花と野草の写真集

植物園の花や野草の写真や、希に風景写真も写しています。
また日常の出来事や感じた事を写真付で綴ってみます。

タンキリマメ

2015年09月30日 | つる性植物
タンキリマメ(痰切豆)
(マメ科 タンキリマメ属)
南関東以西の平地から山地の林縁や草原に生育するツル性の多年草です。
この豆を食べると痰が出るのを押さえられるということから付いた名前です。
果実は熟すと鞘が真っ赤になり、その後爆ぜると黒い種子が2個飛び出してきます。
(撮影場所:万博公園自然文化園)

コメント

サクラダテ

2015年09月30日 | 山野草

サクラタデ(桜蓼)
(タデ科 イヌタデ属)
湿地や水辺に生え、花穂は細長く、まばらに5弁の淡紅色の直径5〜6mmの花をつけます。
あまり目立たないタデ科の花の仲間では、華やかな花をつけるのでよく目立つ。
(撮影場所:六甲高山植物園)

コメント

アサギマダラ

2015年09月30日 | 昆虫
アサギマダラ(浅葱斑)
(タテハチョウ科 アサギマダラ属)
翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動することで知られてます。
この日は写友の皆さんと植物園へ訪れ、上手くアサギマダラを捉えることができました。
止まっている花は「タムラソウ」と教えていただきました。
(撮影場所:六甲高山植物園)
コメント

昨夜のス-パ-ム-ン

2015年09月29日 | 
中秋の名月は9月27日でしたが、ス-パ-ムンは昨日でした。
ス-パ-ム-ンの瞬間時刻は午前11時50分で太陽が出ている昼間。
当然無理なので大きく見えるのは18時~19時30分が最適だったようです。
間に合わなかったので23時46分の撮影となりました。
(撮影場所:自宅のベランダより)

コメント (2)

タコノアシ

2015年09月29日 | 山野草


タコノアシ(蛸の足)
(ユキノシタ科 タコノアシ属)
多年草で湿地や休耕田に生え、草丈は40~80cmで茎の先端から数本の花序を出す。
花序に小さい花が密に付き花の直径は、0.5mmと小さく花弁はない。
名の由来は小さな花が密に付いた花序が蛸の足のような形をしているため。
(撮影場所:六甲高山植物園)

コメント

ミゾソバ

2015年09月28日 | 山野草
葉の形からウシノヒタイ、花の形からコンペイトウグサなどと呼ばれる。

ミゾソバ
(タデ科 タデ属)
葉がソバに似て川や田、谷川などの溝地に育つのが由来です。
蕾の状態は多く見られましたが、花はまだ完全に花が開いていませんでした。
(撮影場所:六甲高山植物園)

コメント

サンシュウの実

2015年09月28日 | 果実
サンシュユ(山茱萸)の果実
(ミズキ科ミズキ属)
早春には小さな黄色い花を見せてくれたのに果実がホンノリと紅く染まってきました。
(撮影場所:万博公園日本庭園)

コメント

垂れ下がる萩の花

2015年09月27日 | 樹木の花
小さな寺院の境内にハギの花がたくさん咲いていました。
垂れ下がった構図が気に入りました。
(撮影場所:居住地の寺院境内にて)

コメント

ゲンノショウコ

2015年09月27日 | 山野草
雌しべの先が5裂した花とまだ咲いてから間もない花を捉えてみました。

ゲンノショウコ(現の証拠)
(フウロソウ科 フウロソウ属)
六甲山を歩いて散策すると、思いがけない紅白の花を見つけることがあります。
(撮影場所:六甲山登山道にて)

コメント (2)

コスモス : 三題

2015年09月26日 | 山野草
題名 : 「もっと晴れて欲しかった」

題名 : 「静かに輝きたい」

題名 : 「木陰でヒッソリと」

まだ咲き始めたばかりですが、一部で咲き始めたのでこれからが楽しみです。
(撮影場所:万博公園自然文化園:花の丘)

コメント