”農”と言える!?

食推おばさんのソムリエ日記

食農体験学習指導者育成講座 ~しょうゆのひみつ~

2019-08-31 21:30:29 | 食育

JA静岡市美和支店で開催された

「食農体験学習指導者育成講座」に出席しました。

  

その中で印象に残ったことを何回かに分けて書いていきます。

まず、本当におもしろかった「和の食文化~しょうゆのひみつ~」。

    

講師は、静岡醤油合資会社 代表 陰山明典先生。

うまみの歴史の話が興味深かったです。

1916年、ドイツの心理学者が4基本味を提唱。

甘味、塩味、酸味、苦味の4つです。

それぞれの味、何が基本になっているかというと

甘味はぶどうの味、酸味はワインを作る過程でできるビネガー。

ヨーロッパがワインの文化だということがよくわかります。

  

  

こちらは、小学生向けの媒体です。

この中の問題に

「しょうゆの香りの成分は何種類?」と書かれていますが、

答えは300種類だそうですよ。

複雑な香りで構成されているんですね。

  

   

こちらは、左から、もろみ、生醤油、製品の醤油。

味や香りを比べてみました。

もろみは、味も香りも深みとコクを感じます。

生醤油は、ストレートな塩辛さ。

製品の醤油は、生醤油に甘みが加わり、味わいやすくなります。

  

  

こちらでは、もろみが時間経過とともにどのように変化していくかを

見ることができます。

かなり貴重な体験をさせていただきました。

  

 

最後に醤油の効能をまとめます。

●消臭効果・・・生臭さを消す。

●対比効果・・・味をいっそう引き立てる。

●加熱効果・・・食欲をそそる。(醤油が焦げたあの香りのことです。)

●抑制効果・・・塩味を抑え、和らげる。

●殺菌効果・・・日持ちを良くする。

●相乗効果・・・だしと働き合って、深いうまみを作る。

  

 

今日一日が醤油の勉強でもよかったのに・・・

と思わせるくらい楽しい講座でした。

陰山先生、ありがとうございました。

 

コメント