車の維持費について考えてみる の巻

ウチのラパンは、もともと走行距離12Kmだったか、20Kmだったか、それぐらいの「新古車」を88万円で買ったもので、諸費用込みでちょうど100万円だった。

で、毎年かかってるのが、
保健:  28000円 ぐらい
税金;   7000円
オイル代: 9000円 (1回3000円ぐらいで年3回ぐらい)

あと、車検はディーラーに出して、1回に70000円ぐらいかけている。(なんでも言われるがままに交換してるのだ)。

とすると、今まで6年間にかかったお金を計算してみると、1404000円。
月あたり19500円ということになる。

このまま、あと4年乗って10年間で考えると、月あたり14333円。

やっぱり軽自動車はすべてにおいて安いなぁ。

ところが、こないだマツダでワゴンR(じゃないか、AZワゴンっていうのか)の見積もりをいただき、ついでにラパンの下取り金額を出してもらったらなんと40万円で下取りしてくれるというじゃないですか。
88万円で買って6年乗った車が40万円で売れるのか??びっくりです。

上の計算の6年でかかった総額から40万円を引いて計算すると、この6年間にかかった月あたりのお金は、13944円になる。月に1万4000円しかかかっていない。
10年乗って、下取り価格が20万円になったとして計算すると、12667円。

うーん、やっぱり今売るよりも、たとえ下取り価格が下がったとしても10年乗ったほうが安く済むってことなんだなぁ。

毎日乗るわけじゃないけど、1日あたり400円ちょっと。
軽自動車って、やっぱり維持費が安いよなぁ。安すぎるよなぁ。

駐車場がゼロ円というのがデカいわけですがね。

という計算をしてみましたとさ。

おしまい。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« BIUTIFUL ビ... ゴーストライター »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。