海とオルゴールBLOG

イルカにあえる海辺のカフェ『 海とオルゴール』さとみママからのお便りです

みなひとつにつながっている

2007-07-02 15:36:47 | 海とオルゴールさとみママのつぶやき

           ローズロココ

7・2
ブログ本の新しいのが、完成したのを知り、以前借りたブログ本を返す目的もあり、お店にやってきました。
前回、来たのは先週の木曜日。それから 
まだ一週間も経っていないのに・・・。
もう、海とオルゴールがお気に入りになったととろです。

私は、ひとりで悩みを抱えたりする方でコドクを愛する
スナフキンみたいな人間でした。
でも、人はひとりじゃ生きていけない。
人を信じられない、自分も信じられないときがあった
けど、気づいたら私を支えてくれる人が沢山いた。
感激した! そして、海とオルゴールとさとみさんに
出あえたのも最高にラッキーだった。

たくさんの支えてくれる人、そして自然に
自分自身が生きてることにも「ありがとう」って思える。
今日の海の音、とても優しいです。
イルカに会いたいけどどうかな?
                                                 byととろ

今日は、朝から小ぶりの雨。海と空も曇り。
ストーンスパの女性が帰ってた後、ととろちゃんが来ました。
美濃のたなかさんも、三人でたくさんお話しました。
絵の具着きたかしくんから預かった、ブログ本
お二人だけ限定に差し上げた。
ととろちゃんと二人っきりになると、ととろちゃんがはじめて
いろいろなことを話す・・・。気づいていたことだった。
一言いった。過去は過去で大切な宝物。いま前を見て
ときどき寄り道したっていい。もっと前を見なさい。

すべてが当たっていた。そのたびに涙を流す。
いままで、必死になって絶えていたととろちゃんの悲しみが
伝わった。自分を堪えることは、大変であることは知っている。
だから、ここで弾けていく、ととろちゃんの素直で純なこころが
つい愛おしくなった。

少しは楽になったようだね。
ゆっくり立ち上がり、そろそろと車に乗った。

先日、親子でお越しになられ、お手紙を頂戴していた、
羽咋の女性から電話をいただく、
「あなたの声がききたくて・・・」
電話の向こうの声が震えていた
「辛かったのですね・・・」言葉を返す。

ここは、不思議なお店って、はじめてこのブログに
遊びに来られた方は、思うかと思います。
正直にありのまま今日あった出来事を
綴る。。。それがわたし流の流儀です。

傷みも悲しみも喜びも笑いもみなひとつ 
どこかでつながるご縁があると信じています
自分が心を開かないと相手は心を開かない・・・
いつしかそんな、頑固一徹おばちゃんになりました。

ここが好き また来たい そう言ってくれるお客様に出逢えた
今日はうれしかったです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海とオルゴールブログ本第二巻 | トップ | 梅雨の心の汗 »
最近の画像もっと見る

海とオルゴールさとみママのつぶやき」カテゴリの最新記事