馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

第99回全国高校野球選手権山口大会案内板(7/28終)

2017-07-28 20:32:58 | 野球
第99回全国高校野球選手権山口大会案内板


◎7/28
新チームから宇部鴻城時代が続いていたのですが、最後の最後で若いチームの下関国際の成長力が凌駕しました。昨秋から比べますとかなりの打撃力が向上していましたが、甲子園で勝つとなりますとまだまだギヤを上げていかないといけません。これからの成長力に期待しています。
下関国際の関係者の皆様、おめでとうございます。近年の下関国際は本当に強くなったのですが、昔は申し訳ないのですが、正直弱かったですね。対戦相手が喜ぶチームであったのは間違いありません。私が下関国際の変貌を見たのは、夏の大会初めてベスト8に駒を進めた年でした。あの年は下関商に勝っているのですが、試合前のシートノックを見た時に異変を感じました。動きが全然違っていたのですが、案の定強くなっていました。それ以降は見る目が違ってきました。センバツ大会に出た早鞆の間津投手との試合も痺れましたね。とにかく間違いなく強くなっています。相乗効果で良い選手も入ってくるでしょうからまた強くなる、この繰り返しがチームを向上させてくれると思います。継続的に強いチーム作りを目指して欲しいと思います。
甲子園では思い切ったプレーで全国レベルを身を持って体験してきて欲しいですね。それは将来の財産になる事は間違いありません。甲子園でのご活躍を祈願致します!!

◎7/27
今大会は曜日の問題もあり決勝大会はとうとう観戦に行く事が出来ませんでした。せめて決勝を土曜にしてくれれば良かったのですが、、、。
ここまでの戦力比較では下関国際は145-50(.345)36回30安27振18球、宇部鴻城は141-47(.333)35回31安25振20球で、宇部鴻城は昨日の試合で打率を上げてきましたがそれまでは打てていません、これが本物なのかどうかはフタを開けてみないとわかりません。下関国際は4戦ともに二桁安打と好不調の波が今大会はありません。下関西、高川学園の好投手を攻略しています。積極的な走塁が目に付くのですが、これは成功失敗紙一重といったところですが、その姿勢は評価出来るところでしょう。底力という面では宇部鴻城に一日の長があるかも知れませんが、ここは若い下関国際に経験を積む意味で甲子園に行ってもらい今後に繋げて山口県球界を引っ張っていってもらいたいと個人的には思います。

◎7/26
下関国際、スコアは延長の末での勝利ながら勿体ない走塁ミスが目立ちましたね。決勝戦では少しのミスが命取りになりますので、ムダなミスはなくして欲しいところです。常に全力疾走を怠らない事ですね。6回表のプレーがいい例でした。それとここにきて守備に綻びが見えてきていますので気をつけたいところですね。タイムリーエラーがありましたので。決勝の先発は恐らく植野でしょうから守備陣はしっかり守って欲しいですね。

◎7/23
ベスト8の地区予選成績
★下関国際67-21(.313)16回14安12振8球
★高川学園83-29(.349)22回14安15振3球
★宇部商86-32(.372)25回22安14振5球
★熊毛南64-17(.266)18回13安3振9球
★徳山商工65-21(.323)18回14安17振11球
★豊浦106-38(.358)27回32安9振14球
★岩国商76-28(.368)20回14安8振3球
★宇部鴻城68-18(.269)18回13安16振8球

宇部鴻城と徳山商工は3大会連続ベスト8以上、岩国商、下関国際、熊毛南は2回目、高川学園、豊浦、宇部商は初めてという事になります。
この8校の中で一番不気味なチームは高川学園、昨夏代表で直前の私学大会でも優勝、地区予選3試合とも投打のバランスが取れているようです。春季大会は2-4で徳山商工に敗戦、秋季大会は1-2で柳井学園に敗戦と何れも惜敗しています。
完全優勝を狙うセンバツ大会出場の宇部鴻城は課題の打力がもう一つ上がってきていません。準々決勝の相手は春季大会の決勝で争った岩国商、その時は7-0で宇部鴻城が勝っていますが、強敵柳井学園に逆転勝ちして波に乗るだけに縺れた試合になりそうです。
下関国際、徳山商工は下馬評通りの安定さを発揮して順当勝ち、特に下関国際は春に抑えられた下関西・遠山を打ち崩しての進出だけに高川学園戦は面白い試合になりそうです。

◎7/22
ベスト8が出揃いました。第一シード校は全て勝ち上がっています。やはり実力が安定しているようです。

◎7/21
ベスト16が出揃いました。シード校は5校勝ち上がっています。
自分の予想は◎6〇6▲0△3-1となっており、◎〇の組み合わせは4試合ありますので、まずまずの結果でしょうか。宇部鴻城と比べて昨夏代表の高川学園に勢いがありますね。明日の代表決定戦は熱戦が期待されますね!!

◎7/19
今日は第一シード校が全て登場しました。これでシード8校のうち7校が勝ち上がりました。危なげなかったのは下関国際、徳山商工でしたが、熊毛南は終盤で3点差を引っ繰り返しました。気になったのは宇部鴻城、美祢青嶺の竹田は好投手ですが、4点しか奪えずスコアも4-2の接戦、最終回の1失点も気になるところですね。

◎7/17
今日は休養日です。昨日取り上げた下関中央工が最後の夏の1回戦を見事に勝ちました。そして2回戦の相手は好投手・遠山を擁する下関西との対戦となります。この両校、今から12年前、丁度ブログを始めた年にライバル関係にありました(私見)。
★磯部は勝ち、藤田は死球に泣く!!/★磯部の夏は続く!!/★好投手磯部無情の雨に泣く!!
この年の代表校は宇部商、投打に全国レベルにあり、県レベルも高い年でした。甲子園大会でもベスト4まで勝ち上がりますが、県勢最後の活躍した年となっています。
下関西VS下関中央工の対戦実現という事で12年前を思い出しました。

◎7/16
大会2日目、1回戦です。今日は今大会で最後の出場となる下関中央工が登場します。過去3度準優勝がありますが後一歩で甲子園を逃しました。平成6年、平成10年、平成13年でした。平成17年は準決勝で敗れていますが、数々の名勝負を繰広げてくれました。今大会での戦いぶりに注目しています。★平成10年

◎7/14
早いものですね~、明日から開幕です。今年はどんな大会になるのでしょうか。昨年は結構観戦出来ましたが、今年は曜日的に決勝大会の観戦は0になりそうです。もう少し曜日を考えてくれれば助かるんですけど、、、。梅雨明けも間近みたいなので順調に日程が進む事を願っています。

◎6/24
シード校です。
岩柳地区/熊毛南・岩国商
防徳地区/徳山商工・華陵
山宇萩地区/宇部鴻城・西京
下関地区/下関国際・厚狭
下関地区の第2シードは厚狭でした。
組み合わせが決定しました。
ノーシードでの有力校が結構固まったという印象ですね。早鞆-豊浦、南陽工-桜ヶ丘の組み合わせとなりました。柳井学園は岩国商のブロックに入り順当なら3回戦で対戦、高川学園は初戦勝てば南陽工-桜ヶ丘の勝者と対戦、岩国は初戦勝てば徳山商工との対戦となります。各ブロックの予想はまた後日。

◎6/19
組み合わせ抽選会は6/24に行われます。
ヤグラを載せました。但しシード校はあくまでこちらのポイント計算で便宜上シード校としています。正式発表されたわけではありませんので悪しからずご了承下さい。抽選日に発表となります。
岩柳地区/熊毛南・岩国商
防徳地区/徳山商工・華陵
山宇萩地区/宇部鴻城・西京
下関地区/下関国際・長門or厚狭
下関地区の第2シードが現時点私はわかりません。有力校でノーシードは柳井学園、光、岩国、桜ヶ丘、高川学園、南陽工、宇部商、慶進、早鞆、豊浦なので、どこのブロックに入るかで戦況は大きく変わってきそうです。


◎山口大会
◎決勝大会7/24,25,26,28
★西京スタジアム

◎7/24
★準々決勝
下関国際4-0高川学園
山口版機動破壊の高川学園でしたが、下関国際・鶴田を攻略する事が出来ませんでした。下関国際は下級生が主力の若いチームですが、総合力は高いですね。三遊間の守備は特筆ですね。
宇部商10-4熊毛南
◎7/25
徳山商工4-2豊浦
岩国商5-6宇部鴻城
宇部鴻城は最大4点差を付けられたのですが、最後の最後はサヨナラ本塁打で決めるなど底力はあるようです。ただエース早稲田の調子はもう一つですね。
◎7/26
★準決勝
下関国際8⑪7宇部商
点の取りあいになりましたが、下関国際が8,9回で追いつき、延長戦の末、宇部商を振り切り2年ぶりの決勝進出を決めました。下級生中心のチームで試合毎に力を付けてきた感じがします。新チームになれば当然優勝候補の筆頭になるわけですが、個人的には今年このチームで甲子園に行って欲しいですね、若いチームだけに可能性を感じます。
徳山商工7⑧14宇部鴻城
打線が今一つの宇部鴻城でしたが、今日は機能したようですね。ただ投手は失点も多くチームとしてのバランスはもう一つですね。力は県内一というのは認めるところですが、決勝に向けて修正が出来るかどうかですね。
◎7/28
★決勝
下関国際4-3宇部鴻城
好試合でしたね。下関国際は昨秋から見ていますが打力の向上が目立ちましたね。やはり若いチームだけに伸びしろがありましたね。下級生が多いチームですが1年生から出ている選手が多いので経験豊富でしたね。宇部鴻城は課題の打力が伸びていませんでした。自慢の投手陣の伸びませんでした、それでも勝ち続けるあたりの底力は流石でした。これまでの県勢は公立が引っ張ってきました。圧倒的に学校数が多いのですが、これからは私学が引っ張って行く時代になりました。今や野球後進県となってしまっている県勢ですが強い私学が出現する事で全体の底上げを望みたいところですね。この両校にはそれが期待出来ます。

◎長門部予選
★ユーピーアールスタジアム

◎展望
★Hブロック
◎宇部鴻城〇山口県鴻城△山口
ここは宇部鴻城が抜けている。山口県鴻城は私学大会で主力を欠いているとはいえその宇部鴻城を完封して自信をつけているが、本番でどこまで。
★Cブロック
◎西京〇萩商工▲慶進△宇部商
春季大会ベスト8の西京は初戦の慶進戦がポイントか。順当なら2回戦で宇部商戦となり難敵が続く。萩商工は順当に3回戦進出か。
◎7/15
★1回戦
萩商工5-4香川
小野田工10⑧3西市
◎7/16
美祢青嶺10-4宇部西
山口5-10
山口県鴻城8⑦1小野田
◎7/18
西京2-1慶進
宇部商9⑦2宇部工
◎7/19
★2回戦
美祢青嶺2-4宇部鴻城
山口県鴻城11⑧4萩
◎7/21
西京1-7宇部商
小野田工7-8萩商工
◎7/22
★3回戦
宇部鴻城7-1山口県鴻城〇
宇部商9-6萩商工〇

★下関球場

◎展望
★Aブロック
◎下関国際〇下関商△下関西、宇部
下関国際は新チームでは間違いなく優勝候補筆頭と見ているが今期も強い、取りこぼしなく勝ち進んで欲しい。下関中央工は最後の夏、過去数々のこ好チームを作ってきたが準優勝3回で甲子園まで後一歩だった。最後の大会の戦いぶりに注目したい。下関商、下関西、宇部もまとまりがある。
★Fブロック
◎早鞆〇長門▲厚狭△豊浦
早鞆は昨年度は秋春制して優勝候補の筆頭だったが、本番では長門に足元を掬われた。今年はもう一つの戦いぶりが続いているが期待したい。長門、厚狭は春季大会ベスト8で勢いがある。豊浦も力があり混戦模様。
◎7/15
★1回戦
早鞆7-10豊浦
どうした、早鞆!!この試合5回まで観戦、その後追い上げて7-7まで持ってくるも最終回に突き放されて短い夏は終わりました。早鞆の先発は1年生大会の優勝投手の永井でしたが立ち上がり捉えられあっという間に4失点、その後立ち直りの兆しを見せましたが5回にも失点を重ねます。今年は投手力がもう一つでしたね、、、。5回までで攻撃面で残念な面が2度ありました。3回二死満塁3-1の有利なカウントで割と難しいボールに手を出して左飛、好打者の岩崎だったたげに惜しまれます。それは仕方ないとしても5回の攻撃は不可解。一死二三塁、打者は再び岩崎。ここで何を思ったか二塁走者が三塁に走ってしまいます、まさかWスチールのサインが出ているとは思えず、???そして占有権のある三塁走者は塁を離れてしまいタッチアウトのWプレー、いったいどうしてしまったんでしょうね。そのプレーを見て帰ったのですが、その後同点に追いつく粘りは見せたようですが、畑村が打たれて負けたのでは仕方ないでしょう。畑村の背番号は20、調子が上がっていなかったのでしょうね。
下関工・工科7⑧0下関中等教育
◎7/16
宇部5-4豊北
下関西2-0大津緑洋
下関中央工4-1下関商
◎7/18
響1-5厚狭
長門9⑪6宇部高専
◎7/19
★2回戦
下関国際9⑦0宇部
下関西2-1下関中央工
◎7/21
長門5-0厚狭
豊浦5-3下関工・工科
◎7/22
★3回戦
下関国際8-3下関西△
緊急呼び出しがあって3回までしか観戦が出来ませんでした。下関西・遠山を初めて見ましたが140km/h弱の速球を投げていましたが、下関国際打線が一枚上手でしたね。ただ前半に走塁ミスが見られましたので上位進出の課題となりそうです。次は高川学園戦、昨夏代表でここにきて急激に強くなっていますので下関国際としましては正念場となりそうです。
〇長門1-4豊浦

◎周防部予選
★ビジコム柳井スタジアム

◎展望
★Dブロック
◎光〇熊毛南▲防府△岩国工
昨秋準Vの熊毛南と光の争い。1回戦の防府VS岩国工はこ好カード。公式戦初参加の誠英の戦いぶりに注目。
★Gブロック
◎柳井学園〇岩国商△周防大島
ここは岩国商と柳井学園の一騎打ち。ここを勝ち上がると決勝大会の初戦が順当なら宇部鴻城との戦いになるため注目されるブロック。
◎7/15
★1回戦
大島商船4-3光丘
柳井学園9⑦1柳井商工
◎7/16
防府1-3岩国工
徳佐0⑤19
誠英1⑦11高森
◎7/18
岩国商11⑤1下松
周防大島5-6高水
◎7/19
★2回戦
岩国工4-6熊毛南
高森3-6
◎7/21
岩国商10⑤0高水
柳井学園8⑦1大島商船
◎7/22
★3回戦
熊毛南6-0光◎
岩国商4-3柳井学園◎

★津田恒実メモリアルスタジアム(周南市野球場)

★Eブロック
◎徳山商工〇柳井▲岩国△新南陽
実力安定している徳山商工のポイントは2回戦、ここを勝てれば一気に浮上しそう。岩国は強いのか弱いのか今一つわからないところもある、近年は以前ほど強くないのは確か、時代の流れを感じる。
★Bブロック
◎高川学園〇華陵▲桜ヶ丘△南陽工
昨夏代表の高川学園がここにきて強くなってきており、混戦を勝ち上がりそう。華陵、桜ヶ丘、南陽工が追う展開になりそう。
◎7/15
★1回戦
岩国総合2⑧11高川学園
南陽工15⑥5桜ヶ丘
◎7/16
聖光6-4岩国
徳山高専3-5新南陽
防府西6-11柳井
◎7/18
徳山4-2華陵
下松工2⑦9防府商工
◎7/19
★2回戦
徳山商工5-1聖光
新南陽0⑥10柳井
◎7/21
防府商工5⑭8徳山
高川学園9⑦0南陽工
◎7/22
★3回戦
徳山商工7-2柳井〇
-徳山0⑦7高川学園
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 第99回全国高校野球選手権大... | トップ | 第99回全国高校野球選手権大... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみです (みのみん)
2017-06-24 21:03:14
こんばんは、馬球管理人さん。
早速組み合わせ有難うございます。

今日仕事中も組み合わせ気になって
いました。
下関国際の戦いぶりが楽しみです。
「気迫」で勝ち進んでほしいです。
いよいよですね。 (馬球管理人)
2017-06-24 21:10:20
みのみんさん、こんばんは。

いよいよですね、組み合わせ的には準々決勝の相手がポイントになりそうですね。期待しています。
残念です・・・ (みのみん)
2017-07-15 22:46:44
こんばんは、馬球管理人さん。
今日は、観戦お疲れ様でした。

今日は、家庭サービスで
10時頃球場に立ち寄り
パンフレットだけ買って
球場を後にしました。

早鞆まさかの敗退・・・
畑村投手ですが、今後の課題
多彩の変化球をマスターすれば
今以上にストレートが
生きるでしょうね。

今大会、下関地区頑張って
ほしいです。

下関国際の観戦に行きたいのですが
19日は、勤務で行けません。
勝ってほしいです。22日は夜勤の入り、19日勝てば行く予定です!



昨日は暑かったですね~。 (馬球管理人)
2017-07-16 07:01:28
みのみんさん、こんにちは。

昨日の暑さは尋常ではなかったですね。年々暑くなっていますね。
5回の早鞆の拙攻を見て勝ち目がないと思い、暑い事もあり帰ったのですが、その後反撃して同点まで追いついたのですが、最後の最後で突き放されましたね。状態がわからないので何とも言えませんが伸び悩んでてるんでしょうか。

国際には頑張ってもらいたいですね。上位進出を期待しています。
ベスト4 (みのみん)
2017-07-25 17:48:08
こんにちは、馬球管理人さん。
昨日下関国際の勝利
昨晩、嬉しくてワクワクして
眠れませんでした(苦笑)

馬球管理人さんの言う通り三遊間の
守備素晴らしかったです。
おまけに強肩!

投打共好調な下関国際!
明日の準決勝で戦う宇部商
粘り強い印象があります。

下関国際、地区予選から
昨日のような戦いをすれば、
勝機があると思います。
優勝目指して!! (馬球管理人)
2017-07-26 06:07:49
みのみんさん、こんにちは。

若いチームでありながら、洗練された守備は素晴らしいですね。本当に強くなりましたね。
1年生も活躍しているようで、皆で盛り上げているようですね。

優勝目指して頑張ってもらいたいですね!!
野球部OB (みのみん)
2017-07-29 00:43:47
こんばんは馬球管理人さん。
下関国際、横綱の宇部鴻城に
勝利しました。

12期生として、大変嬉しく思います。
馬球管理人さん、お祝いの言葉、誠にありがとうございます。

勝敗にこだわらずに、甲子園球場のグランドで野球を楽しんで来てほしいです。

おめでとうございます!! (馬球管理人)
2017-07-29 06:14:25
みのみんさん、こんにちは。

おめでとうございます!!
若いチームで行けるところに意義があります。今後は甲子園の常連になるべく頑張ってもらいたいと思います。
県全体のレベルを上げるためには継続的に強いチームが必要です。

甲子園での活躍を楽しみにしています!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

野球」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事