虹の架け橋

2004年の44歳から綴ってきた上野塾ブログ。塾長として、男として、父親として感じたことをそのまま記した夢記録。

上野塾 教育講演会のご案内

2010-10-25 | 教室現場から
平成22年度 上野塾教育講演会

わが子=「10年後の大人」に、 大人が語るべき理想と現実

高校進学は今や進路としては当たり前のことですが、
その当たり前の進路は義務教育ではありません。
あくまでも「選択」するものです。
15歳の選択に、親はどのように向き合い、どのように受け止めるのか。
15歳を迎えるまでに親は何をわが子に示すべきか。
私は、「つまずき」「挫折」「立ち止まり」自分の将来が見えなくなってしまった
ニートと呼ばれる若者約300名、その保護者約1000名の苦悩を
直接垣間見る中で、高校受験という大きなイベントが持つ意味を考えてみました。
特に中3受験生にとって、冬休みは「受験の天王山」と呼ばれています。
充実した冬休みをわが子に過ごしてもらうために親として、
意識していただきたいことが共有できたら最高です。 - 杉浦陽之助 -

● 日 時 平成22年11月28日(日)
       午前9時30分~11時
       ※会終了後、個別相談会を開催致します。
        希望者はご遠慮なくお声かけ下さい。
       
● 講 師 杉浦陽之助 
       キャリアコンサルタント、厚生労働省委託事業「若者自立塾」元塾長

● 定 員 各時間帯 50名

● 参加費 無料

● 場 所 岐阜市芥見南山3‐1‐1コープぎふ大洞「虹の家」

● 申込み 電話(058)243-3250 又は、E‐mail info@uenojuku.jp まで

今回、講師を務める杉浦は昔の企業塾時代の私の同僚です。
彼から、人生につまずいた多数の若者とその家庭の実例を聞く中、
上野塾の使命というものを再確認できた気がします。

そんな経緯もあり、保護者の皆様にもお子様の人生と勉強との関連性につき、
今回の機会を設けさせていただくこととしました。
杉浦は塾教師という経験と現代社会の若者に関する問題を結び付けて
高校受験を語ってくれます。
ご多忙のことと存じますが、お足運びいただけますと幸いです。
また、お知り合いの方のお誘い大歓迎です。
何卒よろしくお願いいたします。

塾生の皆さんには11月の通信にて詳細をご連絡いたします。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« アンダンテ | トップ | 夢は動かない »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教室現場から」カテゴリの最新記事