サイフォンの向こう側

現在休止中です

あげコーラ?

2006-10-27 | ニュースとかネットの話題とか。
えーと。向こうの人っていうのは、どんなに肥満が問題になろうとも、やっぱりこういうのが好きなんでしょうかねえ。
(^^;

米国で新しいファーストフード「フライド・コーク」(ロイター) - goo ニュース
ファーストフード大国の米国でこの秋、新たなメニューが登場し一部で注目を集めている。コンピューター・アナリストのアベル・ゴンザレスさん(36)が開発した「フライド・コーク」がそれ。

 米テキサス州のステート・フェアで披露された「フライド・コーク」は、コーラ味のシロップが入った生地をピンポン玉大に丸めて油で揚げたもの。それをいくつかカップに入れ、コーラ味シロップと生クリーム、シナモンシュガーをかけ、サクランボを盛り付けて完成となる。


・・・それが画像のシロモノなんですが・・・
まずそ・・・いや、色が色だけに、あんまり食欲をそそられない気がするのは私だけでしょうか(笑)
サクランボというか、多分ドレンチェリーじゃないかと思うのですが、なんとも毒々し・・・いや、強烈なインパクトを添えている。

同サイトによれば、ゴンザレスさんは同フェアで24日間に合計3万5000個の「フライド・コーク」を売り上げ、もっともクリエイティブな新作食品を考案したとして賞を受けたそうな。
ほへ~。おいしいのか?

カロリーは不明。しかし、製作者は現在ダイエット・コーラ版も試作中らしい。
意味あるのか?(笑)

画像はこちらのブログ(英語)からいただいてきたのですが、"a picture of the frightening concoction"って書いているのがなんともはや。「身の毛もよだつ混ぜ物の写真」って。
下のほうのコメントも読んでいくと、「揚げりゃいいってもんでもないよ~」というのがたくさん書いてあるんですが。実在するんだろうか。
「揚げオレオ」とか「揚げスニッカーズ」とかって(笑)

この記事についてブログを書く
« 世界ツボ会議 | TOP | ブラック・ダリア »
最新の画像もっと見る