【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(せり市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

【千葉サラブレッドセール】の「2023年度開催日」が発表

2022年12月29日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
千葉県両総馬匹農業協同組合は2022年12月28日(水)、同組合が主催する【千葉サラブレッドセール(Chiba Thoroughbred Sale、2歳、Two-Year-Olds)】「2023年度開催日」を発表しました。
Chiba Thoroughbred Sale announces Sale calendar for 2023 season.

【千葉サラブレッドセール2023の開催概要】

 ■開催日:2023年5月12日(金)

 ■時間:公開調教-未定、セリ開始-未定

 ■前日下見:5月11日(木)

 ■開催場所:船橋競馬場(千葉県船橋市若松1丁目2番1号)

 ■主催:千葉県両総馬匹農業協同組合(Tel:0476-93-1008)

  <千葉サラブレッドセールに関するお問合せ先>
   千葉県両総馬匹農業協同組合
   住所:千葉県富里市十倉一番地
   Tel:0476-93-1008 Fax:0476-92-2985

船橋競馬場を利用して開催される2歳トレーニングセール。
(※1歳市場は2011年まで実施されていましたが、2012年度以降廃止)
1996年から千葉県富里市場で行われていた「両国3歳市場」が前身で、2003年から船橋競馬場に舞台を移して開催されるようになりました。
2009年度からは、社台ファームが市場を支えるスタイルとなり高額取引馬が続出、購買層からは「血統レベルが高い2歳セール」として評価されています。
2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止を考慮し中止、2021年度は、JBIS特設サイトを使用してのオンラインオークション開催となりましたが、ドーブネが4億7,010万円で落札されるなど売却総額歴代1位を記録しました。
同セールの活躍馬には、G1-東京大賞典を4連覇したオメガパフューム(2017年取引馬)、2022年度G2-京都新聞杯をレコード勝ちしたアスクワイルドモア(2021年取引馬)、2018年度G3-キーンランドカップを制したナックビーナス(2015年取引馬)、2017年度G3-キーンランドカップを制したエポワス(2010年取引馬)、2015年度G3-毎日杯を制したミュゼエイリアン(2014年取引馬)、2014年度G3-フェアリーステークスを制覇したノットフォーマル(2014年取引馬)などがいます。

<参考-2022年度の成績>
【千葉サラブレッドセール2022】- 2022/5/16開催(再上場:5/17実施)
■上場頭数:58頭(牡33頭、牝25頭)
■落札頭数:58頭(牡33頭、牝25頭)
■売却率:100%(牡100%、牝100%)
■売却総額(税別):812,200,000円(牡477,300,000円、牝334,900,000円)
■平均価格(税別):14,003,448円(牡14,463,636円、牝13,396,000円)
■中間価格(税別):8,800,000円
■最高価格(税別):58,400,000円(No.23-フローラルカーヴの20)
牝 青鹿毛 2020/03/01生
父モーリス 母フローラルカーヴ(母父アグネスタキオン)
落札者:藤田 晋 氏
販売者・生産牧場:社台ファーム

横姿写真:上場馬名簿掲載時の横姿
同セールの年次推移など詳細情報ページへ

 <参考>
  ・千葉サラブレッドセール情報ページ

by 馬市ドットコム

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« JRA競走に勝ったセール出身馬... | トップ | セレクトセール出身馬【ウシ... »
最新の画像もっと見る

サラブレッドセール(セリ市場)情報」カテゴリの最新記事