”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

県立大学公開講座、やっと参加

2019-11-17 10:00:25 | お勉強

毎年、静岡県立大学の公開講座に参加しています。

今年は、特に「植物のチカラ」がテーマなのですごく楽しみ!!

それに、会場もこれまでの「アイセル21」から

県立大学草薙キャンパスになったので、

講義室でちゃんとした机もある。

(今までは、ホールにいすを並べただけの会場だったので、

 メモが取りにくかった。

 私は何度も

「有料になっても参加するので、机のある部屋で講義を受けさせてほしい。」

 とアンケートに書き続けた。)

 

   

こちらが、草薙キャンパス。

   

  

実家のすぐ近くですが、私が実家にいた頃は、

ここは「静岡県立女子大」だったと思います。

静岡県立女子大、静岡県立女子短大、静岡県立薬科大学が統合されて、

今の県立大学になったのです。

  

実は、この講座は11月2日から始まっているのですが、

2日も9日も参加することができませんでした。

今回のテーマは、

  

  

結論から行くと、

 ●塩害、乾燥を防ぎ、農業に貢献

 ●機能性成分を強化した野菜が開発できる。

 ●安価な医薬品が製造できるので、貧困で苦しむ人にも薬が届く。

  

農業分野、健康、医療分野にも植物は貢献できる可能性がある

ということらしいのだが、

それが実現するまで、かなりの時間がかかると言うことを実感。

   

興味深いデータが載ったパワポの資料が配付されたが、

詳しい説明を聴きたい箇所は、どんどん飛ばされる。

無料の講座だから仕方ないのかな?

  

先生もおっしゃっていた。

「有料の講座なら、もっと優れた講師を呼べる。

 無料の講座で、休日出勤となると、講師も力が入らない。」と。

 

    

あと、1回。

来週は、一番興味のあるテーマだ。

来週に期待。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« ジョンの鼻水 | トップ | 悪魔かたぬきか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お勉強」カテゴリの最新記事