岩田亨の短歌工房 -短歌・日本語・斎藤茂吉・佐藤佐太郎-

短歌、日本語、斎藤茂吉、佐藤佐太郎について考える

星座かまくら歌会2018年12月

2018年12月09日 | 「星座の会」「星座α」
星座かまくら歌会 2018年12月 

                 12月7日 於)鎌倉大路ビル


星座かまくら歌会。久しぶりに尾崎主筆が出席して作品の講評をした。


作品一首について、参加者が批評して、星座、星座αの選者が講評、最後に尾崎主筆が〆の講評という展開で行われた。


僕の講評の概略は次の通り。

「言葉が重出している」「一瞬を切り取っているか」「言葉の使い方に無理はないか」


「何をどうしたかが明確か」「心情が表現されているか」「擬人法が無理に使われている」


「季節感を入れて心情の協調ができる」「表現が甘い」「詠嘆の助動詞の意味が伝わるか」




尾崎主筆の講評は以下の通り。


「切り込みは良いが工夫を」「日記風な作品は今でないとわからない」「命令形の是非」

「結句の難しさ」「心理的なものはスッと詠め」「少々興味本位だがこういうのもあり」

「技巧的だが着眼点はよい」「作品は声に出して読め」「擬人法が目立ちすぎる」


 最後に大切な指摘が二つ。


「自分の歌はこうだというものを持て」

「人の作品を批評するのは自分を批評するのと同じ」

最後のこの二言に重みがあった。
『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「憲法と平和」日本ペンクラ... | トップ | 東アジアの安全保障環境の激... »
最近の画像もっと見る

「星座の会」「星座α」」カテゴリの最新記事