UGUG・GGIのかしこばか日記 

びわ湖畔を彷徨する独居性誇大妄想性イチャモン性前期高齢者の独白

選挙に負けても自分の掲げた政策を実現させるサンダースさん!

2017-01-19 00:25:23 | 日記

1月20日のトランプさん大統領就任を前にして、日本のマスコミもいったいこれからどうなるのと大騒ぎのようでありますが、米国には何もトランプさんのようなムチャクチャに歴史を引っ掻き回そうとする政治家だけがいるわけではありませぬ。

まだまだ、ニッポンの政治家よりも志の高い、見識と実行力を併せ持った政治家がいるのです。それはあのバーニー・ダンダースさんです。

移り気な日本のマスコミさんのせいで、はずかしながら熱烈応援した(つもりであった)サンダースンさん、彼が民主党が大統領選で負けてしまった後どうしているのか、GGIろくに気にかけておりませんでした。まことに恥ずかしきことであります・・・・

そうしましたら先日、親切なるコメンテーター氏から、「日本の大マスコミはロクに報道していないようだけれど、あちらでは、サンダースが大統領予備選において目玉政策としていた 公立大学の授業料無償化がニューヨーク州の公立大学で実現する運びになったというニュースが大きな話題になっているのだ、GGIよ、何をボケておるのだ」という貴重なるお知らせがありました。

このような大切なニュース知らなかったとは、これはまことに恥ずかしきことであることよなあと、反省しながらネットさんのお世話になりましたら、日本では日経新聞や東京新聞などが簡単ではありますが報道しておりました。またCNNは1月3日に行われたニューヨーク州知事の会見の様子を映像でも伝えています。クモオ知事による会見にはサンダースさんも同席しており、最後にサンダースさん、この動きを全国に広めると快気焔、熱烈聴衆をまえに熱弁を振るっていました。彼の登場で会場は嵐のごとき大歓声と万雷の拍手、サンダース未だ大健在でありました。ニュースの具体的内容は文末に、日経、東京新聞、CNNのサイトを記しておきましたのでご覧になってくださいませ。

米国では大学や大学院の進学のため、学生自身がローンを組んで借金するのが一般的であり、そのため平均3万~4万ドルの借金を背負って社会に出ることになり、その負担の大きさが社会的問題となっています。このため、昨年の民主党の大統領予備選でクリントン氏と争ったサンダースさんは、彼の中心的政策のひとつとして、公立大学の授業料の無償化を挙げていました。クリントン氏は最初このサンダースさんの政策を疑問視していたのですが、若者が熱烈にこの政策を掲げたサンダースさんを支持していたため、後に自分の政策として取り入れました。

サンダースさん、選挙には敗けても、こうして自分の政策を実現していくのです。このような政治家がいるかぎり、トランプさんのような政治家が出てきて一波乱、二波乱あっても、米国の民主主義が大きく道を踏み外すはずはないであろう・・・・と言っては楽観的すぎるのでありませうか・・・

以下、東京新聞のサイト

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201701/CK2017010402000191.html

以下、日経のサイト

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM04H8G_U7A100C1FF2000/

以下、CNNのサイト

http://money.cnn.com/2017/01/03/pf/college/cuomo-new-york-free-tuition/

グッドナイト・グッドラック!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 節分だからといって、そんな... | トップ | みなさん、失せものに注意い... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バーニーさんの怪気炎 (ポン)
2017-01-20 15:46:26
あの熱烈 口から火を噴いた動画をご覧になったようで、ありがとうございます。

若い人たちには大人気のバーニーさんです。 見ていて私でさえ元気が出て、希望がもてる演説です。
記録映画でなくて同時期に起こっている、よい演説でした。
オバマのオッサンは一生懸命演説しますが、心に響くのを聴きませんね~~残念です。
バーニー爺さんのほうがはるかに明るい未来を見せています。

さて、
またネット上で保存されているつい先ごろのニュースですが、
有名ニュースキャスター爺さんが(名前しらん)が バーニーさんグループの主なスタッフにインタビューしていました。

一番面白かったのは。
スタッフ頭曰く:
長くソーシャリストという言葉は忌み嫌われた言葉でマイナスのイメージを持っていたが、それは昔の人のイメージであり、
今日30歳ぐらいまでの若い人たちにとっては、
バーニーさんが言う ソーシャリスティックな社会は プラスの肯定的イメージを、持っているのです。

いろいろインタビューしていましたが、
終わりに、
インタビューしていたニュースの大御所の爺さんは、
あんたはス~バラシイ、又来てね~~
といっていました。

そらそうですわな~~、
数人の大富豪の資産が最下位3億人でしたっけ30億人のでしたっけ、の資産と同という現在、米国の貧困にあえぐ若者に北欧各国が羨ましく思えるのは当たり前のことでしょう。

ヒョットしたら、
米国は今大転換をしようとしているかも!! です。


さて、
今日の大統領就任式に向かって行進しているトランプ反対デモは、
日本の極悪メディアはチャンと伝えるでしょうか、
まあ、むりでしょうな~~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事