I-K900でアートワークを表示させるための備忘録

自分のための備忘録。

結局、(おそらく)WMAではアートワークは表示できない(みたい)。

CDから取り込むときの形式をMP3にする。
で、価格コムのクチコミサイトからの情報により、以下のようにすればOK。
・mp3tagというソフトで、IDタグの形式をV2.3 にする(他のバージョンのタグ情報は削除)
・画像形式はjpg 500kb以下に
 pngはダメ、jpgで大文字拡張子はダメ
 mp3tagというソフトで、image/jpeg はOK、image/JPG はNG でした

問題は、すでにWMAで取り込んでしまった楽曲のかずかず。
そこでけっこう悩んだので忘れないうちに書いておこう。

WMAのものをまず「Free WMA to MP3 Converter」でMP3に変換する。
この時、WMAの状態でもともとタグ情報がしっかり入っていれば、それがMP3ファイルにも継承されるっぽい。
つまり、MP3にしてからタグ情報を入れなおすのが面倒(というか、あんまりうまくいかない)なので、タグ情報をちゃんと入れたかったら、あらかじめWMAの時にタグ情報を入れておくべし。

MP3にしてからMp3tagを使って、アートワークを追加する。アートワークだけを追加するのが吉。

上記でたいてい上手く行く。

が、なぜかMp3tagでタグ情報やアートワークを追加できない場合はiTunesを使うべし。
WMAをMP3化するときに、「Free WMA to MP3 Converter」の代わりにiTunesを使う。
iTunesでインポートするとMP3になる。(iTunesの設定をMP3で取り込むように設定しておく)
で、楽曲を選択した状態で右クリック。→「IDタグを変換」→V2.3
これで、とにかくIDタグがV2.3で作られるっぽい。
(Mp3tagを使ってもタグ情報の編集ができないのは、そもそもタグ情報が全くない、もしくは、タグ情報が壊れているみたい。iTunesでゼロからタグ情報が作られるように思う。)
で、いったんiTunesでタグ情報を作れば、Mp3tagでタグ情報を編集できるようになり、アートワークを追加できる。

以上。
まぁ、今後は最初からMP3で取り込むから上記の情報は不要になるはず。

とりあえず、今回かなり悩んだので備忘録。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« カーステをさ... 日本海の海へ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。