雨過天晴

ジャズとホークスとファッションなどなど。
興味のあることには片っ端から手を出します。
そして時々飽きるのです。

「芸能人のW杯1次リーグ第3戦に対する批評」の批評

2018-06-29 | そのほか

昨夜のW杯1次リーグ第3戦。

サッカー日本代表の「戦略」に対して賛否両論出ていますね。

残り10分で試合に勝ちに行って決勝トーナメントを目指すのか、セネガルの動向次第にはなるがさらなる失点を回避して決勝トーナメントを目指すのか。

どっちの意見もアリですね。

 

特に現地で試合を観ていた人としてはこの試合を勝ちに行って欲しかったでしょう。

でもルールを厳守しているわけだから非難されるのも違う気がする。

多分試合を観た人それぞれの意見があると思います。

 

ちなみに私は「あり」だと思いました。

私自身がそうだったように、1次リーグの初戦に勝ったがために国民の期待も上がったと思います。

それを可能にする戦略を考えた場合、ルールに則った方法の中で、サッカー日本代表チームが選択したのが今回の結果。

この決断は非常にリスクがあって選択するのに大変な勇気が必要だったと思います。

万が一セネガルが勝っていたら、その時の日本のメディア・ご意見番たちのクレームと言ったら想像を絶するものです。

よくぞ決勝トーナメントへ進出できたもんだと評価したいと思います。

 

 

一方で気になったこと。

試合の批評をするのはもちろん各自の自由なのですが、それをネットに晒しておいてその意見に非難を受けて文句を言う人。

 

 

 

「ツイート見るな」とか「返事するな」とか言う前に「だったらツイッターで呟くな!」と言いたい。

ネットに意見を出す以上、何かしらの反応があるわけで、それが必ずしも自分の意見に同調するものばかりじゃないはず。

そんなの芸人だったら分かっているはずだろうが、こんなコメントしか出せないなんてなんと稚拙なことか。

Jリーグ名誉マネジャーなるよく分からないマネージャーでもあるわけだし。


それに比べて彼の方は笑えます。

 

 

 

別に謝る必要ないし、文章にも本人のそんな気持ちは含めつつのリプライ。

これが芸人のコメントでしょう。

 

あと気になったのは1次リーグで敗退した韓国の元代表アン・ジョンファン。

「韓国は美しく敗退したが、日本は醜く16強に進出した」

と述べたそうだが、少なくとも日本はルールに則っておりファールが少なかったが、韓国はファールだらけ。

どちらのサッカーが醜いのかは言わずもがな。

 

ということで、色々と騒がしい1次リーグ突破でしたね。

何はともあれ良かった良かった。

次戦ベルギーに勝たないかなぁ〜。

勝てー!!!

 

ブログランキングならblogram  

ジャズ
記事一覧

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« Ours&Thiers | トップ | スーパースターが消えた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

そのほか」カテゴリの最新記事