ドイツの島の鉄道紀行

ドイツ北西の北海沿岸に小さな島が並んでいる。そのうち三つの島に港と町を結ぶ玩具のような鉄道が今も走っている。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ランゲオーク島へ到着

2005年12月08日 | Weblog
三番目の島ランゲオーク島



ランゲオーク島情報(日本語)
http://www.japan-art-design.de/ostfriesland/inseln/langeoog2.htm

 三番目の島ランゲオーク島(Langeoog)へ向かいました。
ハーレズィール(Harlesiel)の港から再びレンタカーです。
レンタカーを2日も港に駐車しておくのは何とももったいないことです。
渡航口ベンザーズィール(Bensersiel)までわずか30分しかかかりません。
ここでまたレンタカーを2日間駐車しておくのです。



 30分の船旅でいよいよランゲオーク島へ上陸です。



 ここでも列車に乗り換え街へ向かいます。
7月というのに皆寒そうな格好をしています。



 この島も自動車の乗り入れはできません。
フェリーのように見えますが、運ぶのは貨物コンテナだけです。



 港駅の全景です。大きなウッドブリッジが横切っています。
駅の周囲には何もありません。



 ウッドブリッジをそばで見るとなかなかサマになっています。
自転車のおじさんが見下ろしています。




 発車しました。街まで約10分です。



 広い広い草原を行きます。小さな島とはとても思えません。
草むらを掻き分けるようにして進みます。



 鉄道線路に沿って港から街までサイクリングコースになっています。
ところどころにおしゃれなレストランがあります。
ビールを飲みながら列車がやってくるのを待ちました。
実はさっきまで雨が降っていて雨宿りしていたのです。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ヴァンガーオーゲともそろそ... | トップ | 街の駅へ到着 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事