UGUG・GGIのかしこばか日記 

びわ湖畔を彷徨する独居性誇大妄想性イチャモン性前期高齢者の独白

京阪電鉄石坂線さんによる不正乗車の誘惑・・・

2017-10-30 01:18:44 | 日記

世の中、いろいろな誘惑が存在していますね。GGIは誘惑と親和性がいいので毎日たいへんです。

誘惑にはいろいろあります。いちばん身近でついつい負けてしまうのは「怠惰」と言う名の誘惑ですけれども、きわめて日常的な誘惑の一つに「不正乗車」の誘惑というものがございます。

最近はイコカなどのプリペイ・カードを利用している方が多く、そういう方々には無縁な誘惑なのですが、GGIはカードが必要とされるような忙しき生活はしておりませぬ。ですから、その都度、自動販売機におカネをほうりこんで買う主義です。自販機におカネを入れるときには、不正乗車の誘惑が常に存在しております。

GGIは清き正しき良識ある小市民であると自負しておりますので、不正乗車なんてとんでもないことだ、イケナイことだと常日頃考えています。たしかにそう考えてはいるのです。しかしながら、二両連結であるところの京阪電鉄石坂線さんの駅に貼ってある実に魅惑的なポスターを目にしますと、思わずオツムがクラクラして誘惑に敗けそうになってしまうのです。

今日の写真は、この誘惑に満ち満ちたポスターを撮ったものです。ぜひクリックしてご覧くださいませ。ポスターに曰く、

《係員不在時は ご使用済の乗車券は「集札箱」にお入れください》

坂本や石山寺という終点の駅や京都への分岐点である浜大津の駅は別ですが、その他の小さな駅では、確かにこのポスターに書いてあるとおり、改札口の近くに「集札箱」と書かれた小さな箱が設けられています。

まことにリッパなことが書いてあるポスターであります。乗客の良心に全幅的な信頼を寄せているのです、不正乗車をするような不心得な市民なんかいるはずがないという前提に立ったポスターであります

でもですねえ、京阪電鉄石坂線さま、このポスターを見れば、誰だって思いつくではありませんか。そうかあ、係員がいないときであれば降りるときに切符なんて持っていなくても大丈夫なんだあ、キップばなくても大手を振って降りることができるんだあ・・・・それなら・・・ここで何となく不正乗車への誘惑が芽生えてしまうのです

不正乗車の一つに「キセル乗車」というのがありますね。いまやキセルそのものをを目にする機会がほとんどありませんので「キセル乗車」という言葉も死語に近いかもしれませぬが、ウィキペディアさんの定義によりますと以下のような行為を指すとされております。

《鉄道運賃は、乗車駅から降車駅までの乗車券を買わなければならない(乗り越し制度がある国では車内や駅改札にて精算することもできる)。しかし、乗車駅からその近くの途中駅までの乗車券と降車駅の近くの途中駅から降車駅までの2枚の切符を使用して両方の改札を通った場合、これは不正乗車に当たる。これをキセルと呼ぶ。》

正確に申しますと京阪電鉄石坂線さんの場合はキセル乗車ではなく半分キセル乗車ともいうべき不正乗車の方法が十分に可能なのです。つまり、乗るときにどこか近くの駅までの切符を買いさえすればいいのです。降りる時は係員さんがいなければフリーパス、切符は二枚でなく一枚で済む「半キセル乗車」とも言うべき行為がその気になれば可能なのです。そうだよなあ、可能なんだあ、可能なんだよなあ、どうするかなあ、どうするかなあ、と心は知事に千々に乱れます・・・これが誘惑ではなくて何でありませうか!

ですから、このポスターは「不正乗車のススメ」であると言ってよいでありませう

日中は小さな駅でも駅員さんがいることが多いのですが、夕方から夜にかけて、また日曜などの休日は駅員さんがいないことが多いのです。ですから正しい乗車券を買って、電車を降りてから駅員さんがいないことに気付いて、しまった、半キセル乗車をすれば良かったと思いながら「集札箱」なるものに使用済み切符を無念の思いで入れてしまうことがしばしばあります。

でもですねえ、京阪電車さんのこの方針はあまり徹底されていないのではないかと思われることもあるのです。世間に公言した方針でありますから、方針は方針としてもっと徹底してほしいと思うことがあるのです。

改札口が車両の先頭方向にある駅で、後ろの車両から下車して、しめしめ今日は駅員さんがいないので半キセルができる思いながらプラットホームを前のほうに進んでいきますと、ふつうは運転席の横を通っても運転者さんは知らぬ顔をしていますので半キセル成功ということになるのですが、マジメな仕事にきわめて熱心な運転手さんの場合は、ポスターに書かれている方針を無視して、運転席から顔をだして切符を渡すよう求めたりすることがあるのです。この場合は当然ながら乗り越し分を払わざるを得ないことになります。残念・・・

GGIも一度大失敗したことがあります。夜遅くに京都の三条駅から半キセル乗車し、わが庵に近い駅でおりたのです。シメシメ、今日は半キセルのおかげで大節約だと思いながら、ぶらぶらプラットホームを歩いていきましたら、運転手さんが運転台から顔を出して待ち伏せしておりました・・・ああ、なんていうことでありませう、あえなく半キセルに失敗・・・

京阪電車さんも、結構考えていらっしゃるようです、夜遅くは半キセルの乗客が多いので注意しなさいと運転手さんに言っているのでありませうか・・・

【謹告】京阪電鉄石坂線さまゑ、
いまここに書きましたことは全部嘘っぱちです。信用しないでください、真実はひとかけらも存在しておりませぬ、湖都の市民はみんなみんな正しい乗車をしているのです。どうかお信じくださるようお願い申し上げます

なもあみだぶ、なもあみだぶ、なもあみだぶ・・・

グッドナイト・グッドラック!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 城下町「大栗おまんじゅう物... | トップ | 超初級貧困問題講座、まずは... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
京阪石坂線 (みんなのターボー)
2018-06-18 10:04:18
京阪電車石坂戦についてのブログ、大変興味深く拝読しました。
石坂線のキセル乗車については、小生もこれまで駅係員に対し意見するなど、不正防止対策を訴えてきたところです。
人件費削減など経営方針もあるとは思いますが、定時運行の大看板の元、不正乗車を見過ごしている姿勢に、毎日歯がゆい思いをしています。
このままだと、料金収益の減少は明らかで、ひいては運賃値上げにつながる問題です。
それ以上に、不正乗車の輩を見るたびに小生の正義感を逆なでされる思いでおります。
加えて、本年4月から設置された有料駐輪設備も、きちんと前輪を納めない不正使用が多く見られます。
これら京阪電車の曖昧な対応が、料金値上げにつながっては、小生の生活にも影響多大・・・
引き続き、京阪電車に意見していくつもりです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事