雨過天晴

ジャズとホークスとファッションなどなど。
興味のあることには片っ端から手を出します。
そして時々飽きるのです。

blues PEOPLE

2018-06-14 | 音楽

ちょっと頚椎の痛みがひどくなっているので、来月初旬に予定していた出張を代わってもらいました。

私が行ったほうが、前回のノウハウとかもあって良いんですが、あまり無理が効かないものでして・・・。 

 

代わってくれた分、後日私が他のエリアを対応することにしたのですが、実はソッチのほうが大変そう。

離島ですよ、離島。

どうやって行くんだろうか。

多分DASH島よりはマシだと思いますが・・・。

 

さてそんなこんなの今夜のジャズですが、久しぶりにローガン・リチャードソンのリーダー作『blues PEOPLE』がリリースされました。

 

 

ブルース・ピープル
ローガン・リチャードソン,ローガン・リチャードソン,ジャスタス・ウエスト,イゴール・オシポフ,ディアンドレ・マニング,ライアン・リー
ユニバーサル ミュージック

 

1.Blues People
2.Hidden Figures
3.80's CHILD
4.Country Boy
5.Underground
6.Black Brown & Yellow
7.Anthem (To Human Justice)
8.Hunter of Soul
9.Class Wars
10.The Settlement
11.Rebels Rise
12.With U
13.Urban Life
14.Pure Change

Logan Richardson (as)
Justus West (g, vo)
Igor Osypov (g)
DeAndre Manning (b)
Ryan Lee (ds)

 

リチャードソンが、ジャズ、ブルース、カントリーといった生まれ故郷であるカンザス・シティの音楽的環境を、現代ジャズとして表現した新作。

前作『Shift』とは全くメンバーが代わって、リチャードソンのオリジナリティがより強く反映されているのでしょう。

ツイン・ギターによる新グループのサウンドは、ブルースのイメージを大きく変え、むしろロックに近いとさえ思います。

そこには新しいサウンドの中に懐かしさを感じます。

3曲目とか特徴的ですね。

この曲の場合80年代のロックやポップが強く反映されてます。

どこかで聴いたようなフレーズもあったり。

 

前作はパット・メセニーやジェイソン・モランに遠慮していた、とは言いませんが、彼らのサポートで成り立っていた感がありましたが、本作で一皮向けたんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

そういえばフリージャズのClean Feedの新譜がゴソッと到着しました。

しばらくはフリージャズ詰めの日々になります。

 

 

ブログランキングならblogram  

ジャズ
記事一覧

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 人生で一番飛んだ打球 | トップ | アイツらが帰ってきた!!!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事