うきうき日和 日々のこと

旅行好きのうきうきと愛犬ぶーのブログ
韓国ミュージカルにはまっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4月16日(土)その6 終演後の劇場で・・・

2011年04月30日 06時03分08秒 | 芝居(韓国)

なんとなく人がたくさん・・・。


すると・・・
オケの方に混ざって・・・

チョン・ドンソク氏・・・



「サイン ジュセヨ」とある方が言ったら、それに答えていて、それでみんながドンソク氏の周りに・・・。
舞台で見ても背が高かったけれども、高~いです。

みんなに囲まれて・・・。
でも、丁寧にお一人おひとりにサインをしていらした・・・。


私もちゃっかり声をかけて、サインをいただきました。
ただ持っていたのは、旅行の時持ち歩いている小遣い帳とボールペンのみ。
わかっていたら、皆さんのように、プログラムとポスカを持ってきたのにな~。

名前を言うと、しっかり名前を書いてくれるのだけれども、私の名前は難しい。だから、

さんへになってしまっています・・・。
何度も聞かれたけれども、繰り返す勇気がなくて、
「日本人です」と韓国語で言って、驚かれたのだった



こちらでもファンに捕まっている方が・・・。



ルイーザをなさっていたハン・ジヨン氏
化粧の下の素顔はとってもかわいらしくて、私は劇団四季のある女優さんを思い出し、
『美女と野獣』の美女ができる!と思ってしまったのだった。


そして、

こちらでも囲まれているのは・・・ ミンチョル氏


思わず、私もサインをいただきましたが、やっぱり名前をはっきり言えなくて・・・。
にこっと笑われてしまったのだった・・・。




あれ???

ファンにもみくちゃにされているのは???




きゃ~~~~~、リュ・ジョンハン氏

あんなすごい舞台を終えたばかり(終演後まだ30分たっていません)なのに、
全員にサインをしていました。
しかも一人ひとりに名前を聞いて・・・。
途中で顔をあげて、「まだ、こんなにいるの???」と疲れた表情が見えました。
なのに、私もちゃっかりサインをいただいてしまったのだった・・・。
「あなたの名前は?」
「・・・」
?な顔をなさったので、「日本人です」と話したら、「もう一度言って」と言われたので、
ゆっくり、一文字ずつ話したら、なんとハングルで名前を書いてくださいました。



うう~~~、お疲れなのに、こんなにしっかり聞き取ってくださって、
もう感動で胸がいっぱいになりました。

リュ・ジョンハン氏、カムサハムニダ!!!




実は、マチネ終了時、ソンロク氏の出待ちをしたかったのですが、わからなかったんですよね、劇場出口。
こんなところだったなんて、なんだかずっこけました。

オク・ジュヒョン氏は出てこられたのか、わかりません。
悪3人組のほかのお二人もファンに囲まれていました。
ヘルメットを持っていたので、事故に気をつけて!と思わず言いそうになってしまいました。


出待ちをしようとしたわけではないけれども、もたもたしていたら、お会いできた。
終演後20分もしないうちに、こんなに早くに出てこられるんだとびっくり。
結果的に出待ち成功、サインを3人からいただき、興奮したまま地下鉄の駅に向かいました。

コメント

ソウルで買ってきたおにぎり その2

2011年04月29日 23時07分54秒 | 食べたもの

またまた懲りずに、空港内のセブンイレブンでおにぎりを買ってきた。
どれも700w(約56円)




メウン スコギ (辛い牛肉)


覚悟して食べたけれども、そんなに辛くはなかったですよ





プルコギ


韓国らしい味付けで、これ、日本でも定番にしてくれないかな~~~。




春川(チュンチョン)タッカルビ

ピリッと辛いけれども、ごはんとあって、おいしいです!!




辛いツナマヨ(でいいんですよね)


ツナマヨ+コチュジャンって感じ
こういうのもありかなと思ってしまった。



今回、お昼過ぎに買いに行ったので、ほとんど棚は空っぽ。
気合を入れて、まだ食べていない種類を今度は買ってこよう!!!
前回、ビビンパ系がおいしかったので。






ロッテスーパーで買ってきたのり巻きもおいしかったですよ。
疲れて買い物に行きたくなかったので、17日(日)の夕飯にしてしまったのであった。
コメント

素敵でしたね、ロイヤルウェディング

2011年04月29日 22時04分04秒 | ひとり言
イギリスの経済状態からいろんな意見がある中での挙式。
ダイアナ人の時とは、ウィリアム王子の立場が違うから質素といわれれば質素だけれども、
やっぱりおとぎ話を見ているようで、素敵でしたね。
なんとなく幸せを分けてもらえます。


イギリスもまた行ってみたくなってしまいました。
コメント

またまた・・・クリック

2011年04月29日 08時32分00秒 | 芝居(韓国)
明日まで『M!』のチケットが2割引だとわかり、
一応観られそうな日をクリック・・・。


2次発売を期待していたけれども、6月13日より、キム・ジュンス氏が登場。
4キャストになり、私の観たいキャストの日が弾丸観劇ツアーができるようになっていない
すみません、ファンの方


ということで、すでに発売されている日程のところを購入。
10列目??
城南アートセンターでは遠かったような・・・
ということで、サイドの席。
もう少し考えておけばよかった・・・。
(その週は出張が入っているので、行けるかも怪しいが・・・)


第3次発売を期待しよう。




ところで、忘れないようにメモ 
私の観たい演目と出演者
『M!』・・・ミン・ヨンギ氏(大司教)、チョン・ドンソク氏(タイトルロール)
『春のめざめ』・・・日程的に厳しいか・・・
『ジャック・ザ・リッパー』・・・どなたでも観たい!全キャストコンプリートをめざす???
『ヘドウィック』・・・キム・ジェウク氏(ミーハーです)
『ジキルとハイド』チョ・スンウ氏の回(全敗中・・・キャンセルでないかな~~、一応吠えておく)

どんどん発表される演目が、魅力的過ぎて、夏休みはソウル1週間滞在なんて夢を抱いている。
(台湾発券のチケット、無駄にならないように、台湾からソウルに飛ぼうかなとか、変なことも考えている)
コメント

4月16日(土)その5 ソワレ『モンテクリスト』リュ・ジョンハン&オク・ジュヒョン

2011年04月29日 05時25分16秒 | 芝居(韓国)

こんな張り紙・・・。
よくわからないけれども、MP3に落としたときに曲名がうまく入らなかったけれども、そのことかな・・・。






さて、この弾丸旅行のきっかけを作った『リュ・ジョンハン病』
ロビーにあった、お米の写真を撮ってみたりして・・・

かっこいい~~。歌が聞こえてきちゃうからかっこいいと思ってしまう。

さてさて、この舞台を観て、病気が収まってくれるといいのだけれども・・・。







今回、もう一人、気になった方・・・

アルバート役 チョン・ドンソク氏

いや~~~、アルバートがこんなに生き生きしていたなんて。
キム・デヒョン氏もいいと思った・・・かわいらしいところが。
でもね、ドンソク氏のアルバートは、ものすごく存在感があるんですよ。
特に、ローマに行けることになったとき、さりげなく母であるオク・ジュヒョン氏にキスしちゃうところとか、
その後のはしゃぎっぷりとか。

2幕最初のカーニバルのシーンでステージに上がるや否や、上手の客席に投げキッス。
もうファンの心理を心得ている!
魅せるんですよね・・・。
そして、歌もいい・・・。
日本に連れてきて、ラウルをやってもらいたい!というくらい。
(個人的な意見ですが、ラウル役に魅力的な方がいないんですよ)



今回、メルセデスにモンテゴが花束をあげるシーンで
あっけなくメルセデスが花束をベンチに置いちゃうんだけれども、
置き方が悪くて、転がってしまったのだった。
オク・ジュヒョン氏は気づかなかったのか、そのまま・・・。
でも、さりげなくミンチョル氏が拾っていた
すごく自然で、「なんだよ、こんな扱いか・・・」っていう感じに・・・。
さすがと思ってしまったのだった。



今回の特筆すべきは
1幕最後の歌・・・
3月終わりの時には楽譜どおりの歌い方でという感じで、丁寧かつ、でも、パワフルだった。

でも、今回は、どう切れてしまったのか、
エドモンドの怒りがそのまま歌になっていて、
アレンジしまくり、どうしちゃったの?音はずれているの?、
せりふになっちゃったの?と
????なんだけれども、しっかり音程を戻して、歌っているという不思議な歌い方で
ますますリュ・ジョンハン氏から目が離せなくなってしまった。

こんなに毎回、歌い方を変えていたら、ぜ~~~んぶ観てみたくなってしまうではないか。

千秋楽はどう歌ったんだろう・・・気になる、気になる。
スタジオ版のCDもいいけれども、彼の舞台版をCDで作ってくれないかな~~~。
現行のCDはあまりにもひどいもの・・・。
(CDの方がよかったと言うことはあるけれども、その逆っていうのは初めてかも。
あのCDを聞いてしまったので、ジキハイはパスしちゃった私・・・。
後悔、後悔


この舞台、オク・ジュヒョン氏も、リュ・ジョンハン氏も涙、涙で
感情を歌に思いっきりぶつけた感じだったぁ~~~。
(東京でやるとしたら、誰がこんな歌い方ができるかな・・・。)



さてさて、魅力的なカテコ。
おいしい歌がどんどん出てくる、出てくる。


 
  


むふふ、リュ・ジョンハン氏
 
 

モンテクリスト伯から、素に戻ったときの笑顔が素敵!

  



楽しかった時間が終わり、大満足。



実はこの日、私の席の後ろはあの「ビリーエリオット」に出ていた坊やが観劇していた。
なので、前方席の多くの方が振り返ったり、後ろの方は彼が立つたびに見たりしていた
大きなぬいぐるみを抱えていたので、私は最初変な子だと思ってしまったのだった



最後までオーケストラの演奏を聞き、ロビーで未練タラタラで写真をとったりして・・・。


のんびり1階に行くと・・・   続きはまた




今日から3連休・・・
でも、私は後半遊ぶため、前半は仕事・・・。
もっとテキパキとやって、プライベートを大切にしていきたいな~。
いってきま~~す(今日は都内に出張)


もちろんずっと『モンテクリスト』を聞いていきますよぉ~~~。
そろそろ『モーツァルト』も予習しなくてはいけないのだけれど。



コメント

4月16日(土)その4 マチネ『モンテクリスト』ソンロク&オク・ジュヒョン

2011年04月28日 04時48分19秒 | 芝居(韓国)

劇場に着いたのは、14時50分。
ぎりぎりセーフ!とほっとする。



つい先日、取ったチケットは9列目の通路側近く。





今期、最後のシン・ソンロク氏のエドモンド、しっかり見ましょう。
入隊してしまったら、約2年間は見られないものね。

そして、オク・ジュヒョン氏のメルセデスは初めてなので、しっかり焼き付けましょう。
そんな気持ちで、客席に向かうのであった。



プロローグが鳴り出しただけで、もう鳥肌が立ってしまって、わくわく、どきどき。

シン・ソンロク氏の笑顔に、ニタニタ。
オク・ジュヒョン氏のメルセデスは、ジヨン氏やヒョンジュ氏と比べると、
おてんばに見えてしまう。
アイーダの時にも感じたのだけれども・・・。
2人が船のヘリに乗るときにキャーキャー言っているのに対して、きゃっきゃしている感じ。


もうこの最初のラブラブ曲は見ているだけで、ニタニタしてしまって、うれしくなってしまう。
「結婚しよう!」と指輪を渡された時にはこちらまで、うれしくなって、もうわくわく。


この先から降りて、婚約式のシーンまでの間で、
船の下手側のヘリに沈み込んでいたように見えたのですが、
ここで赤ちゃんが???と納得してしまった私
(ジョンハン氏のときにも確認、と思ったのに、
すっかり忘れて他を見てしまっていて、チェックできなかった)


幸せが一瞬にして、切り裂かれていくあの時のソンロク氏の表情がとってもよかった。

とっても悲しいのだけれども、いつか君のそばに・・・と歌う、あの歌がとっても切なくて・・・。



フェアリー神父の登場は、今回たくさん笑いが起こった。
今回もソンロク氏のだめさ加減がおもしろい!

前回、いかにぼけ~っとしていたか、わかったのだけれども、
神父と会話している中で、自分が陥れられたことを知るのだけれども、
あのシーンで、あの悪3人組が下手に出てきていたんですね・・・。ハハハ・・・。
4回目の観劇だと、わかる単語を拾えるようになってきて、少しストーリーを理解できてきた・・・



息子に「ローマに行きたい」とせがまれているメルセデス。
笑顔が優しくて・・・。
モンテゴが登場しても、ヒョンジュさんのようにつめた~~~い感じはしないんですよね。
それはオク・ジュヒョンさんのキャラクターの問題なのか、
モンテゴに金銭的に助けてもらっているから、一応一目置くけれども、
心は許してあげないわって感じかな・・・。
(ヒョンジュ氏のようにすべてを拒否している、「じゃあ、なんで結婚したの?」と聞きたくなってしまうのとは違うんですよね)



1幕最後の曲、「アーメン」のほんの少し前あたりから、怪しくて・・・
でも、パワーで押し切っちゃうソンロク氏、素敵です

彼はあのマントで歩くだけで、もういいんです。
モンテクリスト伯なんですから・・・。



モンテクリスト伯になってからのソンロク氏はもうかっこいい~~
高音部が苦しそうでも、全く気にならないくらいにかっこいい。

ローマでの決闘シーンも、モンテゴとの対決シーンもとっても素敵。
大きいのにあの動きだから、余計舞台栄えしちゃう。


さてさて、この日のカテコ

ルイーザ、かっこいい~~


笑えた神父



悪3人組
3人の声がとっても素敵。(日本だったら誰だろう、と考えたりして・・・)


 
    
オク・ジュヒョン氏、やっぱり笑顔がかわいいな~。
私の中ではやっぱりおてんば。



ソンロク氏は、モンテクリストでは厳しい~表情だけれども、

 
歌が終わると、ホット素敵な笑顔!



カテコ最後の歌では、なぜかにやけてしまう私だった・・・。



前回気づかなかった、ソンロク氏のお米も・・・。

その写真がこれ、素敵ですね。



劇場内には、危険なわなが・・・

東京では1回で終わったのに、キャスト違いで観たい「モーツァルト」
ミン・ヨンギさんの大司教が一番観たいんです・・・



この『オズ』も気になる・・・。
おもしろいのかな(というか、ハングル理解できるかな・・・)



劇場の外に出ると・・・。

バスまで・・・





コメント

4月16日(土)その3 芝居前に、まず私がやったこと

2011年04月27日 05時32分14秒 | 2011年ソウル ミュージカル旅
この日の昼ご飯は、サムゲタンを食べようと思っていた。
そう、前回行ったものの、日曜日はお休みだった、あの店に。
楽勝と思い、まず、地下のロッテマートに買い物に出た私。


それが、いろいろ見てしまって・・・。

大久保で見るより、ずっと安く、気になったものをあれこれと・・・。



マッコリ各種
果物の絵のがお気に入り・・・。



今一番はまっている飲み物 790W(約60円)



一度部屋に荷物を置き、時計を見ると、なんだか怪しい時間。
マポで食べようと、チェックした店に行こうとしたが、なんと地図を置いてきてしまった・・・。
いい加減な私のこと、今回もガイドブックなんてものは持たず、ただ地下鉄の路線図だけ。
なので、チョッパル横丁あたりに何かないかなとうろつくと・・・。


この小さな小道を入っていくと・・・



 




とてもディープな世界が広がっていて、楽しい!
でも、すでに1時40分くらいなので、定食屋に入っていいものか考えてしまった。
開演時刻3時も気になって、結局このチョッパル横丁の道の向こう側にのり巻き屋を発見して
そこで食べることにした・・・。



キムガネ


キムガネキンパム 2500W(約200円)

私はこの味噌汁をお碗のように手に持って飲んでしまったが、地元の人はスプーンで飲んでいた。
ああ~~、はずかしい。



さ、劇場へ急ごう。




コメント

4月16日(土)その2 ロッテシティホテルマポにチェックイン

2011年04月27日 04時21分19秒 | 2011年ソウル ミュージカル旅
前回泊まって、なかなか動きやすかったので、またこちらに宿泊。

いたって、劇場に地下鉄の6号線1本で行けるというだけのことなのだけれどね・・・


今回はノーマルなダブルルーム。
日本円で税込みで、11000円くらいだったと思う。
(今回の旅行は航空券、宿泊、芝居のチケットで8万円ちょっと超えちゃったんです。
日本のレミゼや石丸さんの芝居をすべてあきらめての決断・・・。
恐るべしリュ・ジョンハンエドモンド病


では、禁煙ルームを希望し、8階だった。エレベーターホールは・・・



素敵ですね。
落ち着いています。



私の部屋の紹介。

前の部屋よりも狭いけれども、満足な広さ。
ソファのところに、テーブルがないから、持ち帰りした時に食べるのに不自由かな・・・。





洗面台も同じ


お風呂も基本的には同じだけれども、前の窓のある部屋よりずっと狭く、三角形!



ジャワーも天井からのがあって、これは変わらず


洗濯が干せるようになっているし、ここに住みたいくらい・・・。
(夏は1週間ぐらいいたいな~~~)


  
トイレ、こちらもウォッシュレットつき。



壁にかかる絵はカジュアルな感じ


窓からは・・・

あらら、部屋が見えちゃう・・・。
あわてて、カーテンを閉めたのだった・・・。


  
クローゼットの中も前回と同じ



お茶セットは今回は机の本棚みたいなところに・・・


置いてあるコーヒーも、お茶も同じだった。



ちょっと座って、一休み。

(実はこの後の行動、大失敗。もっと練るべきだった。)
コメント

4月16日(土)その1 またまたソウル弾丸旅行に出発

2011年04月26日 05時09分37秒 | 2011年ソウル ミュージカル旅
『モンテクリスト』病にかかってしまった私
特に、リュ・ジョハン氏のエドモンド病がひどく、いてもたってもいられなくなってしまった。

土日の休みを使って、またソウルに行くことにした。
特典航空券が取れなかったので、久しぶりに買ったのだった、ソウル行き航空券。
税込みで、49000円くらいかかった。
どうしてもマチソワしたかったし、日曜日には早めに帰宅して、
残った仕事をしたかったので、選べたANAのサイトで買ったのだった。



家のPCでチェックインも済まし、らくらく空港へ。
今回は小さなスーツケースで行き、食材を買ってこようと計画。
荷物を預けようとカウンターに行ったら・・・


なんと普通にチェックインするよりも、この荷物を預けるだけのカウンターのほうが混んでいた
家でチェックインするのが常識になってきているのでしょうか・・・。
(家でチェックインしてプリントアウトする時は、以前失敗しているので、裏紙は使っていませんよ!!)



さてさて、機内食。
たったの2時間20分くらいのフライトなので、
飛行が安定するとすぐに食事&飲み物のサービス。


行きの飛行機は、ベストコンディションで舞台を見るために、ペリエ。
アルコールを摂ると、寝ちゃいそうなので・・・。


またまた不思議な「海の幸のクリーミーバジルソース」ですって・・・。
軽くいただく・・・。




またまたせこい気持ちになって、2時間もないというのに、映画を見出す。
『英国王のスピーチ』
涙が出てしまったところで、機内下降のためプログラム終了・・・。
明日の帰りが待ち遠しい・・・。



ソウルに着いたら、タクシーで移動して、景色を見たいなと思ったものの、けちな気持ちが先立って、
地下鉄で移動したのだった。
新宿駅を歩くよりも的確に地下鉄に乗れてしまう

コメント

書けなかったこと・・・

2011年04月25日 05時58分21秒 | ひとり言
震災の前に誕生日だった私・・・。
毎年、前後に何か自分に買っていたりするのだけれども、
今年は忙しくて選ぶ時間がなく、弾丸旅行をプレゼントと考えていたので、
せめてケーキを・・・と考えた。

でも、そういう記事を書く気になれなかったけれども、
忘れないように、自分のために書くことにする。


じゃ~~ん
第1弾

大好きなエミリーフローゲのケーキ
5のつく日に割引で買ったのだった(誕生日前に)





この層になっているクリーム類がすっぱかったり甘かったり、絶妙だった。




大好きなフレジェも外せない・・・




初めて食べたけれども、こちらもおいしかった



そして、ロールケーキ
スポンジがふわふわで、「ぐりとぐら」を思い出してしまった・・・。

(全部一人で食べたわけでなく、全種類みんなで分けて食べたのであった・・・)



第2弾

近所のおばさんから手作りの草もち(またまたヨモギも、このもち米、小豆、きなこの大豆もすべて畑製)
私は食べて、「おいしい~~」しか言えないのですが
もう八十近いので、教わらないといけないのですが・・・。


第3弾

昨年から食べたかったけれども、630円だったかの値段の壁があって買う勇気がなかった高野のあまおうケーキ


こんなふうに甘味を5000円まで食べていいことにしよう!と思っていたのだけれども、
高野のケーキを食べた翌日に地震。
一気にケーキモードではなくなったのであった。
コメント (4)