馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

第95回全国高等学校野球選手権大会12日目(8/19)

2013-08-19 19:16:34 | 野球
第95回全国高等学校野球選手権大会

◎大会12日目
今日は準々決勝です。明日は休養日という事で2連投が最高になります。大会11日目に出場した学校は3回戦、準々決勝と準決勝、決勝の2連投が中1日で続きます。

富山勢が40年ぶりのベスト8進出という事で、遠ざかっている県を調べてみました。
①鳥取57②長野19③北北海道、秋田18⑤三重17⑥福井16⑦福岡13⑧滋賀12⑨香川11⑩埼玉10
以上がワースト10なのですが、福岡・香川・埼玉の野球王国が遠ざかっているのは驚きました。それにしましても鳥取の57年連続は群を抜いています。同じ中国地方なので気になる記録ですね。山口勢は8年連続ですので大きな事は言えないのですが、県全体で強化していく事が必要ですね。力を入れている県とそうでない県がありますが、それぞれの県の考え方に違いがありますので一階には言えませんが、、、。山口県は会長旗大会を廃止して数年になりますが、廃止された時期から弱くなっていますね、単なる偶然でしょうか?

★準々決勝

◎第1試合(08:00)
鳴門(愛媛)4-5花巻東(岩手)
花巻東は済美の安楽を打ち崩してきた。鳴門も3試合連続二桁安打で打撃には自信。花巻東は継投のタイミング、鳴門は早めに得点して坂東を助けたい。
花巻東の得点の入った回は2度共千葉の四球が足掛かりに少ないチャンスに集中打が出て勝負強さを伺えました。鳴門は9回1点を返し尚満塁の逆転機でしたが後一歩及びませんでした。ただ2塁走者は全力疾走していたら帰れていましたね。
花巻東は準決勝の第2試合に登場。

◎第2試合(10:30)
明徳義塾(高知)3-4日大山形(山形)
共に投手を含めた守備力が高く、投手戦になりそう。日大山形・庄司は体の開きが早いが、それが功を奏してか球が沈む。ボールとの見極めが出来るかどうかがポイント。
日大山形が粘り強い攻撃で競り勝ちました。明徳義塾は8回一死満塁のチャンスがあったのですが、消極的な攻めで無得点、結局これが響いてしまいました。代打で出てきて1,2球のストライクを見送ったり、スクイズすればファール2つでアウトになり、絶好球の初球を見逃したりとチグハグな攻撃でした。やや策に溺れた感がありますね。日大山形は山形勢として初のベスト4入りを果たしました。
日大山形は準決勝の第1試合に登場。

◎第3試合(13:00)
前橋育英(群馬)3⑩2常総学院(茨城)
関東対決。共に好投手を擁するだけに投手戦の様相。前橋育英は伸び伸び攻撃が出来るかがポイント。お互いチャンスはそんなに多くないと思われるので確実性が問われるところ。
まさに死闘でした。9回アクシデントで常総学院・飯田が降板しました。前橋育英は9回二死無走者から敵失と二塁打で一打同点のチャンス。ここで6回から登板した高橋光、期待に応えて同点となる三塁打、試合を振り出しに戻しました。この試合、前橋育英は喜多川が先発。やや不安な立ち上がりを攻められ2回には内野安打、四球から適時二塁打で2点を先制されます。打っては、狙い球を絞り切れずに6回まではほとんどチャンスはありません。7回に二死満塁まで攻め込みますが、飯田に抑えられてしまいます。常総学院も2回に2点を挙げたものの6回から代わった高橋光を攻略出来ず、8回に二死満塁としますが三振で無得点。そして9回のアクシデントです。10回、押せ押せの前橋育英は一死二三塁から土屋の中前打で激闘にピリオドが打たれました。
前橋育英は準決勝の第1試合で日大山形と対戦。

◎第4試合(15:30)
富山一(富山)5⑩4延岡学園(宮崎)
共に強力打線と好投手を擁す。富山一の宮本の縦スラを延岡学園が攻略出来るかがポイント。
正直後味の悪い試合でしたね。審判はしっかりしてもらいたいですね。この試合のポイントは9回無死一三塁からの犠牲フライと思われた場面で走らなかったところでしたね。それと何も策がなかった采配(自主性云々)では勝ち抜くのは難しいと感じましたね。併殺やり直しで萎縮したのは富山一の方でしたね。スクイズの素振りすらなかったですね。最後の悪送球も何とも残念でした。
延岡学園は準決勝の第2試合で花巻東と対戦。


昨日の予想:1勝3敗(通算23勝22敗)

コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 第95回全国高等学校野球選手... | トップ | 愛馬の近況(8/20情報分) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春も入れると&きっといつかは・・ (g1j2p5i5)
2013-08-20 01:50:36
今晩わ             「山陰の暴れん坊」倉吉北が ちょうど高校年代と重なることもあり印象に残ってますよね   剃り眉や野球留学生も話題になりました笑   意外にも春はベスト4に進んだ時から出てないんですね   鳥取は高校野球の衰退と同様 今やプロにも現役在籍者がなく? 予選最少校数なのに逆留学生もいます(事情は不明ですが)
大昔結局 喧嘩別れして山陰に2県が誕生した訳ですが ご存知のとうり戦前 戦後間もない頃はは両県とも強豪として一目おかれてました   県名の字体が似てる  民放TV局の相互乗り入れなんかでよくひとくくりにされるのですが 春はともかく夏は島根に一方的に差をつけられてしまいました   予選少校&留学生というと明徳が思い浮かぶのですが・・  どこが違うんでしょうね?

準々決勝一日4試合の復活は全て接戦になりよっかたですね   休養日とともに私も大賛成です   春はどうするんでしょう笑

内野芝がないグラウンド  グラウンドでの正座(私は県民性があっていいと思う)   炎天下での登板過多(本人の希望等事情はありますが)・・
世界よ これが日本の個性だ笑

県代表として 春夏を通じて初制覇  もしくは前育の初・初Vがみえてきましたね(まあ私は春夏通じて初出場の方がいいんですが笑)   ファンなら地元の優勝にたちあうのも夢のうちですよね   私の場合 春は観音寺中央が成し遂げたので 夏だけなんですが   馬球さんをはじめ各地域ファンの人たちもそんな日が来ることを信じて応援してると思います   お互い頑張りましょう(できれば地元出身が多い方がいい笑)   時間は限られてますが   第一回は無理でしたが第100回大会に立ち会える  それも又人生(笑)   
倉吉北、強かったですね。 (馬球管理人)
2013-08-20 05:41:20
g1j2p5i5さん、こんにちは。

倉吉北は強かったですね。第53回大会でしたね。実は前年の第52回大会にも出場していまして、その時は開幕初戦で負けていますが、あの当時は全国レベルでしたね。その第52回センバツ大会の出場選考である前年の秋季大会、実は岩国商がダントツの優勝候補でした。平田・森本というWエースを擁して甲子園が期待されていました。
http://blog.goo.ne.jp/umauma1964/e/f272e6961bbde72db754a75a2af14c8e

山口県も同じですが鳥取県も県全体でレベル向上していかないと厳しいですね。昨年の鳥取城北はかなり強かったのですが、、、。

ベスト8の1日消化はいいですね。不可解な2日消化でしたから(笑)。春も3連投を避ける意味では実施して欲しいですね。それと今年の夏の抽選はなかなか良かったと思います。来年以降も継続して欲しいですね。

なかな優勝には立ち会えないですね。今や一つ勝つのがせいぜいですから(笑)。準Vは防府商、宇部商がありますが、、、。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野球」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

白熱の準々決勝 (FREE TIME)
夏の甲子園も準々決勝。 勝ち残った出場校も8校に絞られました。
準決勝は“あまちゃん”対決。 (<徳島早苗の間>)
◆あまちゃん応援歌を採用した花巻東が優勝したら…◆ ◆鳴門4-5花巻東 花巻東が逆転◆ ◆延岡学園などがベスト4 第95回全国高校野球選手権・12日◆    大会12日目の試合は終わってみれば全て1点差の好ゲームで、TV観戦していて非常に得した気分♪。鳴門(徳島)4...