横浜・港南台で学習や発達に心配がある子どもを支援する塾 びすぽうく

”教室の”困った”を”わかった!”へ。子ども・保護者・学校の先生、みんなが元気になれるために。経験をもとにしたつぶやき

「自分のものさし」で考える

2016-08-29 15:55:53 | 発達が心配
台風が近づいてきています。

横浜は今日で夏休みが終わる学校が

多いようです。

以前(・・・といってもずいぶん前かな・・・)

と比べて夏休みの日数が減っているような・・・。

でも、「宿題」は以前から減っていませんね

子どもたちに

「夏休み、長かった?」ときいてみると、

けっこう「うん。」という返事がきます。

宿題だけでなく、夏ならでの経験をした子が

多かったようです。



今日は、自分の中の「ものさし」の話。

何かを「判断」し、「行動に移す」ときの

「ものさし(判断基準)」

自分の生きてきた「経験」の中で学んできたもの

でできていると思います。

自分の中に「1本」しか「ものさし」がないと

すべてのことをこの「1本」ですませようとする。


ある人が以前

「~さんは、『引き出し』が少ないのよね~」と

言っていたのをきいて自分自身、「はっ」としました。

(「引き出し」=ものさし と読み替えると・・・)

どうしてもことにあたるとき、「自分の経験」に

頼りがちです。

いろんな人にいろんなことを言われたり、

本を読んでみたりしても

「なるほど」

とおもうまでに時間がかかる。

子ども自身が「やってしまった」ことを大人に叱責されたときに

不満そうな表情を浮かべていることがよくあります。

きっとその子どもの「ものさし」がまだ「短く」、

また「本数」が少なく、「硬い」のだと思います。

逆に言えば、

「多くのものさし」「「やわらかいものさし」

「長いものさし」


(いろんな巻き尺??)

がもてれば、生きやすくなっていくのかな、と

「自戒」をこめて思うこのごろです。

・・・まあ、「巻き尺」がありすぎて選ぶのに

困ってしまうのも考えものですがね


台風の被害がありませんように。


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついていることろをクリックしてください)
コメント

「休暇」は、心の「おそうじ」になります。

2016-08-16 16:09:41 | 発達が心配
台風が近づいてきているとか・・・。

むしむしする陽気です。

もう、「残暑お見舞い」になってしまいましたね。

横浜の公立学校では、先週から1週間ほど「閉庁」。

先生たちも「当番」を置かず、お休みです。

学校の「夏休み」も「サマースクール」や

「研修」「残務整理」「水泳大会の準備」

「秋の行事の準備」などで

先生は、けっこう忙しいのですが、そんな中

つかの間の「休暇」。

ゆっくりお休みされたでしょうか?



夕方だったので、ここまでしか見えなかったのですが、海中です。

学校によって夏休みの課題の量はいろいろですが、

子どもにとっても「勉強のない日」は大切です。

「な~んにもしない日」があってもいいのが

夏休みではないかと私は思います。

夏といえば、6月末あたりから「汗」がべとつき、

「いや~な気分」になってしまう子どもがいます。

かゆみ・気温(室温)・睡眠の状況・・・ならではの

いろいろな「身体」の「不快」で

「イライラ」が起きる。

大人や友達とのかかわりで

このイライラが出てしまい、またそれに対して

相手もイライラ・・・・。



「べたべた」には、気持ちのよいタオルか

ウエットティッシュ。

すごくかゆいときには、保冷材で冷やす。

こんな少しのことで気分が「リフレッシュ」

することもあります。

「生理的なもの」(もちろん、疲れも入ります)が

「イライラの原因」に意外と

なっていることに私自身、以前気が付いたことがあります。

自分で「今、体が~なこと(かゆい・

べたべた・睡眠不足で眠いとか)がいやな気分のもとなんだ


と気づくことで、「イライラ自体」もちょっと減ります!

からだも心も「解放」してゆったりする夏。

きっと秋から いいことありますよ


個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)


SMAP・・・解散ですか・・・。
コメント

夏休みの工作~段取りの練習になります!~

2016-08-09 18:32:30 | 発達が心配
夏休み早くも半ば・・・・

オリンピックも始まり、

宿題も一段落ついたころでしょうか。

夏休みの「自由研究」といえば、「工作」。

学校の授業では、みんなと一緒の「流れ」に

のって「なんとなく」できていたものが

「自分で」つくるとなると、???



正直にいうと、私自身、「最終日」に完成できず、

家族に「仕上げ」をしてもらった経験があります。

工作や、料理って「段取り」が大切ですよね~。

まず、

材料の見通し

なにが どれだけいるのか

また、費用はいくらかかるのか

次に

作り方の見通し

色塗りの順序(薄い色から、とか重なりを考えてなど)

切る順序・はる順序

組み立てる順序

そして

片づけの見通し

さらに

学校に提出するとなると

がんばったところなどアピール文をつけて

出すこともあります。

時間配分の見通し

も大切ですよね~。(私は全くできませんでしたが・・・)

何日前から始めていつ終わるという工程の見通しです。



2年生の「秋」から始まる「九九」。絵と式・式の意味などがマッチングできるカード。

1年生の「初参加」から少しずつ自分で

「考えて」つくる経験を積んでいくと

年々、レベルアップしていきます。

「失敗」も成功のもと。

私のように「ぎりぎり」から始めるのではなく、

1回うまくいかなくて作り直しても「間に合う」

時期から始めること。

この工作の「段取り」は、努力した分だけ「実」になります!

無理をせず、自分の力プラスアルファーのレベルから

ぜひぜひ取り組んでみてくださいね。



***個別学習塾びすぽうくのホームページへ(色のついているところをクリックしてください)***

8/10~8/16 休業いたします。

コメント