花と野草の写真集

植物園の花や野草と、希に風景などの写真ブログです。

ヒシの花

2018-09-15 07:07:16 | 水生植物


ヒシ(菱)の花
<ヒシ科 ヒシ属>
湖沼やため池、河川、水路の淀みなどに生育する浮葉植物。
花期は7月~9月に白色で4直径1〜1.5cmを咲かせる。
(撮影場所:万博公園/日本庭園)

撮影日:2018年9月3日



コメント

ヒツジクサが咲いていた

2018-09-13 08:00:38 | 水生植物




ヒツジグサ未草
スイレン科 スイレン属>
地下茎から茎を伸ばし、水面に葉と花を1つ浮かべる。
花の大きさは3~4cmで萼片が4枚、
花弁が10枚ほどの白い花を6月~11月に咲かせる。
未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることから、

ヒツジグサと名付けられたといわれるが、
実際は朝から夕方まで花を咲かせる。
(撮影場所:六甲高山植物園)

撮影日:2018年8月29日

コメント

タヌキモの花

2018-08-18 19:23:04 | 水生植物





タヌキモ(狸藻)の花
<タヌキモ科 タヌキモ属>
水生植物と地生植物を中心に構成されており、世界中の淡水湖沼や湿地に分布している。
水草として生育する種は、より大型の捕虫嚢をもつため、
ミジンコや発生初期のオタマジャクシなどを捕獲することができる。
花は上下に2つの非対称な唇形の花弁をもち、通常下側の花弁が上側より大型となる。
地上部に突き出すのは、基本的には花軸だけで種類によって様々であるが
2mm~10cmまでさまざまな大きさの花をつける。
(撮影場所:京都市内 深泥池)
 
撮影日:2018年8月14日
コメント

ガガブタ

2018-08-07 07:39:18 | 水生植物




ガガブタ(鏡蓋)
<ミツガシワ科 アサザ属>
湖沼、溜池や水路などに生育する多年生の浮葉植物。
7月から9月にかけ、湖面に浮かぶ端正なハート型の葉。
白い花は清涼感があり、酷暑あるいは残暑をやわらげてくれる。
全体の状況を写すのを忘れたが、今年は沢山咲いていた。
(撮影場所:京都府立植物園)

撮影日:2018年8月3日

コメント

白いスイレンの花が綺麗だ

2018-06-10 17:11:06 | 水生植物


樹木に覆われた池のスイレンだけに陽が射して一際目立っていた


映り込みが目的だったが、イメージのようには写せなかった


咲いてからまだ時間が経過していない様な感じだった
(撮影場所:万博公園自然文化園)

撮影日:2018年5月9日

コメント