Your Song Is Good / Your Song Is Good

新宿のタワーレコードにかなり前からオルガンのコーナーがあって、そこに行くと、ついつい視聴して、ついつい買ってしまうのだ。オルガン好きがひっかかるクモの巣みたいな。毎回毎回、見事にワナにはまっているのだけど、このCDもそこで視聴して買ってしまった1枚。

スカとかカリプソとかソウルとかファンクとか、「俺たちこういう音楽が大大大大好きでぇ~す。」という気持ちがビシバシ伝わってくる楽しい雰囲気のノリノリパーティーアルバム。オルガンが気持ちいいっす。とにかくこのCD聴いてると彼らのライブに行きたくなる。なんかもう汗だくで笑いながら踊り狂えそう。きっと最高だろうなぁ。行きたいなぁ。こんなバンドがいたんだねぇ。今年のフジロックの出演が決まっているらしい。決まるよな、そりゃ。

ひとつだけ、
演奏のレベルも高いし、いい音楽をたっぷり聴いてきた人達だと思う。見事に彼らの大好きなさまざまな音楽をその楽しさも含め「再現」してみせているように思う。思うんだけど…、「忠実な再現止まり」という印象が無いわけではない。ドライ&ヘビーとか、スーパー・バター・ドッグとかも、聴いてて思うんだけど、「見事な再現だな」ってこと。そういう音を大好きなのはわかるし、日本でいまライブで聴けるということは非常に嬉しいしありがたいことだと思うんだけど、じゃあオリジナリティーは?という気がするのです、なんとなく。ライブには価値があるけど、CD買うんだったら、元ネタとなっている過去の超名盤を買って聴くほうが良いのでは?と。いろんな音楽を聴いてきて、咀嚼して消化して結果出てきたワン・アンド・オンリーの彼らだけの音ってのを聞かせてほしい。でないと、聴いて「気持ちいい」とは思うけど、決してビックリしない。「すげ~」とか「なんだよ、これ!」とか「やられた、打ちのめされた」とか思わない。

いや、このバンド大好きです。大好きだからこそ期待しちゃう。なんつーか、世界中で彼らだけしか作れない音楽をぜひ作ってほしいと。とか書いてますが、本当にオリジナリティーを感じるバンドなんてほとんどいないんだよね。フィッシュマンズとか、今だとメデスキ・マーティン&ウッドなんですけど、俺の場合。そういうところまで行ってほしいなぁ、と。今のファンは逃げるかもしれないけども。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« スパイダーマン2 ガールファイト »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。