ZAMACのフォト日誌

見て聞いた 四季の詩  
  Copyright (C) ZAMAC. All Rights Reserved.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新そば祭り 錦秋の山里で

2018-11-04 14:22:14 | 日記・エッセイ・コラム


● 11月3日(土)文化の日。どこまでも高い真っ青な秋空で、目の前に迫る周囲の山々は見事な紅葉に染まっていました。
ここは住所でいうと仙台市太白区秋保町馬場字野尻町で、仙台から山形市山寺に抜ける最短の県道沿いにある、30余軒が暮らす典型的な山里の集落です。

歴史的には 出羽の国に通う山寺街道を取り締まる、伊達藩最奥の二口番所(ふたくちばんしょ ≒ 関所)が置かれた地区なのです。この地はZAMACにとって一年になんどか撮影に通う慣れた道で、無意識に通過していたところ。なのに、今日は警備員が集落の交通整理をしているのはなぜだろう?   
のぼりと警備員の誘導で民家の狭い通路に車を入れてわかった。なんと「新そば祭り」が開かれていました。
会場は元、分校があったところだといいます。駐車の数はゆうに50台以上。テントが張られて人でにぎわい、音曲はないがお祭り気分。


● テントの受付で「そば券」代わりに黒色マーク(冷たいの意味)の「割り箸」を買い、列の最後尾に並んだまではいいのですが、その列はなかなか進みません。

お客様の人数に対してそば作りも茹で方も間に合わないのです。係りの方は「一生懸命打っていますので、もう少々お待ち~くださ~~い!」と。一度茹であがると10名程度分の列が縮まるものの相変わらず長蛇の列です。


わたしはこの最後尾に並んだのです。この左には温か麺を待つもう1列があるのです。



その間、わたしは列を外れてカメラウォッチングを開始。左手にあらかじめ求めて椀に入れた「てんぷら」を持ち、右手にカメラを持って取材を始めたものの、左手が使えないのでズーミングもボタン設定もできず困ってしまったのです。それを見かねた後ろのお客様が「てんぷらー。持っててあげるょー。」と実にありがたいお言葉です。


● そこからは責任者らしい方や、職人さん一人ひとりに撮影のお断りをしながら、話を聞いてはシャッターを切ることができました。


真ん中の方が主催者の責任者で、いろいろ説明をしていただきました。


相手をしてくださった係りの方々は「ここ野尻の夏はそばの花で真っ白ですょ。カメラマンも来るようになりました。」「そば打ちをやってもらっている方々は柏倉大先生指導の下、イタリアほか外国遠征もやって活躍をしているボランティアの方達ですょ」とか。当然、そばの打ち方、茹で方のコツまでいろいろなお話を伺うことができました。


主催者のロゴマーク(左)と職人さんのシャツの国際的?なマークです。

注 : お願いして背中を撮らせていただきました。マークにはない部分も含めて全部書くと、『のじり いぐする ばんどころ』と読みます。「野尻地区を良くする 番所」という主催者(町内会)の活動理念だそうです。


● そして別棟の入口のシャッターを持ち上げ、「そば打ち道場」に入れていただきました。
なんとそこは男たちの戦場のよう。しかし、大先生の声や冗談が聞こえて来るのに、その手さばきは流れるようで、じつに美しく「芸術」か「パフォーマンス」と言ってもいいと思います。


道場の中です。この手前と左にも打っている方がいますので5卓の作業台です。緑のハッピ姿は道場の大先生で、わたしに「どこから来たのー」と呼び掛け、つづけて「仙台から来たのか?」という。わたしは「そうで~す」と答えたものの、ここも仙台だと思うのですがね?



● そろそろ列は縮まり、ようやくわたしの番が来たのです。
インスタントのプラトレーに載った盛り付けは正直いただけないと思ったのですが、お祭りですから仕方なしです。

お味ですか? 
これは掛け値なしで説明しがたい「新そば」の微妙な香りと舌ざわり、のど越しの絶品でした。新そば粉の挽きたて、打ちたて、茹でたてって本当おいしいものでした。なかなか「三たて」に出会えることは少ないものです。そうそうボリュームが少なかったかなー。

そば大好き人間のZAMACにとっては、そば代金650円の100倍も楽しい秋晴れの一日でした。



   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この野尻の新そば祭りは一部しか書けませんでした。記憶のために詳細がわかる資料としてURLを記しておきます。

1.そば打ちをしていた職人さん達はボランティア活動でした。

〔宮城手打ちそば研究会〕 「仙台秋保そばフェスタ 2018」の様子。
http://www.miyagi-teuchi.com/wp/2018/06/20/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E7%A7%8B%E4%BF%9D%E3%81%9D%E3%81%B0%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF2018%E3%81%8C%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82/


2.野尻のそば祭りのホームページ

仙台秋保の「そば祭り2017」  昨年の様子。
http://www.miyagi-teuchi.com/wp/2017/11/11/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E3%81%82%E3%81%8D%E3%81%86%E9%87%8E%E5%B0%BB%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%9D%E3%81%B0%E7%A5%AD%E3%82%8A%E3%80%8D/







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« こどもたちと”ボレロ” | トップ |   

コメントを投稿