U100のハードディスクを取り替える

いつも通勤時に使っているネットブックU100。
無線LANも使えるようになり、充電池も6セルのに変えて長い時間使えるようになって、全く不満が無くなっていたのですが。

PCオーディオの再生装置として使おうと思うと、CDを取り込むには80GBのハードディスクは容量が小さすぎます。
CDを20枚ぐらい取り込んだらもうかなり残りわずかに。
NASでも導入して、取り込んだCDのデータはそっちによけておいて聴きたいときにネットワーク経由でネットブックU100に持ってきて聴く、という方法もありますが、なんだかいちいち面倒だ。
そもそも、PCオーディオの系は普段はつないでいないので、ちょっとPCオーディオで聴いてみようという時には、シリコンバッテリーやらRSDA302Uやら取り出して、U100とRSDA302UをUSB接続、RSDA302Uをシリコンバッテリーにつなぎ、普段はマランツの普通のプリメインアンプにつながっているスピーカーケーブルをRSDA302Uのスピーカー端子につなぎ…、という一連の面倒な準備が必要で、さらにNASから大量のCDデータをネット経由でU100に移動するとなると、そもそもPCオーディオという遊びをやる気がなくなってしまいそうだ。

というわけで、U100のハードディスクの換装を敢行することに決めた。

まずビックカメラで買ってきたHDDコピーソフトである「HD革命コピードライブ」と、2.5インチのHDDをUSB外付けHDDにするやつ(980円)。


そして、新宿の渋い場所にあるドスパラで買った500GBの2.5インチHDD。


で、買ってきたHDDをU100に接続です。
無事に外付けHDDとして認識されました。980円でもちゃんと仕事しますね。


「HD革命コピードライブ」によるコピーが終わりました。
本当にあとは付け替えるだけで大丈夫なのでしょうか。あまりに簡単すぎますが。


手馴れた感じで、裏側のパネルをはずします。
もうホントに慣れたもんです。


前に取り替えた無線LANデバイスを一旦とりはずすと、HDDを固定している隠れたネジがあらわれます。あとはこのネジをはずすだけ。


はずれました。
新旧のハードディスク。80GBと500GBです。


新しいハードディスクを付けて、元通り。





電源を入れると?   …無事にWindowsが起動しました!


「新しいデバイスが見つかりました」というようなメッセージが出て一度再起動しましたが、その後は普通に使えています。
500GBになりました。


拍子抜けするほど簡単でした。
Windows XP に2GBのメモリでさくさく動くし、6セルのバッテリーで4時間以上電池がもつし、さらにハードディスクが500GBに。
モバイル用のマシンとして、もうこれ以上求める気がしませんね。

CDを1枚取り込んで、最大でも700MB。
100枚取り込むと最大70GB。
500枚取り込んでも350GB。
所有しているCDの中で、PCオーディオの音で聞いてみたいCDってきっと500枚は無いだろう。
ってことは、このネットブックU100の中に全部入れておけるってことだ。
素晴らしいぞ、これは。
シリコンバッテリーだけは重たいけど、RSDA302Uも小さくて軽いから、これならどこへでも持っていけるんじゃないか。
人の家に行って、そこのスピーカーだけお借りして音を鳴らすってことも、やろうと思えば出来ちゃうんだなぁ。400枚のCDをとっかえひっかえ。
なんか楽しそうな予感。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« グラス集め 河原へ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。