馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

愛馬の近況(10/27情報分)

2009-10-27 21:38:55 | 愛馬
◎マイネルアテッサ 牡4歳
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。だいぶ馬体に張りが出て、同馬らしい大きなストライドでのフットワークが見られるように。鼻出血の兆候はもちろん、脚元にも不安がないので心配なく進めていけるのは心強いことといえるでしょう。2歳時にあった喉の異音も、いまではまったく気になりません。今週から追い切りを課して最終仕上げの段階に入っていきたいと思います。スタッフは「動きに切れが出てきた。まだまだ活躍できる力があると思う」とコメントしていました。
まずまず順調のようです。

◎リーガルスキーム 牡4歳
周回コースで軽めのキャンター2400mと坂路でハロン25秒程度キャンター調整を行っています。「競馬ではテンションが高く、力を発揮できなかったようですが、こちらへ到着した後は特段気になるほどではありません。現状では目立ったレースの疲れはないようですし、状態を見ながら乗り込みを重ねていきます」(牧場担当者)
この馬は気分屋なところがありますので当日の気配ですね。

◎リーチコンセンサス 牝3歳
24日にグリーンウッドへ到着しました。坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「山元トレセン経由での輸送明けということもあって、さすがに多少馬体も細く見えますので、まずは馬体を戻してから本格的に調教を進めていくつもりです。ただ、こちらについてからのカイバ食いは良好なので、馬体が細く見えるのは本当に一時的なものでしょう。すぐに普通の調教メニューをこなせると思います。今朝も坂路を上がりましたが、相変わらずいい手ごたえで素軽い脚どりを見せています」(GW担当者)
この馬には期待していますのでこのまま順調にいって欲しいです。

◎シーズンズベスト 牝2歳
周回でハロン16秒のキャンター調整を行い、週1回は坂路で15-15を行っています。「坂路調教を定期的に取り入れていますが、速いところを行った分だけ疲れが出やすいですね。レース後も同様に疲れが見られたようですし、負担がかかりやすいということは間違いないのでしょう。しっかり疲れを取った上でトレセンへと送り出してあげたいですし、調教師と相談しながらですが、馬のペースに合わせた取り組みをしていければと考えています」(山元担当者)
体質が弱いというのは心配ですが、間隔を空けながらといった感じでしょうか。

◎アマルフィターナ 牝2歳
周回と坂路でキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、順調に乗り込みを進めています。今グリーンウッドにいる平田厩舎の2歳の中でも調教の進んでいる1頭なので、おそらくそう遠くないうちに入厩できると思います。現段階の調教でも非常にいい素質を見せていますが、血統的には奥手なので、焦らずにじっくり進めていきたいと思います」(GW担当者)
良いコメントですね。このまま成長を促しながらといった感じでじょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 平成21年度秋季高校野球大会(... | トップ | 平成21年度秋季高校野球大会(... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愛馬」カテゴリの最新記事