた16時30分頃、いきなり右手のブッシュからハイイロ君が現れた!距離は30~40mだったか・・?

まったく予期せぬ登場・・油断してたんで焦りまくり・・何とかターゲットにフォーカスし連射!しかし暗い上に背景に引っ張られピントが来ない・・10枚目くらいでやっとフォーカシング。
しかし残念なことに日差しは無くなりISOは上限(3200)までアップ~・・・。

カメラマンが減ったのを見計らうように突如出現したハイ♂君・・。


いつものゆっくりとした動きではなく・・


お約束の優雅な動きとは違う、かなりトリッキーな動き・・


こんなに速く動くハイチュウを見たのは初めてだ・・といっても今まではねぐら入りだけだが・・。


風が結構強かったしたくさんのカメラマンに反応したのか?


カメラマンを大きく避けるように反対側に飛び去る・・しかしいつも思うがこの媚びない姿がカッコ良すぎるね!


今度は後ろ側の菜の花の上を舞って・・徐々に遠くへ・・。


一応、俗に言う「菜の花ハイチュウ」ではありますが・・もっと明るい時間帯に来てほしかった・・。


このあと遥か彼方を舞いながら塒に帰って行った。


今シーズン最後の北関東遠征で、何とか憧れのハイイロチュウヒを近くで見ることができた。
結果は少し残念だが、経験値が上がったと前向きに受け止めることとしよう。
ビッグチャンスはあった・・が、ものにできなかったのが少し悔やまれる・・また来シーズンチャレンジです。

いや~ハイチュウ手強いです・・一喜一憂はあったがやはりハイイロ君とても魅力的でカッコイイ鳥さんだね!!!

コメント (6)

渡良瀬遠征シーズン1~その2・・ノスリ、チョウゲンボウ他

2015年11月24日 | ハイイロチュウヒ
前回の続き・・渡良瀬に行く道すがら最初に寄ったのが埼玉県吉見町の通称「裏庭」・・毎年「スカイトライアル」(鷹のフライトショー)が開催されるところだ。ここでは運が良ければコチョウゲンなんかにも出会えるが、さて三人の鳥運やいかに・・?

朝日に照らされるノスリ。


ツグミ・・今季初認。


チョウゲンさん・・食事中。


遠くに見えた時はコチョウか?と期待したがタダチョウ(只のチョウゲンボウ)だった。


ヒバリの飛翔。


ここからは渡良瀬に到着してからの画像・・ということでコチョウゲンボウには出会えず・・地元の方のブログにも「コチョウ狙いで来ても、そんなに簡単には撮れない」って書いてたし・・鳥運アップさせて再チャレンジ!

ミサゴとノスリ。こうやってみるとミサゴの翼は随分長い。


チュウヒ・・ハイイロチュウヒじゃない普通のチュウヒなんでタダチョウに続きタダチュウ(笑)




ハイチュウ♀か?と期待したが羽裏の模様からタダチュウかな?


ハイチュウをもう少し・・ちょっと大きく切り出してみた。








富士と夕焼け。


今回初めてハイイロチュウヒの飛びもの撮影にチャレンジしたが、最初に登場した時のカメラ設定はSS1/1600、ISO1600固定だった。
冷静に考えてあの飛翔スピードなら1/800くらいでも行けそうだ、それならISOもぐっと下がるし・・
今回はEM-1の高感度性能をかいかぶってたな・・上限はやはり800くらいか・・?ISO1600 のノイズでは厳しい・・。
登場の時間、天候は運次第・・フォーカスは何とかするとして・・やはり撮影チャンスを増やすしかないなこりゃ・・。


撮影機材 1~5枚目 OLYMPUS OM-D E-M1+ Borg 71FL 直焦点 35㎜換算800㎜ マニュアルフォーカス 手持ち撮影

6~13枚目 OLYMPUS OM-D E-M1+ Borg 90FL 直焦点 35㎜換算1000㎜ マニュアルフォーカス 三脚使用






























コメント (3)

渡良瀬遠征シーズン1~その1・・ハイイロチュウヒ

2015年11月21日 | ハイイロチュウヒ
今冬シーズン初めての渡良瀬遠征・・毎冬越冬のため遠くユーラシア大陸からやってくる「憧れ」のハイイロチュウヒを撮影するため、早朝からBorg友さん三人衆で出発~。

カワセミやルリビタキに魅せられて鳥撮りに嵌まり、一昨年初めてこの地を訪れ、遥か彼方で乱舞する姿を見た時から、私がもっとも憧れているのがハイイロチュウヒのオス君。

「出会いが少ない」「鳥さんまで遠い」「あらわれる時間帯が遅く暗い」とハイチュウ(お菓子じゃないですよ・・)は撮影難易度がかなり高い。過去のチャレンジはことごとく撃沈!・・さて今回は・・?


ヒーローの登場はあるのか?と固唾を飲んでいた時、灰色の鷹が遥か彼方に現れた。ノートリ。


ファインダー内でハイチュウ♂と分かった時はアドレナリンが一気に⤴・・以下全てトリミング。


グレー×黒×白のモノトーンの体色、黄色く光る鋭い虹彩、・・なんてカッコいいんでしょうね~。


ハイチュウに魅了されたカメラマンはざっと100人はいたか?


スターは人気者・・おじさんだけじゃなく珍しく女性や若者もいた。


ハイイロチュウヒはこの人集りをどんな目で見てるのか?


撮影は興奮のあまり焦ってしまい失敗もかなりあった・・


でも今まではまともに姿さえとらえられなかったんで今回の結果には大満足~。


この子はねぐら入り前にかなり舞ってくれとてもサービス良かった。


この間約3分30秒・・しばし「興奮冷めやらぬ」だった・・。


これはSS1/60(TT)・・失敗写真だが流し撮りのようになった(^^;)


現地で久しぶりにお会いしたPONSUKEさん、この度もありがとうございました。

いや~それにしてもハイチュウ想像以上のカッコ良さ。惚れ直したよ!
撮影の手強さは予想どおり・・大砲が欲しくなったよ・・(笑)

ともあれ今シーズンは始まったばかり・・作戦立て直してリベンジしますよ~。その2に続く~。

撮影機材 OLYMPUS OM-D E-M1+ Borg 90FL 直焦点 35㎜換算1000㎜ マニュアルフォーカス 三脚使用



















コメント (2)

渡良瀬遊水地~チュウヒ続編

2014年12月18日 | ハイイロチュウヒ
日曜日の渡良瀬遊水地~せっかくたくさん撮ったんで、またまたチュウヒです。

ネタがないってのもありますが・・・(^^)


















撮影機材 Borg 71FL+CANON 250D+PENTAX-F AF 1.7+PENTAX K-3 手持ち (35㎜換算約750㎜)
コメント