うきうき日和 日々のこと

旅行好きのうきうきと愛犬ぶーのブログ
韓国ミュージカルにはまっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はまりまくってしまった 韓国ドラマ『宮』

2009年01月31日 11時51分23秒 | 見たもの ドラマ
はい、今頃???・・・なのだけれど、
韓国ドラマ『宮』にはまってしまった。

基本的にテレビを見ない私。
でも、ソウル弾丸旅行をしてから、
GYAOで、韓国ドラマを見出した。

先週から始まった『宮』、これにはまってしまったのだ。
実は韓国で放送されてすぐにDVDは買ってあった。
が、弟が先に見てしまったので、一気に関心がなくなってしまった。

それが、それが、5話まで見たところで、完全にはまって、
金曜日夜から今日一日をかけて、全24話を見切ってしまった。
むふふ、不規則な生活極まる。

すごく、すごくよかった。
挿入歌もとってもよくて、次のソウルか台湾では
OSTを買ってこようと思っている。
そして、最終回の舞台はぱっと見てすぐにわかったが、マカオ。
マカオ・・・また行きたい。

しばらくはドラマを噛み締めて、ニタニタしていそうである。


追記・・・(2009.6.9)
検索で、こちらにとばれる方がいらっしゃるので・・・。
ちなみに、2009年3月末にロケ地めぐりをしたので、
よかったら、ご覧ください。
「旅2009年春香港&マカオ」の2日目をご覧ください。
香港からマカオへの行き方
マカオフェリーターミナルからコロアン島までの行き方
上記の続き
チェギョンたちが食べたエッグタルト
シンと再会した図書館
「宮」のラスト 結婚式をした教会
コロアンヴィレッジあちこち




うきうき的韓国ドラマおすすめ3は、
1位 『屋上部屋の猫』(台本がすばらしい!特に最終回。)
2位 『フルハウス』(設定は厳しいものがあるが、気分転換によい)
3位 『宮』(いきなりです、まったく)


ところで、ソウルから帰ってきてみたドラマ
『恋愛時代』『恋人』『きつねちゃんなにしているの?』
もう一度『フルハウス』・・・
あれ?まだ見ていた気がするが、思い出せない・・・。

そして、毎朝、通勤時には「ハングル講座」。
1月から聞き出した。
難しいがとっても楽しい。
木内先生のファンになってしまい、
10月からの講座のCDを買おうかなとさえ思っている。


ちなみに
まだはまっているものがある。
台湾ドラマ『イタズラなキス』『イタズラなキス2』。
ジョセフチェンにかなりはまっている。
台北のホテルで天気予報を見ようとつけたテレビに
彼とアリエルリンが出ていて、
とうとう幻覚まで・・・と思ってしまったくらいはまっている。
(ちなみにそのドラマ、とっても楽しかった。)

芝居を減らしたぶん、家でのんびりドラマ三昧だった。
コメント (6)

イッタラのキャンドルホルダー

2009年01月27日 05時52分53秒 | お気に入り
リビングにはアイスランドで買ってきたキャンドルホルダーが2つ
窓辺においてある。
冬は特にガラスが美しく感じる。


芝居を見に行ったとき、時間があったので、
銀座のイッタラに寄ってみた。

品揃えが豊富で、目移りしてしまう。
台湾や韓国の雑貨も好きだけれども、
やっぱり北欧も捨てがたいな~と
移り気な私は店に一歩入っただけでとりこになってしまう。
我が家は壁紙を選んだとき、イギリスのB&Bをイメージした。
まぁ、インテリアコーディネータの方にやめたほうがいいと言われ、
リビングは妥協してしまったが・・・。

さてさて、その後、


寄っただけでなく・・・

ひと目ぼれ・・・



赤い、三角のキャンドルホルダー。
寒い冬、こちらを眺めて、ほっこりしよう。


カタログもいただいたので、金曜の夜はワインを飲みながら
のんびり眺めて、やっぱり夏はフィンランドやデンマークに行きたいなと
こっそり思っている。

そんな私を見て、ぶーがちょっとがっかりした顔をした・・・。
コメント (2)

第2日目その10 昼食 西湾安記にて

2009年01月26日 07時15分08秒 | 2009年冬 香港・マカオ・台湾

大堂を出ると、広場があり、右側の道を歩いてみた。




ヨーロッパでよく見かけた、このような水の出ているところもあった。
アジアを旅しているような気がしない。







ぶらりぶらり、でもきょろきょろしながら歩いて
おいしいものを探す怪しい日本人観光客。

と、私は思っているのだけれども、
なぜか店の呼び込みには韓国語で声をかけられまくった。





人がたくさん入っていて、気になったこちらに入ってみた。


看板と同じものを指差して注文。
(外国人とわかると写真付きのメニューを持ってきてくれるようだ。
ただ、全部のメニューが載っているわけではない。)



話の種に飲んでみたかった「ミルクティー」
8パカタ(でも、香港ドルで大丈夫。約96円)

イギリスのミルクティーを想像してはいけない。
まったく別の飲み物であった。
どんな紅茶を使っているのかな・・・不思議だ。



そして、

ポークバーガー 12パカタ(約144円)

こちらもぜひとも食べてみたかった、マカオ名物。
想像していたよりも大きくて、肉がパンからかなりはみ出ている。


では、一口・・・



実に素朴な味である。
パンは、イタリヤやスペインで食べたような味。
外側がかりっとしていて、でも、フランスパンのような風味ではない。
中華料理での大好きな粉の味でもない。
なんと表現したらよいのだろうか・・・。
とにかく、下町の素朴な味であった。



周りを見渡すと、皆さんパスタ類を注文していた。
実はこのポークバーガーとパスタを頼もうと思っていたのだが、
食べられない大きさであった・・・。


場所:大堂巷6A  すぐのセドナ広場であった。

コメント

第2日目その9  大堂へ

2009年01月25日 00時01分36秒 | 2009年冬 香港・マカオ・台湾
せっかくなので、反対側から降りてみようかなと思った。
昨日、香港で迷ったことをすっかり忘れ、
違う道で戻れるだろうと予測してしまったのだ。

出たところには

道表示があったので、どこかに出るだろうと思った。
↑危険な香りがぷんぷん・・・



それにしても、すごい道だった。



スキーでいえば中、上級コースくらいの角度なのである。
これをヒールで歩くのはつらいだろうなと思った。
マカオ観光の鉄則は、ウォーキングシューズ
ガイドブックに書くべき!


この道で坊さんに会い、私はだまされてしまった。
このことは書きたくないのでパス。
「坊さんに声をかけられても、反応しないこと」
これは私の旅の決まりに書き加えることにする。
ヨーロッパでは絶対そんなことしないのに、
癒しの台湾旅行が続いたのでちょっと気が緩みすぎたかな。
ここはなんだかんだ言って中国なんだものね。



突き当たったら

こんな建物を見て、ちょっと気分を転換することにした。






聖ドミニコ教会を目指していたのに、
着いたところは・・・

大堂であった。


中に入ると、正面にきれいなステンドグラス。


歩いた疲れと、だまされたショックで
しばしいすに腰掛け、のんびりした。




落ち着いたら、お昼を食べようと思っていたことを思い出した。
ただいま13時。



コメント

家事がんばりテーマ曲 「フルハウス」

2009年01月24日 11時03分31秒 | お気に入り
私の大好きな韓国語ドラマ「フルハウス」
そのOSTを買いそびれていた。
韓国ではとうに廃盤。
ヤフオクでも見たが競り勝てないどころか高値であきらめた。
台湾でも探したが、なかった。
諦めがついたら、もうすっかり忘れていた。

日本では著作権の関係で放送されないといわれていたが、
放送され、知らないうちに日本版が売られていた。


休日の午前中、これを聞きながら、家事にいそしむ私。
大変だけれども、張り切ってできちゃう。


「アジャ、アジャ、ファイティ!!」
コメント

我が家で韓国料理 豆腐チゲ

2009年01月24日 10時31分33秒 | 食べたもの
暑かったり、寒かったりすると、韓国料理を食べたくなる。

そんなときの味方は

この本。

アミの塩辛など家にないので、
この本どおりに作ることはなかなかできないけれども、
まねして作ると、本場韓国の味に近いものができる。


タデギの作り方ものっているので、たくさん作っておいて、
何回かチゲにしたり、クッパにしたりする。

この日は、アサリ、イカもあったので、豆腐チゲしかないだろう!
ということで、冷蔵庫にあったものを入れてみた。


あと、石鍋があれば、もっと目がおいしくなるんじゃないかと思っているが、
たまたま家にいた弟に「必要ないでしょ!」といわれてしまった。
でも、ほしいな~~~。
(ルクルーゼとチゲって合わないよぉ~)


著書のお店で食べたとき

やっぱりムードある・・・。

今気づいた!
長ネギは小さく切らないといけなかったのね。
ではリベンジしませう。
コメント (5)

第2日目その8 モンテの砦

2009年01月24日 09時40分36秒 | 2009年冬 香港・マカオ・台湾
個人旅行なのに、ガイドブックもろくに見ないで
ぶらぶらと歩いたせいもある。
「徒歩1分」とあるのに、
またまた道で迷った。
腰掛けて、じっくり地図を見てみたら、
何のことはなかった。


聖ポール天主堂跡の向かって右側の小高い丘がそうであった。
楽に行ける方法もあるが、旅の鉄則?腹減らしのために
歩いていくことにした。





登り口で発見したものは、ジャ~~~ン

犬のトイレ!!!
はじめは?で、野次馬名私はどういうものか見に行ってしまったけれど、
マカオの町のあちこちで見つけた。
さすが街が世界遺産に認定されると、
こういうことになるんだなと思った。

(あの中国でも、世界遺産のところのトイレは驚くほどきれいだったし、
ごみもひとつも落ちていなかった。
すごいところは15m間隔ぐらいで清掃員がいたもの。)





前を行く方はふうふう言いながら、時々振り返っては景色を見ている。
私もこういうのんびり旅行は大好きだ。




入り口のところにあったもの。
マリア像の下、これって大砲の弾???



振り返ると、聖ポール天主堂跡を見下ろすことができた。


上は建物の屋上のように平らで、整地され、だだっ広い公園!
といった感じであった。
そこには

?や、

大砲がたくさん並んでいた。


なので、私もねらいを定めて、一発~~















おなかがすいた。お昼を食べなくっちゃ!


コメント

第2日目その7 エッグタルトのはしご

2009年01月23日 23時20分04秒 | 2009年冬 香港・マカオ・台湾
一番見たかった聖ポール天主堂跡を見たら、
おなかが急に空きだした。
周りを見ると、みんなエッグタルトをほおばっている。
まるで、ローマの、アノ階段でアイスをほおばっているかのように・・・。

ぐるっと見渡すと、すぐそこにお店がある。
有名店かはわからないけれども、
おなかがペコペコで気力がないので、かって食べることにした。


この店で・・・


こちらを購入。
1つ7元(約84円)

さくっとしていておいしい・・・。



まだ探求したい気持ちになって、
ちょっと歩いてみると、ここの袋を持った人がたくさんいることに気づいた。



この店の店先にはお肉が売っている。


そこで買ったエッグタルト

やはり1個7元。


パイ生地とタルト生地というように、お店によって違っているのかな。
食べ比べも楽しそうである。


食べだしたら、おなかがもっと空いてしまった。

ただいま12時20分。
モンテの砦を見たら、お昼にしようかと思い出した。
コメント (4)

1月22日(木)ソワレ アルデールまたは聖女 初日 

2009年01月22日 23時05分25秒 | 芝居
午後、出張だったものの、定時より30分だけ延びて終わったので、
走って電車に飛び乗り、浜松町へ・・・。
間に合いそうで、ほっとした。

      

       
自由劇場に、「アルデールまたは聖女」の初日を見に行ってきた。


この演目は劇団四季ができて、一番最初に上演されたものであり、
かつ、本日、1月22日はそのときの初日であるから・・・。
劇団四季ができて、55年。
初演の演目を、初演の初日に、初日を設定していたのである。

道路には招待客をお迎えする四季の係の方がいるし、
入り口も招待客用のパンフレットが山になっていた。
なので、大好きな自由劇場の2階からの光景も
とてもにぎやかであった。

浅利さんはもちろん、日下さんをはじめ、
知っている俳優さんも何人もいらっしゃった。




私の席のすぐ後ろからは、招待客だったようで、
政界の話、外交の話など、ちょこっと聞こえてきて、
耳がダンボになってしまった。



さてさて、芝居は・・・。
申し訳ない。
大人の芝居過ぎて、理解できなかった。

招待客の女性も、「浅利慶太さんが初演にこの演目を選ぶとはねぇ。」
とため息をついていたので、
大人の女性も難しいのだろうか。



将軍にしても、結局一族の中に(実の姉)障害者がいるということで
すでに世間体を気にしている。
それがアルデールである。
その姉がやはり障害を持つ男と恋愛をした。
それが世間に知れてはならない。
恋愛なんてとんでもない。
そんなことで頭がいっぱいの大人が集まる。
妻や子がいても、それぞれに愛人をつくって、うわべはつくろっている。
そんな中で、次男ニコラと長男の嫁ナタリーもなんだか怪しい様子である。
結局、ただただ真正面に相手を見ていたのは
アルデールだけだったのではないか。
そのアルデールも、相手と自殺を図ってしまった。

ナタリーは小さいころから次男のことで頭がいっぱいだったにもかかわらず、
次男ニコラは学生であり、彼が大人になるのは先のこと・・・。
生活の苦しさから、長男と結婚してしまう。
初夜に心は次男でいっぱいで、嫌悪感でいっぱいなのだが、
体が長男を求めてしまい、夜が待ち遠しくなってしまったと告白する。


終末、何のせりふだったかな・・・
しっかり見ていたのに、どう捉えていいのかわからなくて、
忘れてしまった。


田邊君の青年、やっぱり素敵だった。
栗原さんの愛人、面白い立ち位置で、
彼しかこの役をできる人はいないのではないかと思わせる演技であった。
野村さん、ドレスがとっても素敵で、セクシー!だった。
将軍の志村さん、実によい感じ。
でも、もっと愛人に対していやらしくてもいいのになと思ってしまった。

夜中に雨が降り出し、その舞台美術がとても素敵だなと思った。

18時半スタート、終演は20時40分ころであった。


コメント

第2日目その6 聖ポール天主堂跡

2009年01月22日 05時10分02秒 | 2009年冬 香港・マカオ・台湾
歩いて8分とガイドブックにあったが、
街を撮りながら歩くとそんなことも忘れてしまった。

聖アントニオ教会で一緒だった韓国の方も
同じところを目指しているようだから、
くっついて行っちゃおうかなと思ったら、
同じようにカメラを出して撮りだして
なかなか歩いてくれない・・・。


もうすぐなはずのに、見つからない・・・。
と思ったら、音がするので、行ってみた。


お祭り?をしていたのであった。


ふと右側を見ると、
なんとそこは目指していた聖ポール天主堂跡であった。
こんな近くで迷っていたなんて。




階段下から上りながら見たかったけれども、
上段の脇の道に出てしまった私。


早速、裏を見てみようと思った。







教会であったときの柱があった場所だろうところが
見えるようになっていた。


しかも、この前の壁のところには上れるようになっていた。



私もしっかり上って、じっくり壁を見学。




この窓のところからのぞいて、正面にいる家族に
記念写真を撮ってもらう人もいて、混んでいた。


では、階段のところからじっくり眺めよう。

としたのだが、どこにこんなに観光客がいたのだろうかと思うくらい
たくさんいて、
「エクスキューズミー」、「○▼◎△×●!」と
いろんな言葉で注意されて、のんびり写真なんて撮ってられない。
こんなに人がいるのに、自分の入る写真には入れたくないと思うらしく
この正面の階段を下りるのに小さくならないといけなかった。


なので、私は下からじっくり・・・。






思う存分見たら、思い出した!
朝食、マカオでとろうと思っていたことを・・・。

今は12時6分。
お昼じゃないか!!!

コメント (2)