見出し画像

雨過天晴

Times of Innocence

今日はスイスのトランペッター ダニエル・シェンカーの新作『Times of Innocence』です。


 
1. Basel bei Chur
2. 2232322
3. Times of Innocence
4. Eye Factory
5. Median
6. Fulcrum
7. Katja
8. No Sertao
9. 2232322 (Radio Edit)

Daniel Schenker(tp, flh)
Chris Cheek(ts, ss)
Stephan Aeby(p)
Dominique Girod(b)
Elmar Frey(ds)

本作シェンカーのカルテットがNYの職人テナーマン クリス・チークとの共演。
以前同じくChallenge Recordsからリリースされた『Soundlines』でも共演しています。

 
王道ジャズですね。
王道ってやっぱり気持ちいい。
フロントの二人の音もスマートだし、バックの三人の音もしっかりと録音されています。

やはり聴きどころは普通に考えてフロントの二人。
二人でメロディー奏でていても音の感度であったり温度であったりが似ているのでウマいなぁ、と思います。

しかーし、意外と後ろのピアノトリオがそれぞれのソロで良い味わいを醸し出しています。
7曲目のスローなんて、ピアノなんかはジャズバーでしっとりと聴きたいです。


正直チークに誘われて聴いた一枚ですが、他のメンバーの良さを見つけることができた逸品。
こういう作品と出会うとかなり嬉しいです。


さて明日は午前中ジム、午後Yuさんの学校行事。
頑張ろうっと。

ジャズ
記事一覧

ジャズ好き・服好き・靴好き・本好き・アウトドア好き(だった・・・)
ポチッとお願いします

コメント一覧

jmcmy
あの人ドイツ人じゃなかったっけ? と思いきやそれはマイケル・シェンカーでした あぁ勘違い 
umekou
jmcmyさん
こんばんは。
シェンカー姓だと圧倒的にマイケルの方が有名ですもんね😄
お隣の国なので姓も被るんでしょうか。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「音楽」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事