うきうき日和 日々のこと

旅行好きのうきうきと愛犬ぶーのブログ
韓国ミュージカルにはまっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3日目その18  帰りの飛行機 そして、クールダウン

2009年05月24日 08時04分38秒 | 2009年春 香港&マカオ

2時05分初の羽田行き


ゲートは案外遠いところだった。
香港空港って、広いな~~。
ほとんどのお店は閉まっていた。

ただいま0時。
やることはないので、ゲート近くのベンチを複数使って、ごろごろする品のない日本人になるのだった。


1時45分くらいにようやく搭乗。
日本時間の2時45分を意識して行動しよう。
帰ったら、すぐ仕事なのだもの…。



友人は映画を見ていたが、私は眠くて眠くてうとうと・・・。


日本時間5時前に、食事サービスがあった。



寝ぼけていて、おなかが空いているのか、わからない。
蝦がごろごろ入っていたので、蝦をつまんだことは覚えている。
オレンジジュースがついているというのに、オレンジジュースをお願いするアホな私。


予定よりも早く着陸。
あれれ?

飛行機が停まった場所は、整備場?って思ってしまうようなところ。
タラップを降りて、バスに乗って、ターミナルに移動するそうだ。


と、野次馬な私の眠気はすっ飛んで、飛行機を撮りまくるのであった。


エンジン、大きいな~~~。
(「愛に狂う」のユン・ゲサンさんを思い出したりして・・・。)






バスから・・・「今回も安全な飛行をありがとう」と飛行機と別れる


ターミナルについて、まずは検疫なのだけれども、その前でこんなものを発見

 
野次馬な私はしっかりいただく。
「一人一つ」としっかり書いてあった。
なかったら、私のこと、花粉対策用にどさっと取ってしまったに違いない。
「咳エチケット」このポスターはあちこちで見たので、この冬の標語だったのかな。
(ちなみに、まだ豚インフルエンザは発生していません、この時点では)


入国はいたって、スムーズ。
モノレールで浜松町へ出ることにした。
なにせ浜松町からは目をつぶっても帰れるから。



?と思った、こちらの工事現場。
ねむ~い頭でよくよく考えたら、
私が首を長~~~~~~~~~~~~~~~くしてまっている新国際線ターミナルを造っているんだ。
出来たら、週末台北をするぞ~



そんなことを考えていたら、急におなかが減ってきた。
ちょっとコーヒーを飲んで帰ろう。

旅モードから日常モードにギアを入れ替えることが出来た。



桜の花も、


まだまだこんな感じで、楽しめそう。







長~~~くなりましたが、これにて、2009年春香港&マカオ旅行記完成。
見てくださり、ありがとうございました


追伸

免税店では新製品の化粧品を購入。
日焼けしないようにしよう!
コメント (1)

3日目その17 チェックイン そして、最後の悪あがき

2009年05月23日 06時24分47秒 | 2009年春 香港&マカオ
ホテルからタクシーでエアーポートエクスプレスの九龍駅まで行った。




こんな時間にチェックインする人がいるわけないってくらい閑散としている。
ただいま、23時。



今回は楽勝の軽さ。
なにせ片付ける時間がないので、買い物は極力しないと決めていた。
なので、スーツケースも隙間だらけ。



エクスプレスの中もガラガラ・・・。



空港に着いたら、急いで行かなくっちゃ!!


それは、ここ

空港の到着ロビーにある許留山。
実は、香港到着時に営業時間をチェックしておいたのだった


でも、ぎりぎりセーフだった。
私たちが入ったら、すぐに入り口にロープを貼っていた。
(確か、23時40分頃だったと思う。)


さて、私が注文したものは、今回の旅の目的でもある「楊枝甘露」




ピンクグレープフルーツ?と思うようなポメロ???
マンゴーピューレがたっぷり乗って、これまたおいしい。


一気に食べてしまったのだった。



香港、ご馳走様

またおいしいスィーツを食べに来たいで~す



ちょっと眠くなっていたりして、値段をまたまた書き忘れている…。
この旅、3日目はほとんど小遣い帳をつけていなかった・・・。
コメント (4)

3日目その16 翡翠拉麺小籠包で夕食

2009年05月22日 06時32分06秒 | 2009年春 香港&マカオ
最後の夕飯は庶民的な店を考えていたんだけれども、
最後の食事はちゃんとしたところがいいと友人は思っていた。

そこで、友人が選んだお店に行った。
(あとからわかったのだけれども、ここもミュシュランに載っていた)


翡翠拉麺小籠包は、ハーバーシティの中にあるので、
地元客?観光客で満席で、台北のディンタイフォンのように
入り口の電光掲示板に番号が映し出されて、入店できるようになっていた。


テーブルの様子。





友人が食べたかった小籠包。
(やはり台湾のほうがおいしいかなぁ~)


チャーハン
(友人はこの旅最初で最後の「米」だったと言われてしまった。
そう言われて見ると、私はご飯を食べ続けていたけれども、
友人はそうでなかったな~。)



野菜が食べたいなと思って、私が頼んだもの。
ブロッコリーの上が、カリフラワーだった。
写真で指差ししたのだけれども、今一わからないで注文し、大失敗。



このお店、小籠包と麺類を頼むといいのかなと思った。
デパートに入っているって感じの印象があるこの店なのだけれども、
私の経済観念では高くて、思いっきり頼めなかった。
(というよりも、間食しすぎて、おなかが空いていなかった)


食べ終わったら、22時過ぎ。
ホテルに戻って、荷物を取り、九龍駅まで行きませう。



これが最後の香港食事・・・と思われた方、ザンネ~ンでした。
まだ食べるのであった。
コメント

3日目その15 「60-EARTH HOUR地球一小時」

2009年05月22日 06時20分35秒 | 2009年春 香港&マカオ
あと数時間で、香港とさよならというのに、0ドルの夜景を見、
そして、中環のバスターミナルまで戻ってくると、すでに20時20分過ぎ。


今日、3月28日20時半からの1時間、
節電のためにすべての電燈を消すことを呼び掛ける「60-EARTH HOUR地球一小時」というイベントが行われる。


ならば、街の火が消される瞬間を見ようと、スターフェリー乗り場で街の様子を見ていた。

と思ったら、数分前にオーストラリアから来た人に声をかけられて、
その瞬間を見過ごしてしまった。
なんと最後までトホホなんでしょう・・・


20時半前でも、すでに照明が消されているビルもあった。

 


くら~~い香港・・・。


 
 


この旅、最後の夜景の写真は



よい経験が出来た・・・と前向きに考えた私たちであった。



写真では明るく写っているが、露出を上げたからであって、本当に暗かった。

コメント

3日目その14 へこまない私たち 鴛鴦茶を飲む

2009年05月21日 06時06分43秒 | 2009年春 香港&マカオ
0ドルの夜景を見た後、私たちがしたことは
せっかくここまで来たんだから、ここでしか出来ないことをしようということになった。

友人はお土産探しをし、私は適当に冷やかしながらお店を見て回った。

そして、今まで出会わなかった「鴛鴦」を飲むことにした。



同じように考えた人でほぼ満席だったこの店・・・。



私たちにはメニューは要らないわよ!
あっ!でも、発音できないので、やっぱり必要!指差し、指差し!



かわいいカップで登場!
(でも、友人は重さととってのバランスがよくないと言っていた。)



鴛鴦情濃 ホット 15香港ドル(約195円)


「鴛鴦」・・・コーヒーと紅茶を合わせたという、香港の飲み物。
まったくせわしない人の考えることだ、想像できないよ~、気持ち悪ぅ~い。


などと考えていたが、想像以上においしい飲み物であった。
悪くないね・・・、友人と初鴛鴦茶に感激しながら、
ここに来た目的を、変えてしまった。




実は数年前、この友人と来た時も、ピークトラムに最終日に乗ろうねと話していたら、
天気が崩れて、あきらめていた。
私って、やっぱり雨女・・・


コメント (4)

3日目その13 100万ドルの夜景を求めて、ピークに行く

2009年05月20日 06時47分54秒 | 2009年春 香港&マカオ
友人との待ち合わせは、スターフェリー乗り場に近い、中環のバスターミナル。
友人が言うには前はただだったそうなのだが、ここからピークトラムの駅まで
オープントップのバスが走っていたそうだ。

今は、しっかりお金を取る。



待っていると、来たバスは普通の2階建てバス。

友人いわく、「もう一台待ってみる?」

「それよりも、夜景、見えないと思うよぉ~~。
でも、オープントップのバスに話の種に乗ってみる???」

相当がっかりしていたのだろうか、私・・・。
温かい声をかけてもらって、一台待つことにした。


予想的中。
次に来たのはオープントップバス。

一台見送った分、一番に並べて、2階の先頭を陣取れた私たち。
ん~~、楽しみ。
すぐ後ろは韓国人の家族。話していることがほぼ聞き取れた。
だってね、お父さんとお母さんが、小さい子どもに
「きれいだね」「座りなさい」「写真撮るよ、1,2,3」ってことをずっと話しかけているんだもの。

さて、私のみたもの。
 
風は気持ちいいけれども、ピークに行く意味があるのか?!という自問自答の時間でもあった。


ピークトラムの駅に行くと、でも、乗ってみようかと言うことになって、乗ってしまったのであった。


こんな天気なのに、たくさん並んでいた。今日は土曜日だものね。
でも、オクトパスカードがあるかと聞かれて、「ある」というと、
この通り、すんなり乗れたのであった。
前のピンクのかわいい手はバスが一緒だった韓国の子。



この赤いので、山頂を目指す・・・。


びっくり、途中に駅があるんだ。
これって、人々の足なの???



山頂に着くと、
やはり
 

山頂駅を出て、一気に





だって、


だって、


100ドルくらいは見られるかと思ったのに、





見えたものは、

0ドルの夜景だったから・・・
コメント (2)

3日目その12 銅鑼湾の發記甜品の楊枝甘露

2009年05月19日 06時28分38秒 | 2009年春 香港&マカオ
金鳳茶餐廰でパイナップルパンを買った後、トラムに乗って、銅鑼湾へ。

向かったお店は、發記甜品

店の前ではツアコンに連れられた大陸からの観光客と思われる方々が行列をしていた。
友人との待ち合わせに時間がないのに、大丈夫かな…と心配になったものの、
あまり待たずに入ることが出来た。



メニューが届けられたけれども、見る必要はない。

もうすでに日本にいる時から、注文は決まっていた。

「楊枝甘露!」 26香港ドル(約335円)
もちろん言葉が出来ないので、店内のポスターを指差し!


ジャ、ジャ、ジャ~~~~ン

マンゴー?ピューレ??など一目見て、オレンジ色にどきどき。


すくってみると、


マンゴぉ~~~~~

最後までマンゴ~


もしかして、2種類以上のマンゴーを使っているのかな?
大きなマンゴーがごろごろと入っていて、
完熟なものと、ペリカンマンゴーのようなものと入っていた。

マンゴー好きさんにはたまらない楊枝甘露だと思った。

おいしいな~~~。

松記のは、ハーモニーを楽しむ楊枝甘露。
ここのはマンゴーを楽しむ楊枝甘露。
私はそう勝手に解釈した。





ところで、ここに来ながら気になったもの

ハッピーフライトバス



かわいいケーキ


変な衣装のサポーターさんたち



コメント

3日目その11 金鳳茶餐廰のパイナップルパンとエッグタルト

2009年05月19日 06時18分50秒 | 2009年春 香港&マカオ
前回のお正月の時は帰りに台湾に寄ったので、買えなかったけれども、
パイナップルパンをお土産にしたいと思った。


ショーケースを見ていたら、思わず試してみたくなったエッグタルト。

またまた1個、購入。

またまた値段をメモしていないので、忘れてしまった。
ん~、こちらも香港風なので、焼き色はない。
うん、やっぱりマカオ風のほうが、私は好きだな・・・。

初志貫徹
パイナップルパンをくださ~い


複数買ったので、くっついてしまって、我が家で食べた時にはあまり美しい状態ではなかった・・・。
次回はクッキングペーパーも持って行こうかな。




近くにあるこのお店(金鳳の何軒かトラムの走っている道路寄りの店)

体にいい飲み物の1杯屋台って感じなのかな?
常連さんと思われる方々が、次々とやってきては飲んでいた。

とっても気になったけれども、勇気がなくて、飲めなかった。
次回挑戦してみたいな~。




コメント

3日目その10 蓮香樓でクッキーを買おうと、さ迷い歩く

2009年05月18日 05時53分57秒 | 2009年春 香港&マカオ
地図を見ていたものの、はっきり行って、迷子。
でも、その迷子中がとっても楽しかった。

迷子中に見たもの・・・。

市場だ!市場!
(また、目的を忘れそうな予感。このようにふらふらするから迷子になるんだけれどね・・・)




蝦が跳ねている!と思って、カメラを向けると、向こうでは



お店のお姉さんの左手に注目

なんと

魚が跳ねていて、道路まで飛んで、飛び回っていた


あまりの衝撃的な出来事に、コンデジをビデオにして、撮ってしまった。
でも、そんなことをしているのは、私だけでなく、欧米系の観光客の方も必死に撮っていた。

結局、そのビデオを撮っていた方がお店の方に伝えて、お魚さんは拾われた。
でも、まだ台の上で跳ね回っていて、道路に飛び出すのも時間の問題って感じだった。

本当にびっくりした。
すごいな~~~、香港!!

魚屋さん見学の後、本来の目的を思い出し、蓮香樓探しの続きを始めた。



八百屋さんも植物の種類が違っていて、とっても楽しい。

あれ?また、目的を逸脱している。




そんなこんなで無事、たどり着き

お正月に買って、おいしかったクッキーを2つ、買えたのであった。
一つ8ドル(約104円)


まだまだ買いたいものがあるんだ、急がなくっちゃ。

コメント (2)

3日目その9 泰昌餅家のエッグタルト

2009年05月17日 11時53分30秒 | 2009年春 香港&マカオ
友人と待ち合わせたのは、ヒルサイドエスカレーター。



エスカレーターとエスカレータの間で会えた。
友人はエッグタルトを買いに行くと言うので、私もついていった。

上からの眺めはとってもよい感じ。



ここ、楽しそう!と思って、降りてみると、
本屋さん発見。

早速「ミシュランガイドブック」を購入した。
日本編は持っていないけれども、なんとなく読んでみたくなったのだった。
168香港ドル。

目的を忘れてはいけない。「エッグタルト」である。


あれ?行列が見えるお店がある!と思ったら、そこが泰昌餅家であった。


私は食べてから決めたいなと思ったので、とりあえず一つだけ買ってみた。



いただきま~~~す
(あら?一ついくらだったか忘れちゃっている。)

タルト生地で、さくっとしている。
でも、やっぱり、私、マカオのエッグタルトのほうが好きだ!
ってことがわかったので、お土産用には買わなかった。
マカオ風のほうが焼き色がついているからか、カスタードプリンに近い味。
香港風は卵!って感じがしたんですよね。



友人はまだ昼食を食べていないというので、また2時間後に会うことにした。
(私といると、屋台のご飯を食べさせられると思っていたみたい・・・)




まだまだ悪あがきをしている私。


コメント (2)