キャルペッパーラパン


このブログ、検索から来てくれている人、つまり常連さんじゃなくてこのページにたどり着いてくれている人が、どんな検索ワードでこのブログにやって来ているのかというと、常に上位にランクされているのが『キャルペッパーラパン』。

そうだよね~、キャルペッパーラパンの素敵な顔をどこかで見てしまったら、「自分も、やっぱりキャルペッパーラパンがいい~、ほしい~!!」って思う人も多いよねぇ。でもその割にはネット上にもあんまり情報がないもんなぁ。

で、あらためてこのブログのキャルペッパーラパンのページを読み返してみるとあんまり情報らしきことを書いてないなぁ、と。
せっかく来てくれた人、ごめんなさい。

というわけで、僕の場合はこうだった、というのを書こうと思います。

まず、僕が最初にこのフロントフェイスを知ったのは、トータスという会社のロードポタージュIIと名付けられたラパン。最初はここで買おうと思いました、本当に。でも色々とネット上を調べまくった結果、このトータスっていう会社のロードポタージュIIは、実はブロウ(BLOW)という会社が作ったフロントフェイスをくっつけて塗装して売っているだけだということがわかったのです。

ブロウさんのホームページ↓
http://www.blow-net.co.jp/

で、ですね、どう考えても、トータスから完成した車を買うよりも、自分で買ったラパンにブロウさんでフロントフェイスをくっつけてもらったほうが安いみたい、ってこともわかりました。
こうなると、ブロウさんに連絡をしてみるしかありません。

で、ホームページに載っている電話番号にまず電話してみました。
電話に出たのはBLOWの富田さんという感じのいい若い女性でした。
あとで知ったのですが、富田さんがBLOWの社長さんでした。
なんか、車の改造とかする会社って、両腕にすごいタトゥーをしているこわいお兄ちゃんが「はい、なんすかっ?」って電話に出てきそうなイメージだったので、ちょっとビックリしたのと、富田さんの丁寧でしっかりした電話の受け応えですっかり安心したのを覚えています。

実は僕はこの時点でまだラパンを買ってませんでした。
スズキのディーラーに行って、ココナッツベージュとミルクティーベージュの色のちがいを聞いたり、パンフレットをもらったり、中古車サイトを検索したり、そんなことをしている時期でした。

僕が電話で聞いたのは、
・そもそも自分の車のフロントフェイスを変えてもらうことはできるのか
・できる場合の段取り。
でした。で、「もちろん出来ますよ! 車を直接持ち込んでいただいてもいいですし、ご相談にお乗りしますよ。」というような回答をいただきました。

その後は、メールでの連絡だったと思います。
・だいたいの金額(フロントフェイスキット代金+塗装代金+取り付け代金)
・納期
・代車はあるか
金額は全部で10万円弱、納期は混みぐあいにもよるけど1週間、代車はある、ということでした。

僕は同時に中古車でココナッツベージュの新古車を発見し、そっちの中古車屋さんとも電話でやりとりしたりしてました。夏に家族でラパンに乗って海に旅行に行きたかったので、中古車の納期と、それをブロウさんに持ち込んでフロントフェイスを塗装・交換してもらう納期とを計算し、けっこう綱渡り気味のギリギリのスケジュールだったのです。

で、どうやらスケジュール的にも大丈夫だったので、お願いすることになり、たしか自分で車を持ち込む以外にも色々方法があったと思うのですが、せっかちな性格なので直接車を自分で運転して持ち込むという方法を選びました。
指定されたのは、ブロウさんの会社ではなく、フロントフェイスに塗装して交換してくれるオートメイクという板金・塗装屋さんで、僕は真夏の暑い日に買ったばかりのラパンを運転してオートメイクさんに行きました。富田さんも来ていてくれて、「ここまで道に迷わずに来れたのはスゴイ!」なんて言ってもらいましたね。たしかに、ちょっとわかりづらいところにありましたね、オートメイクさん。

マブタ(まつげ?)は付けないでください、と言ったら富田さんちょっと悲しそうでした。ごめんなさい。でも無いほうが僕は好きなので。。。

で、このブログにも写真を載せたミラを代車として借りて帰宅し、その1週間後にまたミラでオートメイクさんに行って生まれ変わったラパンと対面したのです。
代金は、フロントフェイス代金を富田さんに、塗装・交換代金をオートメイクさんに支払いました。これを合計すると10万円弱。

で、素敵なフロントフェイスのラパンを運転して颯爽と家まで走ったのでした。ニヤニヤしながら。。。

なーんだ、結局関東近県に住んでないとダメなんだ~、とガッカリした人もいらっしゃるかもしれませんが、ブロウさんのホームページを見ると、「ギャラリー」のところには地方に住んでいて、フロントフェイスを取り寄せている人もいらっしゃいます。ので、あきらめずに富田さんに相談してみてはどうでしょう? とっても丁寧に対応してくれますよ、きっと。

で、僕はというと、あれから1年以上が経ちましたが、今でもこの顔が大好きです。次に車を買うとしたらどれだろうなんて色々考えてみるのですが、でも色々と考えると結局の家の駐車スペースには軽自動車しかフィットしないし、もしラパンが製造中止になったら最後の最後にまたラパンを新車で買って、そしてまたフロントフェイスをブロウさんで交換したい、なんて本気で思っているのです。



車ってものが、メーカーの押し付ける色・カタチをただ受け入れるのではなく、自分であれこれいじっちゃって良いのだ、っていう気分になれたのも、とても良い経験でした。家を建てた時も「なにをしようが自由なんだ!」という解放されたような気分でしたけど、ブロウさんのおかげで車についてもそういう気分でいます。トータスさんで完成したキャルペッパーラパン(ロードポタージュ)を買ってたらそういう気分にはなれなかったでしょう、きっと。
車って、自分で好き勝手にいじくれるもの!という気分。楽しい~。
そういう意味でもオススメです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 世界で一番パ... コーヒー&シ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。