”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

台風一過 秋の祭典

2019-10-13 17:54:06 | ブログ

昨日の台風がうそのようです。

袋井市の秋の祭典が始まりました。

   

三川地区 見取の屋台です。

  

   

今回は、休憩地点で豚汁をお出しするお手伝いをやらせていただきました。

  

   

「戦士」の休息?

豚汁を何杯もおかわりしてくれました。

その他、おにぎり、おでん、漬物、枝豆などたくさん食べて、

また神社までの長い道を屋台を引いていくのです。

  

  

午後は、例大祭の行われる神社で、甘酒の準備。

気温30℃の中で、火を起こすのはきつい作業です。

  

  

暑いから、甘酒なんて飲まないかなと心配だったのですが、

6キロの甘酒の素を9リットルの水で薄めた麹の甘酒は大人気!

みんな疲れると、飲む点滴を欲するのでしょう。

  

  

そして、例大祭の最後は、餅まき!!

これは、盛り上がります。

  

  

昨日までは、台風の接近、県内上陸で深刻な状況でした。

命を守る行動を第一に考えたいのに、

お祭りの連絡が普通に来て、甘酒が届いたり、

明らかに「地域」と「個人」の視点が異なることを実感。

  

台風は通り過ぎて、天気は回復するかもしれないけど、

取り巻く状況がどうなっているのかわからない中にいて、

それでもお祭りを中止にしないのはなぜ?

と、疑問に思いました。

  

でも、今日の盛り上がりを見て、

この地域の人は、本当に秋のお祭りを楽しみにしているんだな

と実感しました。

 

このお祭りで、班長としての「宮当番」の役目は終わりました。

ひとつ、肩の荷が降ろせます。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 台風だからスコーンを焼いた! | トップ | 今年も花火が! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事