”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

お土産の井川在来きゅうりを食べました

2018-08-11 11:40:37 | 在来種 伝統野菜

先日、たがたさんで開催された「オクシズの夕べ 井川の在来きゅうりを楽しむ会」。

その時の様子は、こちらをご覧ください。

   

その日、お土産にいただいたのがこちらです。

     

私は、ごろんと大きなものをいただきました。

在来きゅうりなので、大きさも色もバラバラ。

中には、小さいのが2本袋に入っていた人もいました。

  

 

半分に切って、2種類の食べ方を楽しみました。(^-^)

 

●井川在来きゅうりと夏野菜の揚げびたし

素揚げしたのにも関わらず、みずみずしさが残っています。

  

  

こちらは、たがたさんの真似をしたお蕎麦。

かつお昆布だしで作った麺つゆに、

井川在来きゅうりを漬けておきました。

 

たがたさんは、2日漬けておいたとおっしゃっていましたが、

私は数時間だけ・・・。

でも、薄切りにしたせいか、中までしっかりだしがしみわたって、

とてもおいしくいただきました。

お蕎麦は、イオンの乾麺ですが・・・。(^-^;

   

でも、きゅうりの部位によっては苦みを感じるところも・・・。

昔のきゅうりで感じたロシアンルーレットのような苦み。

あの頃は、ククルビタシンなんて成分のことも知らなかったな。

なつかしさがこみあげてきました。

 

 

『手作り料理』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アレクサ、まっすぐなきゅう... | トップ | 初 ふくろい遠州の花火 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんまじゃ( ̄▽ ̄) (ぷ〜)
2018-08-12 00:41:27
最近のキュウリ、にがいとこないよね〜
いつ頃からなんじゃろ⁉︎
ヘタのとこ、苦いからいっぱい捨ててたのに・・・(⌒-⌒; )
Re:ほんまじゃ (ume724)
2018-08-12 00:52:37
ぷ~ちゃん、こんばんは。
昔のきゅうりはヘタのところが苦いから、
切り落とした部分をこすり合わせて
あくを抜いていたのにね・・・。

何となく習慣でやっていたら、
「今のきゅうりは苦みがないので、そんなことはしなくてもいいです。」
と言われたのが、今から13年前でした。(^-^;

コメントを投稿

在来種 伝統野菜」カテゴリの最新記事