ドイツの島の鉄道紀行

ドイツ北西の北海沿岸に小さな島が並んでいる。そのうち三つの島に港と町を結ぶ玩具のような鉄道が今も走っている。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヴァンガーオーゲともそろそろお別れ

2005年12月08日 | Weblog

 島を離れる人たちが駅に集まり始めました。
列車はもうホームに横付けになっています。



 スコッチテリアらしき黒いワンちゃんは客車のお客様です。



 シェパードは荷物車です。ルールがあるのでしょうか。



 よく見るとシベリアンハスキーも乗っていました。



 港へ向かう列車が草原の中を進みます。
今はこんなに晴れていても、島の天気は変わりやすいので‥‥



 突然降り出した雨もあっという間に上がりました。
まだ地面は濡れています。客車を降りて船へ向かいます。
先頭にいた機関車と貨車は桟橋の方へ行ってしまいました。



 船上から見た桟橋風景です。貨物の積替えもほぼ終りました。
間もなく本土のハーレズィールへ向けて出航です。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 草原の鉄道 | トップ | ランゲオーク島へ到着 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事