”農”と言える!?

元・食推おばさんのソムリエ日記

「遠州袋井の味を堪能し、乾しいたけを学ぶ」お料理編

2020-09-13 14:59:16 | だし

昨日の続きになります。

  

それでは、袋井の老舗和食処 とりや茶屋さんの

乾しいたけ尽くしのお料理をご覧ください。

   

●お刺身を乾しいたけ塩で

真ん中の茶色の粉末が乾しいたけ塩です。

乾しいたけをフードプロセッサーにかけ、さらにすり鉢で擦り、

お塩と煎ったもの。

お刺身と一緒にいただくと、最後にふわ~っとしいたけの香りを感じます。

きな粉のような香ばしさもあります。

  

 

●ホタテと乾しいたけの煮物

ホタテのうまみがじんわりしみ込んだ乾しいたけは、味に膨らみが出ます。

  

  

●乾しいたけ入りパン粉のえびフライ

乾しいたけをフードプロセッサーにかけ、さらにすり鉢で擦ったものをパン粉と混ぜます。

これを衣にして、揚げたエビフライ。

衣がパルメザンチーズのような風味になります。

  

  

●うなぎと乾しいたけのご飯

ご飯に入った甘辛く煮付けた乾しいたけは懐かしい味。

うなぎとよく合います。

驚きなのは錦糸玉子。

しいたけだしを使った錦糸玉子は、初めていただきましたが、

だしの濃さが絶妙。

  

 

●しいたけだしとかつおだしで三ケ日ポークのしゃぶしゃぶ

しいたけだし、かつおだし、豚肉とうまみが詰まった鍋に

生姜、三つ葉が加わると、複雑な香りがとても贅沢に感じます。

  

  

お料理の説明をされる とりや茶屋三代目 松下料理長。

  

  

今回、無理なお願いをしたのにも関わらず、

松下料理長は、お忙しい中、何度も試作を重ねてくださいました。

「お料理に感動した!」

「料理長の手を抜かないその姿勢に感動した!」

と、参加された方からもうれしいお声をいただきました。

     

 

最後に、参加者の皆さまと記念撮影。

  

  

ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

松下料理長、素晴らしいお料理をありがとうございました。

  

企画書の提出から開催間際まで、ご迷惑を掛け続けた

日本産・原木乾しいたけをすすめる会様、

だしソムリエ協会事務局様、

心から感謝申し上げます。

  

集客にご協力くださった野菜ソムリエコミュニティ静岡様、

開催まで何度も相談にのっていただいた

袋井保健センター様、西部保健所様、袋井商工会議所様、中遠農林事務所様、

ありがとうございました。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 「遠州袋井の味を堪能し、乾... | トップ | 地図を描いた »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

だし」カテゴリの最新記事