UGUG・GGIのかしこばか日記 

びわ湖畔を彷徨する独居性誇大妄想性イチャモン性前期高齢者の独白

庵の秋・・・(その一かもしれません)

2018-09-21 01:26:49 | 日記
わが庵にも人並みに秋が来ております

今日の写真は人並みに秋が来ました庵のサザンガーデンを撮ったものです。クリックしてご覧いただけば幸いでございます

わがガーデン、写真でご覧いただけますように

「八重葎茂れる宿のさびしきに人こそ見えね秋は来にけり」(恵慶法師)

にふさわしい雰囲気になってまいりました。

ただし、この写真に肝心の八重葎さんは写っておりませぬ。でも秋は来にけりなのです。つまり八重葎が茂っていてもいなくも秋は来るのです。

そして、ときおり気まぐれに知人が立ち寄ったりはいたしますが、それでも秋は来るのです。

そして、たとえ人は見えても、さびしいときは寂しいのございます。でも人こそ見えねのときでもさびしくないときは寂しくないのであります・・・・

つまり、八重葎が茂っていてもいなても、人が見えても見えなくても、秋で来ていても来ていなくても、人は寂しかったり寂しかったりする・・・

というのが人生の真実、セ・ラ・ヴィ・・・

なもあみだぶ・なもあみだぶ・なもあみだぶ・・・・

グッドナイト・グッドラック!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「黒い足」・・・あるいは血... | トップ | 庵の秋(その二):巻積雲か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事