史跡訪問の日々

幕末維新に関わった有名無名の人生を追って、全国各地の史跡を訪ね歩いています。

八幡 Ⅱ

2016-12-03 21:37:02 | 京都府
(念佛寺)


念佛寺

 念佛寺門前には「戊辰史蹟念佛寺」と記された石碑がある。鳥羽伏見の際、この辺りも戦場となり、念佛寺も全焼したという(八幡市八幡山路29‐1)。


浄釼清雲居士位(名波常蔵の墓)

 墓地に鳥羽伏見の戦いで戦死した大垣藩士名波常蔵の墓がある。
 名波常蔵は、大垣藩、二番兼用隊卒。慶応四年(1867)一月五日、山城淀にて戦死。二十四歳。
 「幕末維新全殉難者名鑑」によれば、念佛寺には名波常蔵のほか、森国蔵、矢野才次郎、渡辺右一郎という大垣藩士(いずれも一月五日、淀もしくは鳥羽堤にて戦死)が葬られているらしいが、名波常蔵以外の墓は発見できず。

(安居橋)
 放生川に架かる安居橋(あんごばし)は、慶應四年(1868)一月の鳥羽伏見の戦いで焼失した。現在かけられている橋は、その後再建されたものである。


安居橋

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 伏見 Ⅹ | トップ | 名古屋 Ⅴ »

コメントを投稿

京都府」カテゴリの最新記事