【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

【ジェイエス秋季繁殖馬セール2023】の追加上場馬が発表(シゲルピンクダイヤなど)

2022年12月24日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
株式会社ジェイエスは2022年12月22日(木)、来年2022年1月25(水)に開催を予定している【ジェイエス冬季繁殖馬セール2023】(JS Company Winter Broodmare Sale)の「追加上場馬」を発表しました。
2019年のG1-桜花賞でグランアレグリアの2着となったシゲルピンクダイヤ(No.13、モーリス受胎)など5頭が追加され、30頭(受胎馬14頭・空胎馬7頭・未供用馬9頭)がラインアップされています。
30 broodmares catalogued for 2023 JS Company Winter Broodmare Sale.
開催概要や上場馬情報はこちら

【ジェイエス・冬季繁殖馬セール2023の開催概要】

 ■開催日:2023年1月25日(水)

 ■時間:開場~13:00セール開始~14:00

 ■開催概要や上場馬情報は特設ページへ

 ■開催場所:北海道市場(新ひだか町静内神森175-2)

 ■主催:株式会社ジェイエス(TEL: 0146-42-2544)

 <上場に関するお問い合わせは>
  「株式会社ジェイエス」
   〒056-0016
   北海道日高郡新ひだか町静内本町1-2-1
   TEL(0146)42-2544 FAX(0146)43-3700
   ⇒開催概要はこちら



※前回の結果
【ジェイエス・冬季繁殖馬セール2022-繁殖馬(1/26)】
■上場頭数:22頭(受胎馬8頭、空胎馬14頭)
■落札頭数:17頭(受胎馬5頭、空胎馬12頭)
■売却率:77.27%(受胎馬62.50%、空胎馬85.71%)
■売却総額(税別):112,020,000円(受胎馬22,100,000円、空胎馬89,920,000円)
■平均価格(税別):6,589,412円(受胎馬4,420,000円、空胎馬7,493,333円)
■最高価格(税別):66,000,000円(No.206-ノーワン)
父ハーツクライ 母プレイガール(母父Caerleon)
落札者:ポリッシュホースメイト
販売者:ハナズリトルファーム


2022年度の結果レポートへ

同セールは1979年、競走生活を終えた牝馬にも価値があることを知らしめることを目的にスタートしたのが最初と言われており、現在は年2回(秋季・冬季)開催されています。
出身馬には、牝馬三冠を無敗で制したデアリングタクトの母デアリングバード、Jpn1-全日本2歳優駿や東京ダービーを制したアランバローズの母カサロサーダ、G1-天皇賞を制したマイネルキッツの母タカラカンナや、G1-朝日杯フューチュリティSを制したセイウンワンダーの母セイウンクノイチ、G1-NHKマイルカップを制したグランプリボスの母ロージーミスト、G1-シンガポールゴールドCを2連覇したエルドラドの母ホワイトリープ、BCLクラシックなどの勝馬アンジュデジールの母ティックルピンク、G1-JBCLクラシックの勝馬ホワイトフーガの母マリーンウィナー、G1-東京大賞典連覇やG1-帝王賞の勝馬オメガパフュームの母オメガフレグランス、G1-川崎記念の勝馬フィールドルージュの母メジロレーマー、JG1-中山グランドジャンプなどの勝馬アポロマーベリックの母オメガファスター、JG1-中山グランドジャンプなどの勝馬オジュウチョウサンの母シャドウシルエットなど、多数の活躍馬の母が取引されています。
ちなみに冬季のセールは、「未供用馬や現役引退予定馬にも売買される機会を作る」という目的で2008年1月に初の試みとして開催され、「牝馬を買って走らせた後に、繁殖馬セールで売却する」という所有スタイルの確立、ひいては「牝馬需要」への拡大に繋がれば、と期待されています。
同セールの過去の結果情報などはこちら

 <参考>
  ・株式会社ジェイエス

by 馬市ドットコム

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2021年欧州ファーストクロッ... | トップ | JRA競走に勝ったセール出身馬... »
最新の画像もっと見る

サラブレッドセール(セリ市場)情報」カテゴリの最新記事