見出し画像

雨過天晴

Day Break

成人の日。
各地の成人式はコロナのせいでややこしいことになっていて非常に残念。
今夜とか本当なら酒を飲みながら大騒ぎするところでしょうが、それもままならない。
何とも言えません。

さて新年一発目のジャズは旧盤から。
チェット・ベイカーのライブ盤で『Day Break』。


 
  1. For Minors Only
  2. Daybreak
  3. You Can't Go Home Again
  4. Broken Wing
  5. Down
Chet Baker (tp) 
Doug Raney (g) 
Niels-Henning Orsted Pedersen (b)

最近時間があるときは旧盤を漁っていて、やはりジャズの魅力を再認識しています。
で、チェット・ベイカー。
スーパーイケメンだった若い頃の作品もいいですが、欧州に渡ったあとの演奏もいいです。
むしろ欧州盤のほうが好きかも。
本作もそうですが、欧州ジャズ名門レーベルの一つSteepleChaseには良作が豊富で、とても追いきれていないのですが、それはそれで今後の愉しみです。

さて本作はデンマーク コペンハーゲンのライブハウス「モンマントル」でのライブ作品です。
サポートには偉大なるジャズギタリスト ジミー・レイニーを父に持つダグ・レイニー、そして地元のベーシスト ニールス・ペデルセン。
ドラムレスのトリオです。

収録曲は5曲で、ジミー・ヒース、ホーギー・カーマイケル、ドン・セベスキー、リッチー・バイラーク、ラストがマイルス・デイビスのカヴァーとなっています。
この選曲が抜群に良いです。
枯れっ枯れのこの頃のベイカーに相応しい。
このトランペットはなかなか出会えないですよ。
この音に相応しいスロー系の曲と2曲目はベイカーの声も入ってきます。
味付けはあっさり塩味。
シンプルでいて奥深いコクあり。
ゴリゴリ系のベーシスト ペデルセンもあまり走ることなく、ベイカーを崇拝しているかのようにシンプルにサポートします。
レイニー、ペデルセンともにソロの場面はありますが、やはり主役はベイカー。



ワタシが聴いたベイカー盤の中でもトップクラスで素晴らしい作品だと思います。
必聴です。



ジャズ好き・服好き・靴好き・本好き・アウトドア好き(だった・・・)
ポチッとお願いします

コメント一覧

zawinul
コンバンワ。私もベイカーのスティープルチェイスの諸作が大好きで、特にこのトリオによる数作は、ピアノもドラムもいないということが功を奏して、ベイカーのペットそのものの魅力がじっくり堪能できて素晴らしいですね。端正なフレージング、翳りと丸みを帯びた絶妙なトーン、やはり唯一無二です。
umekou
zawinulさん
こんばんは。
やはりベイカーは欧州がGoodですよね。
最後は謎の転落死をしてしまいますが、そこまで何とか欧州で一旗揚げてジャズを楽しもうとしている姿が目に浮かびます。
唯一無二。
ワタシもそう思います。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「音楽」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事