元祖「GUN物喪志」

安全に楽しくトイガンを語ります
どちら様もお気軽にコメントください

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

株式会社 ナガノ Part.2

2007年06月30日 | HAND GUN (GAS)
はあ~い
2限目いきまあすw




さあてと。
もう授業形式の解説はやめます。
予想外に疲れましたw

株式会社 ナガノ の第2弾です。
安心してください、これでラストですw

以前に紹介したナガノ・ベビーを購入してからしばらくして、都内某店にて画像のナガノ製品を発見しました。
これも因果かな。
ガス漏れチェックは不可の店でしたが、値段の安さも手伝って即買いしました。
埃まみれで、かるぅく10年は経過していそうな雰囲気でした(実際のところ、何年前のものかわかりません)。
そんなコレが、10個くらい落ちてましたw(ほんとに床に落ちてたw)
そんなもの買うなんて・・・まあ、根性、ですかね、これも。
皆様に紹介したい気持ちがありました。
このブログが、マニアたちの間で噂になるくらいのレア(ゲテ?)度になることを目指して、これからもこういった隠れたトイガンを探し歩きたい、という気持ちもございましてのことですのよオホホ。


  

  

  




まあ、しっかし、オレもよくやるよなあ。
と、しみじみ思いますよエエ。
仮に銀玉鉄砲をトイガンの最底辺と仮定すると、この画像のナガノ製品はその最底辺に確実に位置すると思いたい。
なにしろ、以前に紹介したナガノ・ベビーは、箱に入ってたけれど、こいつは箱すら無い。
取り説には「あそびかた」とか書いてあるし。
対象年齢は10歳で同じだとしても、ビニール袋に入って、しかも壁に掛けるためのパンチ穴まで開いているあたり、もうこれはエアガンとかガスガンとか言えないのかもしれない。

景品?
おまけ?
駄菓子玩具?

いずれにせよ、哀れを誘う。
そして、限りなく儚い。

だから、愛してしまう(爆
そして、拾い上げずにはおれない・・・・・




   

  


ナガノがどのような意図を持って、このコルト25オートを製作(?)したのかはわからない。
まさか、一花咲かせようとしたわけではあるまい。
子供たちでも買えるガスガンを開発したのだろうか・・・。
だとすれば、それは美談であると思いたい。
しかし、しかしだ。
おそらく大量生産の果てに余ったこのコルト25オートが、かなりの年月を経て、店の床に打ち捨てられている。
これは私のような変人マニアにとって、なんだか哀しいことでもある。
これを持って店のレジに置いたとき、店のオヤジは目を丸くして言った、「お客さぁん、物好きだねぇ」
まったくそのとおりであろう。




  

  

  


基本性能や構造はナガノ・ベビーと変わらない。
あの情けない、唯一無二の発射音もまったく同じだ。

ただ、少し表面仕上げがベビーと異なる。
ベビーは艶があり、コルトは梨地仕上げ(といっていいのやらw)だ。






  


このコルトでトイガン業界に打って出た株式会社 ナガノは、その予想外の売れ行きに、かねてからの計画であった本格的箱入りトイガンの販売を実行に移した。
それがベビー・ブローニングだった・・・・。
という推察はいかがであろうか。

そういえば、カナマルも、ポイントも、そしてこのナガノも墨田区に会社住所があった。
この辺りは、今でも町工場が多い。
手先の器用さから派生した、職人達の技が生み出した「作品」なのかもしれない。
そう思うと、ほら、なんだか愛情がこみ上げて来るではないか。







物好きな私は、いつかこの番地を訪れてみたいと考えている。
おそらく今は存在しないであろうこの会社の跡地にて、合掌し、写真に撮り、このブログ上に公表したい。
それがなんの意味を持つのか・・・。
私にもわからない。
ただ、マニア魂がそうさせるのかもしれない。

すべてのトイガンに愛を。
何度も言うが、それがこのブログのサブタイトルでもあるのだから・・・。

(今回はきれいに決まったね。と思ってるのは私だけwあっガス漏れ発見w)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« NAA  こりゃ  ええでぇ | トップ | \" ヨネザワ マイ ラブ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日曜日の朝から、、、、 (MARU)
2007-07-01 08:07:17
そ~いえば、TOPも東向島じゃなかったかな
あと、ファルコンとかマルゼンとかサンプロとか
墨田区に集中してるよね、、、、
さすがに、これだけ銃メ-カ-があるんじゃ
空襲にあうわな、、、、って!時代が違うし
空襲に遭われた人のこと考えると軽率ですね。

下町は食堂のごはんが安くて量が多いから好き。
そうですね (だいじそ→MARUさん)
2007-07-02 21:12:04
なるほど、墨田区は多いですね。
TOPは未だ健在なのでしょうか。
数年前に一度訪問しましたが、店内がとっても埃っぽかったですw

マルゼンはときどき訪問しますが、ファルコンやサンプロが墨田区とは知りませんでした。
こうして見ると、トイガン業界にとって墨田区は鬼門?
みんなポシャってるしw

下町食堂はまことによろしいですね。
安くておいしい。(量もたくさん)
再開発によって消えつつある京成立石で今のうちに酔いつぶれてみたいものですが、なかなか実行にうつせません。

コメントを投稿

HAND GUN (GAS)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事