海とオルゴールBLOG

イルカにあえる海辺のカフェ『 海とオルゴール』さとみママからのお便りです

ふるさと 能登島 イルカたちの変化に気づいて・・・。

2014-10-17 23:23:19 | 能登島 野生イルカ観察坂下さとみ研究日記

最新の情報です!10月18日(土) 午前11時30分 船長より電話がありました。10時20分発の乗船のお客様を乗せて、能登島イルカウォッチングを航行中に、イルカがいるとの情報が届きました。
大変お騒がせしました。イルカたちが帰ってきました。

最新のイルカ情報は ツイッターでhttps://twitter.com/umi_to_orgel


長らくぶりの更新です。
ずいぶんと長く、海とオルゴールBLOG最新の記事を投稿できずにいました。
海とオルゴールブログを愛読している方から、

「いつになったら 最新の記事を・・・」

なかなかデスクに座ることが出来ずでした。

夏真っ盛りも終わり、今はもう秋になりました。
目まぐるしく日々が過ぎていきました。たくさんいろいろなことがありすぎて、何から伝えていいのか模索しています。

寒い冬から、春・・・
家の愛犬ココロくんが4月11日に天国へ逝きました。
哀しむ間もなく、GWが来ました。

夏もあっという間に来ました。

イルカの赤ちゃんが6月26日に生まれました。次々とイルカの赤ちゃんが生まれて、喜んでいたら、7月の中旬頃から、
イルカたちは、広範囲に渡って、能登島のありとあらゆる場所へ移動しはじめました。
いままでは、祖母ケ浦・そわじ浦・重蛇島・海とオルゴールから見える範囲内に遊泳していたイルカたちですが、
とんでもないコースでイルカウォッチングを行っていたわけです。
数々の葛藤の中で、気が付けば・・・夏が終わり、静かな秋をむかえています。


海とオルゴール開業当時から忘れてはならない約束があります。
また来てくれるお客様を大切にすることをモットーに。

忘れてはならない約束です。

ついつい忙しさで、その大切なことを、我に返る 返らなければ・・・原点に
今日はそんな気持ちで、海とオルゴールBLOGの記事を書きます。

わたしの仕事は、海とオルゴールにお客様が来て、テーブルに座って、ほんの少しの間、美しい海を見つめてもらって・・・
あんなことも・・・こんなことも・・・しだいに・・お客様の心の中がほぐれていって・・・時には、海に涙を落としていく・・
海に思い出を落としていって下さる、そんな人たちに、心が晴れ晴れする場所を提供すること・・・
大切なことを、忙しさに、消されていきそうになりそうでした。

イルカも、だんだんと、いままでのように、いつスポットへいっても必ず見れることも叶わなくなり、私自身、心の葛藤に、どう伝えようか悩んでいました。

いままでと違う意味でのイルカたちの行動に戸惑いを隠すことが出来なくなってきました。

イルカが居ないのです。どうして居ないのか、分からなくて・・・・。

ここ数年の毎年起きる現象のように、秋の終わりから桜の咲くころに戻るといった、大よその見当がつくような
いままでのイルカ達の行動ではありません。

もはや、野生のイルカゆえの、止められない摂理へと発展していくようで・・・

今年2月の南岸低気圧では、群れのトップであるオスの死は打撃でした。群れをまとめるボスが死んだということは、心配していたことでした。
能登島のイルカはオスが少ないです。大半がメスであり、子孫を残すための大移動が始まっているのかもしれません。これは人間の
わたしたちには、どうしても止められないことであるのです。

能登島にイルカ達が居なくなるなんて、いままで考えてもいなかったことです、近い将来の行く先が見えません。

海とオルゴールはイルカにあえる喫茶店であり、昨年、能登島マリンリゾートと提携した能登島イルカウォッチング・・・
いままで当たり前。この先は・・・・。

その模索に、現実に直面しています。

夏の日のこと、絵日記を描くと言って、船に乗った男の子がいました。
イルカに会えなかった・・・

ドルフィンスイムをしました。イルカが近くに来てくれなかった・・・

笑顔を向けてはくれなかったです。
笑顔で帰って行ってくださるために、どうしたらいいのか。
いろいろな、はざまで立ち向かう困難に打ちのめされそうでした。

航行時間が遅れて、お叱りを受けました。
笑顔を向けてはくれなかったです。

いままでイルカがいることが当たり前だったことが、


わたしもそうでした。イルカに会いたいから船に乗るんだもん・・・・。
会えなかったことは、この15年間で何度もありました。
でも、もう帰ろう・・・その瞬間、イルカたちが現れたこと。

いつか きっと 能登島イルカたちが帰って来てくれるのを待ちたいと思います。
誰もがふるさとがあるように・・・。能登島イルカたちにも 能登島がふるさとであると信じて・・・。
待ち続けたいと思います。


いままで撮りためた、(春から今まで・・・)イルカ達の元気な写真をアップロードします。


サヨリとイルカです。


お母さんイルカが子供イルカにお魚を食べるのを教えている様子です。


今年生まれた赤ちゃんは、みんなメスでした。


お魚食べる赤ちゃんイルカです。


尾っぽで 「おいで おいで」


能登島の夕暮れです いまでも心に響いています 七尾市の行政無線5時の音楽 「ふるさと」


食事風景


うまれて4日目


子供同士の戯れ


無邪気に遊ぶ子供たち



いつまでも ずっと ずっと 見守っているよ 能登島がふるさとだよ



by 海とオルゴール
      さとみ




http://youtu.be/wsN5r8CDA-0?list=UUQVcawFuTlGBVfXc2bS9Crg

▶海とオルゴール カフェ・レストラン事業部 📱090-1639-0533 📞0767ー84-0533
▶能登島マリンリゾート イルカウォッチング事業部 📱080-2950-1020 📞0767-84-1112

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 7月 イルカ日記 | トップ | 能登島イルカの場所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

能登島 野生イルカ観察坂下さとみ研究日記」カテゴリの最新記事