”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

本当のおいしさが戻ってくれば

2018-05-13 10:43:08 | 食育

このGWに、資料や本の整理をしていたら、

平成6年に発行された地元のグルメ雑誌が出てきました。

  

  

ただ、当時この本を参考に食べ歩いたという記憶はなく、

この中で取り上げられていたスパイスの特集と、

多種多様なカレーの種類を見て喜んでいただけのような気がします。

    

ところが、今、この本を改めて見てみると、驚くことが!!

 

料理の盛り付け、写真の撮り方などがすごく地味なのです。

正確に言えば、「地味に感じる。」のでしょう。

  

  

一番華やかに見えたページがこちらでした。

インド人シェフが作るインド料理のお店。

華やかに見えるのは、テーブルに並んでいるお皿の数が多いからであって、

決して派手な演出が施されているわけではありません。

   

全体的に茶色っぽい写真が多いのですが、

当時はこれらの写真を見て、

「やっぱり、レストランのカレーは家のカレーと違うよね~!!」

「わぁ、この盛り付け、真似してみたいな。」

などと感動していた覚えがあります。

  

「インスタ映え」なんて言葉がない時代でしたから、

この写真だけで十分においしさとか、

お店の方の料理に対する思いまで伝わってきたのです。

  

でも、今はどんどん「演出」が派手になってきて、

グルメ雑誌だけでなく、料理本を見ても目がチカチカすることがあります。

こんな時代のことは、こちらにも書かせていただきました。

   

そんな中、ちょっとスカッとすることがありました。

美人若手演歌歌手の方が、おいしい焼肉屋さんを見つけるコツを

話していらっしゃいましたが、

「ネットに掲載されている写真が地味なもの。

 写真に凝っているお店はおいしくない。」と・・・。

  

そして、その翌日、駅弁評論家さんが、

おいしい駅弁を見つけるコツをこう話されていました。

「茶色いお弁当がおいしいです。

 やたら彩りに気を使ったお弁当は、ハズレが多い。」と・・・。

  

派手な盛り付けや演出ではなく、

写真を通したおいしさではなく、

本当のおいしさに気づく時代が戻ってくればいい。

 

私の祖母が作ってくれたお弁当は、いつも茶色でしたが、

本当においしかったです。(^-^)

 

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アカモク料理 | トップ | 常備菜 ひじきの梅煮 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ななえさん)
2018-05-14 07:34:04
私もそう思います。私自身、綺麗で完成されたお料理より、変な表現ですが、将来性があるというか、可能性が潜んでいるというか、のびしろがあるお料理が好きです(笑)そんなお料理に(忙しく働くなかで手作りしてくれる母や家庭の味)が重なるのかもしれません。無機的なお料理より人間味溢れるおるお料理がいいですね🎵まぁ、私の料理は、雑すぎて問題多過ぎですが・・(笑)
ななえさん、おはようございます! (ume724)
2018-05-14 10:12:54
ななえさんのお料理、ご家族への愛情が感じられて
とてもおいしそうです。
ご家庭によって事情も違うし、
ご商売をなさっているお家にはそれなりのリズムもあると思いますが、
「家族に手作りのものを」という意識が薄れ、
中食や外食の機会が増えるのは寂しいなぁと思います。
以前、ネットで話題のカラフルでボリュームのあるサンドイッチを食べたことがありましたが、
普通のパンに適量の具が入った昔ながらのサンドイッチの方が、
何倍もおいしいと思いました。(^-^;

コメントを投稿

食育」カテゴリの最新記事