軽自動車でスキー

スキーに行っていつも思うのは、スキー場の駐車場には、軽自動車がほとんど無いということ。

あっても、パジェロミニとかジムニーとか、あとはバモスとか。

ウチみたいな、軽の中でも小さい車でスキーに行く人というのが、まぁ、ほんとにいないわけです。

ステップワゴンとか、ノアとかヴォクシーとか、セレナとか、アルファードとか、あと、ランクルとか、プラドとか、そういう車がずらーっと並んだ中で、ラパンがちょこんと停まっているのを見ると、逆にちょっと優越感を覚えます。

このスペース効率を見ろ!と

660ccのエンジンで家族4人、全員分のスキーとブーツと荷物を全部積んで、ちゃんとスキー旅行ができているのだから。

で、最近思うのは、軽自動車かどうかはともかく、ミニバンみたいな背の高い車よりも、むしろ、セダンとかワゴンのような背の低い車の上にルーフボックスを乗せている状態が、実は一番アウトドアに向いているんじゃないかということ。

だって、ラパンの上に乗せた比較的小さいルーフボックスには、168cmまでの長さのスキー板が6本だったかな?、それぐらい載せられるのだ。
今は、妻の165cmぐらいのスキー板と、娘の128cmのと、息子の118cmのと、僕の100cmのを載せて、さらに、僕と妻のブーツを載せて、さらに、着替えなんかを入れたバッグを2つ載せて、それでもまだ余裕がある状態でスキー旅行に行っている。

これで、ルーフボックスまで入れた高さが1907mmしかないので、大抵の駐車場に入れる。

まぁ、さすがに軽自動車の660ccのエンジンだと高速道路での加速が悲しいので、理想はきっと、カローラワゴンとか、それぐらいの背の低い車の上にルーフボックスを乗っけることではないかと思うのだ。

理想的には、車高は低いんだけど、最低地上高は高めで、小回りが利いて、車自体は小さい。

実は、それが最強アウトドア車なのではないかと、ラパンにルーフボックスを乗せてスキー旅行に行ったり、キャンプに行ったりしていて思うことなのです。

たしかに室内高が高いと、乗っていて気分がいいのはわかるんだけど、でも、スキー板とかを載せようと思うと、あの高さの車の上にスキーキャリアを付けて、その上にスキー板を載せたりするのって、前にビッグホーンに乗っていた経験からすると、すげー面倒だと思うのだ。あの高さで荷物を載せたりおろしたりするのってのが。

なので、最近、低めのワゴンにルーフボックスを乗っけている車を高速道路で見かけると、「おぬし、わかっておるのぉ、ふふふふふ」と思うのだ。
ミニバンって、スキー板とか長いものを載せようと思うと、実はけっこう不便なんじゃない?と。

ま、スキーなんてやらねーよ、スノボだよスノボ、って人にとっては関係ない話だろうけどね。

というわけで、最近は、ラパンから次に乗り換える車を何にしようかと思うときに、だんだんと、背の低い車を意識しているわたくしなのです。

で、マニュアルで4WDだと、それが最強だな、と。

おしまい。

くだらない駄文を書いていたら、ヒジョーに眠い。


*追記
カローラワゴンはいくらなんでもダメか。
レガシーのワゴンとかが最強かな。
でも3ナンバーになっちゃって小回りがイマイチか。
それにしても、日本車だとMTが選択できる車って本当に少ないよね。
あ、カローラワゴン(フィールダーっていうのかな)も、もうMTは無いのだね。悲しい世の中だね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 黒姫でスキー 宇宙人ポール »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。