”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

村山にんじん、見つけた!!

2019-02-07 11:42:33 | 在来種 伝統野菜

朝霧高原にある「えいちのむら」に行ってきたということを

書かせていただきました。

こちらです。

  

お食事がおいしいのはもちろんのこと、

さらにうれしいのが、村長さんが畑で作られているお野菜が

店頭販売されていること。

  

その中に、とってもなつかしいにんじんが!!

この長いにんじん。

私が子供の頃は、にんじんと言えばこの東洋種でした。

   

うれしくなって買って帰りました。

そして、さらにうれしいことに、

このにんじんは富士宮市村山地区の伝統野菜、村山にんじんだったのです。

   

富士山の火山灰土で育てられた村山にんじんは、

長さが70~100cm、太さが5cmほどになると言われています。

購入したものは50cmくらいでした。

  

この細長い形ゆえに、栽培、収穫が大変で、

今は栽培農家で作っていらっしゃるのは1軒だけと言われています。

   

土を洗い流してみましょう。

淡いオレンジ色をしています。

  

 

カットしてみると

  

  

昔ながらのにんじんの香りも、今の消費者には好まれず、

衰退していったと言われていますが、

私はなつかしくて、生のままポリポリ。

 

そう、こんな力強い味と香りでした。

昔のにんじんは・・・。

  

さあ、どんなふうにお料理しましょうか? (^_-)-☆

 

『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 豊橋で「さば水煮缶活用法」... | トップ | 冷凍メロンジュースがおいし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

在来種 伝統野菜」カテゴリの最新記事