馬球1964

無断リンク厳禁!!競馬一口と野球+映画に、ノニト・ドネアjr.選手&家族公認日本FC会長(笑)

映画「カーテンコール」観に行ってきました!!

2005-09-18 22:13:12 | 映画・テレビ
昨日9/17より先行公開されています映画、「カーテンコール」を観てきました!!

全国に先駆けての先行公開、地元を舞台にした映画という事で早速観にいきました。さすが地元が舞台とあって、いつもよりかは観客の入りは良かったと思います。最近はTV,VIDEO,DVDの普及で観客が減っているという声をよく耳にしますが、映画館で見る映画ならではの良さがあると思っています。

これから観に行かれる方がたぶん、いや間違いなくいらっしゃると思いますのでネタばらしはできませんが、今日観た感想は、正直終わった直後は「 ? 」でした。
それが時間が経過するにしたがって「じわ~とした感動」が心の中で湧き出しているのがわかりました。「昔のなつかしさ」「家族愛」、現代では忘れかけられているものがこの映画では思い出させてもらえるといった感じがしました。たぶん最初の「?」の感想は、自分が想像していた展開と違った展開になったためのものだったからでしょう。
        
ぜひ、皆様も機会がありましたら、御覧下さい!!

次回公開作のチラシがいくつかありましたので、持って帰りました。




面白そうな映画はあったでしょうか?
コメント (21)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 頑張れ!!マイネソーサリス(秋... | トップ | 「ライトハウス厩舎」「ツッ... »

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ま・ね・ふく)
2005-09-19 21:00:04
トラックバック、ありがとうございました。わたしのブログ、6月からやっていますが、初めてTBいただきました。うれしいです。『カーテンコール』は下関・北九州の人たちの共通の話題になりそうですね。これから全国公開でもヒットすればいいなと思います。
いらっしゃいませ (MIYAUCHI)
2005-09-19 21:39:33
ま・ね・ふくさん、こんばんは。

地元が出る映画はまた格別なものがありますね。

あの映画館は、今でも実在するのですね。

本当の「町の映画館」といった感じがして

ほのぼのしますね。

又、遊びに行かさせていただきますね。

これからもよろしくお願いします。
カーテンコール (akihonma)
2005-09-19 23:37:45
MIYAUCHIさん、こんばんは。

なんと言っても山口県出身の佐々部清監督ですからね。私はカーテンコールを見に行くことはできませんが、応援をしていきたいと思います。

ではでは。
一緒に応援しましょう (MIYAUCHI)
2005-09-20 06:39:04
akihonmaさん、こんにちは。

地元出身、地元の映画、これからも

応援したいと思います。

機会あればぜひ御覧になって下さいね。
ありがとうございます (poko)
2005-09-21 23:40:34
トラックバック、ありがとうございます。

私はすっかり佐々部清監督にはまってしまった一人です。

「カーテンコール」山口県内10万人動員を目指しているそうです。

いい映画ですから、きっとたくさんの方が観られることと思いますが、ぜひとも目標達成して欲しいと思います。

遊びに来ました♪ (chiineko)
2005-09-22 00:04:13
先日はご来訪ありがとうございました!



早速遊びに来ました。



カーテンコールは、ぜひもう一度映画館に観に行きたいと思ってます。

それにしても鶴田真由さんの存在感には驚きですよ。

すごい!
いらっしゃいませ!! (MIYAUCHI)
2005-09-22 06:03:45
>pokoさん、こんにちは。

そういう計画があるのですね。実現するといいですね。結構、何回も観に行く人が多いかもしれませんね。私も又、観にいきたいと思っています。



>chiinekoさん、こんにちは。

鶴田真由は光っていましたね、いい女優さんですね。

私も又、観にいこうと思っていますが、違った感動に出会える気がしています。
TBどうもでした! (emotion)
2005-09-23 03:17:57
MIYAUCHIさん、こんばんは!

TBどうもでした(^^♪



実はTB頂く前に、MIYAUCHIさんのブログでチェック済みでした(*^^)v



たまに覗きに来てました(笑)



地元先行上映とはいいですね。



この映画は是非とも観たいと思っています。



またお邪魔しまーす。
ありがとうございます (MIYAUCHI)
2005-09-23 16:10:13
emotionさん、こんにちは。

御訪問ありがとうございます。

ぜひ観てください。

きっと感動するとおもいます。

今日は浜省のコンサートですね!!
Unknown (furufuru)
2005-09-27 23:21:55
TB&コメントありがとうございました。

映画館の場所、訂正しておきました!!

ありがとうございます!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画・テレビ」カテゴリの最新記事

20 トラックバック

まちの小さな映画館 (まちづくりストーリー)
以前「元祖」まちの駅でも書きましたが、わたしが生まれた昭和40年代の北九州・八幡...
カーテンコール (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「カーテンコール」の感想です
韓流なんて言うけれど・・・ (幻想軌道広報)
9/17から山口・小倉で先行上映された 「カーテンコール」を見に行きました。 (←店内には大きな飾りが・・・) (チラシとフリーペーパー) 前回が初々しい役者陣で構成されていたのとうってかわり、 今回は渋くベテラン陣で固め、吉本の人気俳優・藤井隆君の
「カーテンコール」主役は映画館! (新作映画ピンポイント情報)
  「カーテンコール」は、映画全盛の昭和30年代、上映の合間に舞台で客席をわかした、幕間芸人にスポットをあてた感動のドラ
映画 「カーテンコール」 (ようこそMr.G)
映画 「カーテンコール」 の試写を トーキョーシネマショーのイイノホールにて。
『カーテンコール』平々凡々に淡々と生きてゆく。でもそこに劇的... (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
派手な演出も催涙系の劇的などんでん返しもない。でも気がつくと頬がたくさんの涙で濡れていました。…他人の人生にふれることで見えてくるものの数々。お話ししたいことがたくさん見つかる、心にしみる映画です。
『 カーテンコール  』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 カーテンコール  』  [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本   【11月12日ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:佐々部清 脚 本:佐々部清 カーテンコールメイキング 佐々部清監督と昭和ニッポンキネマ [ キャスト ] 伊
「カーテンコール」試写会 (ミチミチ)
「カーテンコール」 監督・脚本 佐々部清 CAST 伊藤歩/藤井隆/鶴田真由・・・ story  東京の出版社で働いている香織。異動で福岡のタウン誌へ。故郷である下関の映画館”みなと劇場”の取材へ行くことに。かつて映画娯楽が全盛期のころ、幕間芸人がいた。彼らは歌を
「カーテンコール」@イイノホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
本日2作目です。なぜか今日は腰が痛くて座ってるのが辛かった。歳かしら…けどイイノホールはキレイな会場なのでそれだけでも感謝しなくては☆今回は、はっぴを着た配給会社コムストックのお兄さん登場。ばっちりカンペを持っているのに「えーっと…」って感じの大連発。慣
カーテンコール(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】佐々部清 【出演】伊藤歩/藤井隆/鶴田真由/奥貫薫/井上堯之/藤村志保/夏八木勲 【公開日】2005/11.12 【製作】日本 【ス
カーテンコール (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
「ニューシネマ・パラダイス」のような作品と思っていたのですがイメージと違いました。作品に散りばめられたものはどれも良いのにそれを活かしきれていないというのが勝手な意見。勿体ないという一言に…惜しい作品です。
「シビアな問題」は必要だったのか?◆『カーテンコール』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月15日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 香織(伊藤歩)は東京の出版社で、写真週刊誌の契約記者として働いていた。スクープ写真をモノにし、これで正社員になれると思って喜んでいたのも束の間、写真を撮られた女優が自殺未遂を起こし、それがきっかけで故郷の下関に近い.
カーテンコール (かりめろ日記)
■観覧場所  名演小劇場■ ■監督・脚本  佐々部清■←04〔半落ち〕,05〔四日間の奇蹟〕公開 ■CAST 伊藤歩 藤井隆 鶴田真由 奥貫薫 ほか■ ■あらすじ■ 昭和三十年代の下関。映画上映の幕間に、歌や物まねなどを行う芸人、安川修平(演 藤井隆)は、屈託
『カーテンコール』 (京の昼寝~♪)
お父さん、あなたの昭和は幸せでしたか? ■監督・脚本 佐々部 清■原案 秋田光彦■キャスト 伊藤 歩、藤井 隆、藤村志保、鶴田真由、奥貫 薫、夏八木 勲、田山涼成、津田寛治、井上堯之、橋 龍吾、伊原剛志、水谷妃里 □オフィシャルサイト  『カーテンコール』 東
「カーテンコール」 藤井隆、買い! (アタマにシャンプー、ココロにシネマ。)
☆☆☆ この映画って、現在のシーン、必要?それより回顧シーンの 藤井隆をもっと見
カーテンコール (はむきちのいろいろ日記)
東京の出版社に勤める香織は、ある事件がきっかけで福岡のタウン誌に異動を命じられる。彼女の担当は読者から投稿された“懐かしマイブーム”を取材すること。送られてきたハガキの中から、一通を選び出した香織。それは、「昭和30年代の終わりから40年代中頃まで、下関の映
『カーテンコール』 (ブログ日和。)
新宿シネマミラノにて。おっさん、おばさん、じいさん、ばあさんだらけ。『Always~』より数年後の時代から現代の下関が舞台。 昔の映画館にいた幕間芸人のお話し。地域の邦画の映画館がお客さんでいっぱいになった時代。映画館のバイトとしては、なんだか憧れる。今の映画
カーテンコール (toe@cinematiclife)
昭和30年代から40年代にかけて、映画の休憩時間に歌を歌ったりする芸人さんがいたのですね。 私、そんな人の存在すら知らなかったよ・・。 これは、そんな芸人さんの昔と今を描いているお話。 その背景にある人の人情や悲しさを描いた話ではあるけれど、全体的に物足りなさが
NO.136「カーテンコール」(日本/佐々部清監督) (サーカスな日々)
30年のわだかまりの歳月も、 ひとつの歌が溶かしていく。 この映画だけは「座布団シネマ」ではなく、映画館で観たかった。もちろん小奇麗なロードショーのかかる映画館ではない。ちょうど、この「カーテンコール」の舞台となった下関に当時7館あった映画館のような場所で。
カーテンコール (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  若い頃は良く歌舞伎町で遊んだものだ。  この街には映画館や酒場はもちろんのこと、ゴーゴークラブやダンスパブ、ゲームセンター、トルコにキャバレー、のぞきやストリップ小屋などが立ち並んでいた。果ては赤線崩れの立ちんぼに、ポン引き達の群れ、 ...